【F1 2005】第13戦ハンガリーGP、ライコネン4勝目、アロンソ無得点でポイント差縮まる

2005.08.01 自動車ニュース

【F1 2005】第13戦ハンガリーGP、ライコネン4勝目、アロンソ無得点でポイント差縮まる

F1世界選手権第13戦ハンガリーGP決勝が、2005年7月31日、ブタペスト近郊のハンガロリンク・サーキット(4.381km)を70周して行われた。
前戦ドイツGP、トップを走りながらメカニカルトラブルで戦列を去ったキミ・ライコネン(マクラーレン・メルセデス)が、今度は何事もなくフィニッシュし今シーズン4勝目を獲得。ポイントリーダーのフェルナンド・アロンソ(ルノー)がノーポイントに終わったことで、決着間近だったタイトル争いが(少し)もちなおした。

2位は、今年初のポールポジションからスタート、不振を(ひとまず)跳ね除けたチャンピオン、ミハエル・シューマッハー(フェラーリ)、3位にはラルフ・シューマッハー(トヨタ)が入り、チーム移籍後初表彰台にのぼった。

4位はヤルノ・トゥルーリでトヨタはダブル入賞。5位は4戦連続得点のジェンソン・バトン(BARホンダ)、6位ニック・ハイドフェルド、7位マーク・ウェバーとウィリアムズBMWの2台が2ストップ作戦で得点に成功、そして佐藤琢磨(BARホンダ)が8位でゴールし、今年初めてのポイント1点を手に入れた。

■捨てる神あれば……

気温34度、例年どおり暑いハンガリーで、不調に喘ぐシューマッハー/フェラーリ/ブリヂストンが息を吹き返した。今シーズン初、自身通算64回目のポールポジションについたチャンピオンは、レース中・終盤のペースこそ停滞したものの、終始トップ集団の一員であり続け、結果2位でゴール。今年5回目のポディウムにのぼった。

とはいえ、この夏最速のマクラーレン勢を脅かすには至らず。事実上の首位攻防戦は、3ストップのライコネン対2ストップのファン・パブロ・モントーヤ、作戦を異にしたチームメイト同士により行われた。
だが、今年まだないマクラーレン1-2フィニッシュは、脆弱なマシンに足をすくわれまたも実現ならず。41周目、トップ走行のモントーヤの「MP4/20」のドライブシャフトが壊れ、イギリスGPウィナーは失速、リタイアをきっした。

ライバルが戦列を去り首位に立ったライコネン。タイトルを争う宿敵、アロンソはといえば、予選で失敗し6番グリッドからスタート。その直後にラルフ・シューマッハーと接触したことでノーズにダメージを負い、予定外のピットインで大きく後退した。追い抜きほぼ不可能なツイスティなコースで、テールエンドからの挽回は酷というもの。マクラーレンほか他車と比べて若干劣勢なマシンも足枷となり、入賞圏外、11位完走がやっとだった。

今回の結果次第では次戦でアロンソのワールドチャンピオン決定もあり得たのだが、ライコネンはこの勝利&ライバル無得点でポイント差を36点から26点に縮めることができた。

全19戦の長い2005年も残り6レース。捨てる神あれば拾う神あり、のライコネンだが、道はまだまだ険しい。

怒涛の7月4戦を終えたGPサーカスは、しばし夏休みに入り、初開催のトルコGPは8月21日に開催される。

(webCG 有吉)

【F1 2005】第13戦ハンガリーGP、ライコネン4勝目、アロンソ無得点でポイント差縮まるの画像

表彰台の面々。ウィナーのライコネン(中央)は顔を上気させ汗を拭いながら勝利に喜び、2位ミハエル・シューマッハー(左)は久々の上出来なレースに満足げ。3位の弟ラルフはトヨタ移籍後初表彰台に顔がほころぶ。(写真=フェラーリ)

