第223回:「日産セレナ」にやっと試乗!悪いけどステップワゴンの勝ちぃ〜

2005.07.20 小沢コージの勢いまかせ!

第223回:「日産セレナ」にやっと試乗!悪いけどステップワゴンの勝ちぃ〜

箱形ミニバンの王道系進化を遂げた、新型「日産セレナ」(写真=日産自動車)
箱形ミニバンの王道系進化を遂げた、新型「日産セレナ」(写真=日産自動車)
インテリアはベージュ系の明るい色もある。(写真=日産自動車)
インテリアはベージュ系の明るい色もある。(写真=日産自動車)

■乗ってみて再逆転?

遅ればせながら、新型「日産セレナ」にやっと乗ってきました。某雑誌の撮影用に長めに借りたんでね。乗る前は正直、最近の“対ステップワゴンバトル”はセレナの勝ちかなぁとか思ってたわけ。というのもステップワゴン、エクステリア的には、初代から大切にしてた道具感をアッサリ捨てちゃったし、代わりに得た新デザインもちょっと……? って感じでしょ。

それに比べて新セレナは某お笑いタレントさんも言ってたけど「これぞ本当のステップワゴン!」って感じで、ますます室内の広さを充実させ、正統派5ナンバー箱型ミニバン路線を突き進んでるし、ご丁寧にもステップワゴンが廃止した縦型テールレンズも踏襲してる。もしやここで主従交代か? とか思ってた。ところが乗ってみて再逆転、「やっぱステップワゴンだな、こりゃ」と思うに至りました。

3列目シートの跳ね上げは、スプリングによるアシストで操作が軽いなどの工夫が凝らされた。(写真=日産自動車)
3列目シートの跳ね上げは、スプリングによるアシストで操作が軽いなどの工夫が凝らされた。(写真=日産自動車)
(写真=日産自動車)
(写真=日産自動車)

■日々感じる楽しさ

というのも新型セレナ、たしかに外観はボクシーになってるけど、インテリアの黒っぽい内装とか、デザインそのものは結構オヤジ臭い。実際にドライバーが触れ、目で見るところに新時代の息吹が感じられないし、進歩があまり見られない。そして走りだよね。実は俺、細かいハンドリングとかを云々するのはキライなんだけど、日々感じる運転の楽しさにはうるさい。その点、明らかに新型ステップワゴンの方が上なのだ。

ステップワゴンは実用ミニバンでありながら、思い切って背を75mmも低くしたその新コンセプトは、賛否両論だけど、逆に従来通りのミニバンに乗ると実感させられるのだ。コレはこれでアリだなぁと。新型ステップワゴンは毎日、普通に運転しいてハッキリと楽しいし、なによりもボディが小さく感じられる。それは背が低くなったこともそうだし、あとは思い通りに運転できるハンドリング性能が大きい。逆にセレナは較べると悪いけどブカブカな感じ。そのボディサイズ以上に大きく感じられる。

ボディを低く、床面も低くして室内容積を稼いだ、いかにもホンダっぽい新型「ステップワゴン」(写真=小沢コージ)
ボディを低く、床面も低くして室内容積を稼いだ、いかにもホンダっぽい新型「ステップワゴン」(写真=小沢コージ)
いずれもオプションだが、室内を明るくする「トップライトルーフ」とフローリング風の床も特徴。(写真=本田技研工業)
いずれもオプションだが、室内を明るくする「トップライトルーフ」とフローリング風の床も特徴。(写真=本田技研工業)
(写真=小沢コージ)
(写真=小沢コージ)

■クルマもいろいろ

だから思ったなぁ。実は新型ステップワゴンは「お父さんの解放」に繋がってるんだと。おそらく大抵のお父さんは、家族のためにミニバンを買うわけだし、それはそれで嬉しいはずだ。だって、子供の笑顔、家族の笑顔を見るのがなによりもうれしいわけだし、そのことで多少、運転が大変になろうが、面倒になろうが厭う人は少ないはず。でもね。やっぱ運転がキモチよく、負担が少ないに越したことはないんだよね。特別、速かったり、峠を速く走れる必要はないんだけどさ。特に夏休みや冬休み、長距離移動することを考えると、それは大きい。

その点、新型ステップワゴンの無駄なスペースを切り、走りに振った方向性は悪くないと思った。ただ、あのデザインはなんだかなぁ。正直、妙にワルぶってるのは理解できない。それは現行オデッセイに関しても同様で、走りのミニバンってのはアリだけど、ヤンキー顔のファミリーミニバンというのはいかがなものか。

ってなわけで個人的にはステップワゴン、結構いいなぁと思った次第です。もちろん、より広い室内を狙ったセレナもアリだけどね。人生いろいろ、クルマもいろいろで。

(文=小沢コージ)

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

あなたにおすすめの記事
新着記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    2017.6.23画像・写真
    モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • CAR LIFE with Dyson

    CAR LIFE with Dyson

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんとwebCG編集部員が愛車を徹底的に掃除する!ダイソンが2017年5月に発売したコードレス・ハンディークリーナー、Dyson V6 Car + Boat Extraの実力やいかに?
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    webCG編集部内において、いつの間にやらすっかり少数派となった独身男子。数少ない“生き残り”のひとりである編集ほったが、「Dyson V6 Car + Boat Extra」とともにマイカーである「ダッジ・バイパー」の清掃に臨む。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    「Dyson V6 Car + Boat Extra」の吸引力を確かめるべく、家族5人、2泊3日のキャンプを行った後に掃除を行った。想像以上のコードレス掃除機体験やいかに。webCG編集部きってのキャンプ名人、折戸がリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    楽しい家族ドライブ。しかしその後には、菓子の食べこぼしに、土、砂、ホコリと、車内の掃除が待っている。「Dyson V6 Car + Boat Extra」があれば車内清掃も楽しくなる? webCG編集部のSAGがリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんは、取材で東奔西走する毎日を過ごしている。愛車の「アウディS1」は休む間もなく走り回り、本格的に掃除をする時間がなかなかとれないのが悩みだそうだ。わかりました、それでは今日は「Dyson V6 Car + Boat Extra」で、徹底的にS1をきれいにしてあげてください!