【スペック】全長×全幅×全高=4665×1870×1705mm/ホイールベース=2820mm/車重=2180kg/駆動方式=4WD/4.4リッターV8DOHC32バルブ(286ps/5400rpm、44.9kgm/3600rpm)/車両本体価格=835.0万円(テスト車=863.0万円)

BMW X5 4.4i (5AT)【ブリーフテスト】

BMW X5 4.4i (5AT) 2000.11.01 試乗記 ……863.0万円総合評価……★★★★

V8が歌えば……

地上から座面まで約80cm。「ヨッコラショ」と言わずに乗り込めるクールなSUV、もとい、SAV(Sports Activity Vehicle)。それでもあたりを睥睨できる「コマントポジション」に、くすぐられる自尊心。
目の前には、ダッシュ上面がシボ付き艶消し黒の、紛うかたなきビーエムのインパネが。ウッドとレザー。メーターナセルがちょっと高いことを除けば、そこはもう、ラグジュアリーサルーンの世界。「ブロン!」と唸るV8の音も5シリーズ。
225/55R18の大きなタイヤを履くためか、街なかでは凹凸を拾うが、ひとたび巡航に移れば、乗り心地は存外フラット。7シリーズゆずりの4輪独立懸架が効いて、ボディがワラワラ揺すられることもない。
286psと44.9kgmを誇る8発は、ハコネの急坂もものならず。2.2トンのボディをモリモリと押し上げる。
驚嘆すべきは山での身のこなし。不安にフラつくことなく、ビシッとコーナーをこなす。事実上の重量級スポーツワゴン。しかし「ブロロロン…」とひとたびV8が歌えば、燃費計の針は「ヒューン」と右へ、3.5km/リッター以下へ……。北米経済同様絶好調のビマーことBMW。CAFE(企業平均燃費)は大丈夫?

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
1999年のデトロイトショーでデビューしたBMWのSUV(ルックのスポーティワゴン)。BMWは、SAV(スポーツ・アクティビティ・ヴィークル)だと主張する。モノコックボディに、本国では、3リッター直6か、4.4リッターV8が載せられ、センターデフを介して4輪を駆動する。7シリーズに準じた4輪独立懸架の足まわりをもつ。生産地は、Z3同様、北米はサウスカロライナのスパータンバーグ工場。
(グレード概要)
2000年10月1日から日本での販売が開始されたBMW X5。当面、4.4リッターV8+5ATの「4.4i」のみ。右ハンドル、革内装のモノグレードである。11種類の外装色、5種類の内装色がカタログに載る。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
みごとに「BMW」なX5のインパネまわり。ダークポプラウッドが使われる。革巻きステアリングホイールは、電動で前後上下に動かせる。TVチューナー付きモニターを備えたDVDナビゲーションシステムを標準で装備する。
(前席)……★★★★
厚く柔らかい革を使ったメモリー付き電動シート。ふんわりとした座り心地ながら、無闇にお尻が沈まず、カーブではバックレストのサイドサポートが上体をしっかりホールドしてくれる。シートヒーターが備わる。
(後席)……★★★★★
足元のスペース、ヘッドクリアランスともに文句なし。ソファのようなレザーシートに座っていると、応接間にいるようだ。エアコンの吹き出し口が、トンネルコンソール後端に備わるのもウレシイ。
(荷室)……★★★
床面最大幅123cm、奥行き90cmのラゲッジルーム。テイルゲートは、上下に分割して開く。ロアセクションを開けると、荷室フロアとの段差がないため、重いモノの搭載が楽だろう。また、200kgまでの重量に耐えるので、ベンチがわりに使用することも可能だ。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
740i、540iと同じ4.4リッターV8ユニット。チューンも変わらない。吸気側の可変バルブタイミング機構をもつ。スロットルに応じてスムーズに回転を上げ、巡航時には粛々と回るが、しかし心地良いざわめきで、常に存在を主張するエンジンだ。5段ATからの出力は、センターデフを介して、前38%:後62%にトルクを配分する。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
2トン超の(一見)クロカンで、よくぞここまで、と驚くハンドリング。3シリーズの「しまった」足まわりがそのまま重量級になった感じ。「曲がり」でのロールはプログレッシブで、切り返しにも遅れはすくない。また、エアサスの後輪がよく路面に追従すること! もったいなくて、オフロードでは使えません。そのうえで、ABS、トラクションコントロール、コーナーでの制動力制御、アンチスピンデバイス、ブレーキアシストなど、電子制御を満載する。

(写真=石原 康)

【テストデータ】

報告者: web CG 青木禎之
テスト日: 2000年10月31日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2000年型
テスト車の走行距離:-
タイヤ:(前)225/55R18 105H(後)同じ(いずれもMichelin Energy MXV4)
オプション装備:電動サンルーフ(18.0万円)/ホワイトターンシグナルレンズ(3.0万円)/メタリック塗装(7.0万円)
テスト形態:ロードインプレッション(プレス向け試乗会)
走行状態:市街地(4):山岳路(6)
走行距離:-
使用燃料:-
参考燃費:-

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

X5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW X5 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2014.1.8 試乗記 プレミアムSUVのパイオニア「BMW X5」が、通算で3代目となる新型に移行した。外観からは「キープコンセプト」に見える今回のモデルチェンジは「攻め」か「守り」か? 3リッターディーゼルエンジンを搭載する「X5 xDrive35d Mスポーツ」で箱根のワインディングロードを目指した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを出展 2017.2.14 自動車ニュース トヨタが、新型「レクサスLS」のハイブリッドモデル「LS500h」をジュネーブショーで世界初公開すると発表した。同車の詳細については日本時間の3月7日に公開される予定で、また同ショーには「レクサスRC F GT3」なども出展される。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る