【スペック】全長×全幅×全高=4492×1780×1372mm/ホイールベース=2731mm/車重=1570kg/駆動方式=FR/3.2リッター直6DOHC24バルブ(343ps/7900rpm、37.2kgm/4900rpm)

BMW M3(6MT)【試乗記】

『オーバー100km/hのパワードリフト』 2000.10.21 試乗記 BMW M3(6MT)1.4%の排気量拡大、6.9%のパワーアップ、4.3%のトルク増大。F1マシンに匹敵するピストンスピードを誇るニューBMW M3に、モータージャーナリスト河村康彦が、スペインはヘレスで乗ってきた。

リッター100ps超!

仮に、のハナシ。このクルマに「800万円」というプライスタグが下げられるとすれば、「そのうちの700万円は『エンジン代金』だろうナ」とぼくは思う。そう、E46型クーペをベースにしたボディに、先代M3の3.2リッター「ダブルヴァノス」ユニットにさらなるチューニングを施した心臓を積むニューM3は、そんな印象を抱かせるクルマなのだ。

排気量や圧縮比がアップされ、可動部分は軽量化、さらにロッカーアーム式バルブ駆動システムが採用された6連スロットルバルブ&可変バルブタイミングシステム(VANOS)付きの新M3用ユニットは、いまや1リッターあたり106psもの出力を発生する。

ハイパワーFR車の醍醐味

0-100km/h加速のデータは5.2秒。あのポルシェ911カレラとまったく同じ。いや、実際にドライブをすると、正直なところ「このエンジンの実力は、ポルシェ以上ではないか!」と感じさせられる。アクセルのわずかな動きに反応する正確無比なレスポンス。4500rpmからレブリミットの8000rpmまでの、鮮烈なパワーの盛り上がり感……。特筆ものだ。

足まわりはさすがにすこし硬い。しなやかな接地感という観点からすると、これはポルシェの方が上だ。
ハンドリングは十分なスタビリティの高さに支えられた上での、自在度の高さが印象的。その気になればオーバー100km/hでもパワードリフトが決められる!

ハイパワーFR車ならではの醍醐味に溢れる。それが新しいBMW M3だ。

(文=河村康彦/写真=ビー・エム・ダブリュー)


 
BMW M3(6MT)【試乗記】の画像
先代より6%軽量化されたアルミユニット。インパネのボタンを押すことで、プログラムが「スポーツモード」となり、スロットルレスポンスがより鋭敏になる。
 
先代より6%軽量化されたアルミユニット。インパネのボタンを押すことで、プログラムが「スポーツモード」となり、スロットルレスポンスがより鋭敏になる。
	 
新しいM3のスポーツシートは、電動エアポンプでサイドサポートを膨らませることができるようになった。
 
新しいM3のスポーツシートは、電動エアポンプでサイドサポートを膨らませることができるようになった。
	 
関連記事
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • 「BMW 4シリーズ クーペ/カブリオレ/グランクーペ」がマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「4シリーズ クーペ」「4シリーズ カブリオレ」「4シリーズ グランクーペ」をマイナーチェンジし、同日販売を開始した。最新モデルでは、エクステリアが大幅にリフレッシュされている。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(前編) 2017.5.4 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「スマートBRABUSフォーツー」に試乗する。全長わずか2.8mという小さなボディーがもたらすコンパクトな走りは、谷口の目にどう映ったか?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
ホームへ戻る