Kシリーズユニット最後の「ロータス・エリーゼ」

2005.07.25 自動車ニュース

Kシリーズユニット最後の「ロータス・エリーゼ」

LCIリミテッドは、「ロータス・エリーゼ」の記念車「111 アニバーサリーエディション」を、2005年7月20日に発表した。デリバリーは10〜11月の予定。

なんの記念か……といえば、エリーゼをはじめ「ケーターハム・スーパー7」などが搭載するKシリーズエンジンを積んだ、最後のモデル(になるであろう)ということ。Kシリーズユニットは、MGローバー社の手になる汎用エンジンで、エリーゼは初代から搭載。ほかにも、英国バックヤードビルダー系のモデルが数多く採用したエンジンである。
ところが、先般MGローバー本体が破綻し、Kシリーズユニットの供給が不可能になってしまった。

このたび、日本を含む数カ国がKユニットを確保したということで、今回の記念車「111 アニバーサリーエディション」が設定された、というワケ。Kシリーズ最後のVVC(バルブコントロール機構)付き160psユニットを搭載するほか、アジャスタブルサスペンションやスポーツエグゾーストシステム、専用シートなどを採用する、少数生産の記念車である。日本全国で18台の限定発売、価格は588万円だ。

ロータスは“シャシー命”の自動車メーカーで、エンジンに注力する会社ではない。とはいえ、英国製の汎用ユニットをベースとするエンジンを搭載してきた“伝統”が消え去るのは、ちょっと寂しい。

(webCGオオサワ)

LCI:
http://www.lotus-cars.jp/

Kシリーズユニット最後の「ロータス・エリーゼ」の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エリーゼの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2010.10.14 試乗記 ロータス・エリーゼ(MR/6MT)
    ……532万円

    新エンジンの感触やいかに!? マイナーチェンジを受けた「ロータス・エリーゼ」のベーシック仕様を試乗する。
  • ロータス・エリーゼS(MR/6MT)【試乗記】 2012.9.14 試乗記 ロータス・エリーゼS(MR/6MT)
    ……713万4000円

    新世代のエクステリアをまとい、日本の道に“復活”した「ロータス・エリーゼS」。スーパーチャージャーで武装した、最新型ライトウェイトスポーツカーの走りをリポートする。
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャルNEW 2017.3.29 特集 スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
  • 第8回:夢の世界をちょこっと拝見!
    輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~
    2017.3.22 特集 ベントレーの「フライングスパー」に「ベンテイガ」、アストンマーティンの最新モデル「DB11」、「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動バージョン……。お値段2000万円オーバーの高級車の中から、webCG編集部員が注目モデルの走りをリポートする。
ホームへ戻る