「ランボルギーニ・ガヤルド」に250台のスペシャルエディション

2005.07.21 自動車ニュース

「ランボルギーニ・ガヤルド」に250台のスペシャルエディション

2005年7月19日、ランボルギーニはV型10気筒を積むベイビーランボ「ガヤルド」に、ツートーンデザインを与えたスペシャルエディション「ガヤルドSE(Special Edition)」を発表した。250台限定で生産される。




ガヤルドSEは、ツートーンデザインが特徴のスペシャルモデル。ルーフやエンジンボンネット、前後スポイラーとサイドミラーを黒で塗装した。ボディカラーは白、イエロー、オレンジとグリーンの4色が用意されるという。リム付近で二股に分岐する5本スポークホイール「Callisto」も新しい。インテリアも外装と同じくツートーンの専用内装である。




ノーマルのガヤルドより1〜5速のギア比を低めたことで、0-100km/h加速が0.2秒速い4秒フラット、最高速度は16km/h増しの315km/hに達する。足まわりにはスポーツサスペンションを装着するなど、SEならではのチューンが施された。4WDや、6MTとシーケンシャル「eギア」が用意されるところは同じ。




9月ごろに登場するというガヤルドSE。欧州での価格は、14万1500ユーロ(約1940万円)になる予定だ。

(webCGオオサワ)

ランボルギーニ:
http://www.lamborghini.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ガヤルドの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • 新デザインの「マセラティ・クアトロポルテ」発売 2017.1.16 自動車ニュース マセラティ ジャパンは2017年1月16日、マイナーチェンジでデザインや装備に変更が加えられた、4ドアセダン「クアトロポルテ」を発表。同日、国内販売を開始した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
ホームへ戻る