表彰台の面々。ウィナーのライコネン(中央)は顔を上気させ汗を拭いながら勝利に喜び、2位ミハエル・シューマッハー(左)は久々の上出来なレースに満足げ。3位の弟ラルフはトヨタ移籍後初表彰台に顔がほころぶ。(写真=フェラーリ)

故アイルトン・セナの最多ポールポジション記録(65回)にも王手をかけたミハエル・シューマッハーは、オープニングラップからしばしレースをリード。しかしタイヤがおもわしくなく、レースが進行するにつれてペースをあげることができず。終盤は3位の弟ラルフに追い立てられた。(写真=フェラーリ)

故アイルトン・セナの最多ポールポジション記録(65回)にも王手をかけたミハエル・シューマッハーは、オープニングラップからしばしレースをリード。しかしタイヤがおもわしくなく、レースが進行するにつれてペースをあげることができず。終盤は3位の弟ラルフに追い立てられた。(写真=フェラーリ)

フェルナンド・アロンソ&ルノーにとっては最悪な週末。ライバルと比べやや劣るマシンパフォーマンスに手を焼いたか、はたまたタイトルへのプレッシャーからか、予選アタック中の最終コーナーでコースをはみ出し6番グリッドが決定。レースではスタート直後の混乱に巻き込まれマシンに痛手を負い、11位完走がやっと。ライバルのライコネンが10点をポケットに入れる一方で、アロンソは無得点。初の栄冠は、そう簡単には手中に収められない!?(写真=ルノー)

フェルナンド・アロンソ&ルノーにとっては最悪な週末。ライバルと比べやや劣るマシンパフォーマンスに手を焼いたか、はたまたタイトルへのプレッシャーからか、予選アタック中の最終コーナーでコースをはみ出し6番グリッドが決定。レースではスタート直後の混乱に巻き込まれマシンに痛手を負い、11位完走がやっと。ライバルのライコネンが10点をポケットに入れる一方で、アロンソは無得点。初の栄冠は、そう簡単には手中に収められない!?(写真=ルノー)

予選、決勝をつうじてチームメイトのヤルノ・トゥルーリの陰に隠れがちだったラルフ・シューマッハー、トヨタでの初ポディウムに喜ぶ。レース後、「我々の選択した戦略を100%信頼していたわけではなかったが……」と、疑心暗鬼でスタートしたことを告白。それでも終盤は兄ミハエルよりも速いペースでフェラーリを追い立てることができ、4位トゥルーリとともにチームに得点をもたらした。(写真=トヨタ自動車)

予選、決勝をつうじてチームメイトのヤルノ・トゥルーリの陰に隠れがちだったラルフ・シューマッハー、トヨタでの初ポディウムに喜ぶ。レース後、「我々の選択した戦略を100%信頼していたわけではなかったが……」と、疑心暗鬼でスタートしたことを告白。それでも終盤は兄ミハエルよりも速いペースでフェラーリを追い立てることができ、4位トゥルーリとともにチームに得点をもたらした。(写真=トヨタ自動車)

13戦目にしてようやく初ポイント……不運や自身のミスなどでなかなかポテンシャルを発揮できないでいた佐藤琢磨(写真先頭)は、終盤にジャンカルロ・フィジケラの猛追を受けるが、何とか抑えきり8位でゴール、1点を手に入れた。
「今日はコックピット内が非常に暑く、タフなレースでしたが、この結果には満足しています。今までついていないレースばかりでしたが、3週間の休みを前に、ようやく今シーズンの初ポイントを獲得することができて嬉しいです」(写真=本田技研工業)

13戦目にしてようやく初ポイント……不運や自身のミスなどでなかなかポテンシャルを発揮できないでいた佐藤琢磨(写真先頭)は、終盤にジャンカルロ・フィジケラの猛追を受けるが、何とか抑えきり8位でゴール、1点を手に入れた。「今日はコックピット内が非常に暑く、タフなレースでしたが、この結果には満足しています。今までついていないレースばかりでしたが、3週間の休みを前に、ようやく今シーズンの初ポイントを獲得することができて嬉しいです」(写真=本田技研工業)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。