ポルシェ久々のレースカー、その名は「RSスパイダー」

2005.07.27 自動車ニュース

ポルシェ久々のレースカー、その名は「RSスパイダー」

ポルシェAGは、2005年7月21日、同社が放つ久々のレースカーの名称を「RSスパイダー」と発表した。




「RSスパイダー」は、アメリカン・ルマンシリーズ(ALMS)とルマンプロトタイプ2クラス(LMP2)に参戦するためにつくられた、ポルシェ久々の純粋なレースカー。カーボンモノコックシャシーのミドに、3.4リッターV8を搭載するプロトタイプマシンである。
ポルトガルのエストリルサーキットで行ったテストでは、「当初期待した通りの結果を得ることができた」(モータースポーツ部門ディレクター)と、そのポテンシャルに自信をのぞかせる。




数々の耐久レースに勝ちまくり、そのたびにレギュレーション変更させたポルシェの手になる本格レースカーは、10月1日、米アトランタで開かれるALMS選手権でデビューを飾る。ドライバーは、ルカス・ルールとサシャ・マーセン。

(webCGオオサワ)

ポルシェ:
http://www.porsche.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。