Kシリーズユニット最後の「ロータス・エリーゼ」

2005.07.25 自動車ニュース

Kシリーズユニット最後の「ロータス・エリーゼ」

LCIリミテッドは、「ロータス・エリーゼ」の記念車「111 アニバーサリーエディション」を、2005年7月20日に発表した。デリバリーは10〜11月の予定。

なんの記念か……といえば、エリーゼをはじめ「ケーターハム・スーパー7」などが搭載するKシリーズエンジンを積んだ、最後のモデル(になるであろう)ということ。Kシリーズユニットは、MGローバー社の手になる汎用エンジンで、エリーゼは初代から搭載。ほかにも、英国バックヤードビルダー系のモデルが数多く採用したエンジンである。
ところが、先般MGローバー本体が破綻し、Kシリーズユニットの供給が不可能になってしまった。

このたび、日本を含む数カ国がKユニットを確保したということで、今回の記念車「111 アニバーサリーエディション」が設定された、というワケ。Kシリーズ最後のVVC(バルブコントロール機構)付き160psユニットを搭載するほか、アジャスタブルサスペンションやスポーツエグゾーストシステム、専用シートなどを採用する、少数生産の記念車である。日本全国で18台の限定発売、価格は588万円だ。

ロータスは“シャシー命”の自動車メーカーで、エンジンに注力する会社ではない。とはいえ、英国製の汎用ユニットをベースとするエンジンを搭載してきた“伝統”が消え去るのは、ちょっと寂しい。

(webCGオオサワ)

LCI:
http://www.lotus-cars.jp/

Kシリーズユニット最後の「ロータス・エリーゼ」の画像
関連記事
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2010.10.14 試乗記 ロータス・エリーゼ(MR/6MT)
    ……532万円

    新エンジンの感触やいかに!? マイナーチェンジを受けた「ロータス・エリーゼ」のベーシック仕様を試乗する。
  • ロータス・エリーゼS(MR/6MT)【試乗記】 2012.9.14 試乗記 ロータス・エリーゼS(MR/6MT)
    ……713万4000円

    新世代のエクステリアをまとい、日本の道に“復活”した「ロータス・エリーゼS」。スーパーチャージャーで武装した、最新型ライトウェイトスポーツカーの走りをリポートする。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • ホンダ、新型「N-BOX」の情報をウェブで先行公開 2017.5.25 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月25日、同年秋に発売を予定している新型「N-BOX(エヌボックス)」に関する情報を、ホームページで先行公開した。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジ 2017.5.25 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年5月25日、マイナーチェンジを施した「ゴルフ/ゴルフヴァリアント/ゴルフ オールトラック」を発表した。同年5月29日に発売する。車両価格は249万9000円から。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
ホームへ戻る