【スペック】全長×全幅×全高=4035×1740×1305mm/ホイールベース=2445mm/車重=1350kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブ(231ps/5900rpm、30.6kgm/3500rpm)/車両本体価格=499.9万円(写真=高橋信宏)

BMW Z3クーペ3.0i(5AT) vs アウディTTクーペ1.8Tクワトロ(5MT)【ライバル車はコレ】

『コンパクトなカジュアルクーペ』 2000.11.16 試乗記 BMW Z3クーペの「ライバル車はコレ」
 

BMW Z3クーペ3.0i(5AT=499.9万円)のライバルは?

大胆なまでの「キャブ・バック」レイアウト(?)と、それを活かした超ショートワゴン風ハッチバックデザインがユニークなZ3クーペ。日本に導入された当初は、2.8リッターの「Z3クーペ2.8」と、先代M3譲りの強心臓3.2リッター「ダブルバノス」ユニットを詰め込んだ「Mクーペ」の2種類だった。
Z3クーペ3.0iは、2000年8月26日に、新開発3リッター「M54型」ユニットを搭載した3シリーズが日本市場に導入された際、Z3クーペ2.8に代わるモデルとしてラインナップされた。
今回は、「コンパクトなカジュアルクーペ」という観点から、Z3クーペのライバル車を選んでみた。

【スペック】
全長×全幅×全高=4060×1765×1340mm/ホイールベース=2430mm/車重=1450kg/駆動方式=4WD/1.8リッター直4DOHC20バルブ(225ps/5900rpm、28.6kgm/2200から5500rpm)/車両本体価格=480.0万円

【ライバル車はコレ】アウディTTクーペ1.8Tクワトロ(5MT=480.0万円)

Z3クーペの個性の強さは改めて述べるまでもないが、独特のルックスという点で負けていないのが、アウディTTクーペ。4mそこそこのコンパクトな全長、エンジンの出力、そして20万円とない価格差。Z3クーペは2人乗り、TTクーペは4人乗りだが、ルーフが大きく落ち込んだTTクーペの後席スペースは、想像される通り、そもそも犬でも嫌がる(?)大きさなのだ。
TTクーペの場合、そのシルエットを実現させるために1.8リッター4気筒ユニットを横置きに搭載、ターボチャージャーの助けによって225ps、28.6kgmの高出力、大トルクを発生する。しかし「パワーの緻密さ」「スムーズさ」では、やはりBMWの売り物、ストレート6には及ばない。
一方で、アウディ得意の4WD「クワトロシステム」は、ターボパワーを楽々こなす強力なトラクション能力と、それをベースとした低ミュー路面での踏破能力の高さがジマンだ。
一時期話題になった「オーバー200km/hレベルでのオーバーステア傾向」は、サスペンションセッティングの変更などにより影をひそめた。その分、タウンスピードでの乗り心地のかたさが以前よりも目立つが、コンパクトボディゆえの剛性感の高さもあり、不快感は最小限に抑えられている。
(文=河村康彦/2000年11月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW 220iカブリオレ スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2015.4.28 試乗記 「BMW 2シリーズ」にソフトトップの「カブリオレ」が登場。手頃なサイズの4座オープン、しかも後輪駆動という、今や希少なモデルの実力を試した。
  • BMW 435i カブリオレ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2014.3.26 試乗記 「3シリーズ カブリオレ」の後を継ぐ、BMWのオープンモデル「4シリーズ カブリオレ」に試乗。7年ぶりのデビューとなる最新型の実力や、いかに?
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る