ヒュンダイのTVCFは、クルマも俳優も“ソナタ”

2005.07.21 自動車ニュース

ヒュンダイのTVCFは、クルマも俳優も“ソナタ”

2005年7月21日、ヒュンダイ モータージャパンは、今秋日本に導入が予定されるミドルクラス「ソナタ」のTVコマーシャルに、韓流ブームの火付け役『冬のソナタ』の主演俳優であるペ・ヨンジュンを起用すると発表した。

「ヒュンダイ・ソナタ」は、2.4リッターエンジンを積むミドルクラス。日本で発売されている「エラントラ」の上級モデルにあたり、今年の秋にわが国への導入が予定される。『冬のソナタ』とソナタを引っかけ(?)、TVコマーシャルにぺ・ヨンジュンを起用した、というワケだ。放映は9月上旬の予定。

日本におけるヒュンダイのイメージは、おそらく驚きの低価格。以前放映したTVコマーシャルも、社長と小倉優子が新幹線に向かって手を振るという、これまたビックリ系のプロモーションが印象的だが、今回はストレートにクルマを訴求する様子である。国内の年間販売台数2500台前後(04年は2597台)にいるヒュンダイが、3000台を突破するきっかけとなるかが、“ソナタ”にかかっている。

(webCGオオサワ)

ヒュンダイ:
http://www.hyundai-motor.co.jp/

ヒュンダイのTVCFは、クルマも俳優も“ソナタ”の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ヒュンダイ・ソナタ2.4GLS(FF/4AT)【ブリーフテスト】 2006.2.3 試乗記 ……246万7500円
    総合評価……★★★

    ヒュンダイが世界戦略車と位置付ける「ソナタ」が日本に導入された。北米市場で「カムリ」「アコード」と販売合戦を繰り広げるミドルクラスセダンの実力はいかなるものか。


  • ヒュンダイ・グレンジャー3.3GLS Lパッケージ(FF/5AT)【試乗記】 2006.1.28 試乗記 ヒュンダイ・グレンジャー3.3GLS Lパッケージ(FF/5AT)
    ……339万1500円

    ヒュンダイの最上級セダン「XG」の後継である、フラッグシップ「グレンジャー」が日本上陸。破格の価格を武器にする韓国車に、それを受け入れる日本市場に必要なこととは……。


  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る