第221回:初見参!「グッドウッド・フェスティバル」ここは“オヤジ向けディズニーランド”だ!

2005.07.15 エッセイ

第221回:初見参!「グッドウッド・フェスティバル」ここは“オヤジ向けディズニーランド”だ!

“ファスト”フレディことフレディ・スペンサーとのツーショット!
第221回:初見参!「グッドウッド・フェスティバル」ここは“オヤジ向けディズニーランド”だ!
ミック・ドゥーハンとワイン・ガードナーの立ち話!
第221回:初見参!「グッドウッド・フェスティバル」ここは“オヤジ向けディズニーランド”だ!
そこに突然オリビエ・パニス!
第221回:初見参!「グッドウッド・フェスティバル」ここは“オヤジ向けディズニーランド”だ!

■純粋で享楽的

ついに行ってきました、イギリスの「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」。ここ数年、トヨタやホンダがヤケに熱心に取り組んでいる新手のモータースポーツイベントで、簡単に言っちゃうとヒストリックカーレースの一種。古くは1936年からやってるそうだけど、本格的に興行と化したのは93年から。

でね。正直俺は、なんでここまで盛り上がってるのかわからなかったわけよ。たしかに俺の知ってる80年代以降のフェラーリやらポルシェも出てるけど、メインはそれ以前。60年代以前のヒストリックカーがわんさかいっぱい。正直、よくわかりまへん。
そもそも主催者はマーチ卿ってイギリス貴族で、コースは彼の広大な敷地の中なんだって! 「ケッ、鼻持ちならないお金持ちイベントかぁ……」そう思ってたのよ。マジな話。

ところが行ってみれば、予想通りの“スカしムード”もなくはなかったけど、もっと純粋で享楽的でした。

あえて言えば“オヤジ向けのクルマディズニーランド”! 男の子として最低限のクルマ知識があれば誰でも楽しめる。小さい頃から『AUTO SPORT』(三栄書房)読んでたようなマニアならなおサイコーだけど、そうでなくてもたぶんOK。っていうか人間、特に男の子だったら知らず知らずに、クルマ知識がそれなりに身体に蓄積されてるんだってわかります。

幻のグループBカー「ポルシェ959」。WRCには出られなかったが、パリダカを制した。
第221回:初見参!「グッドウッド・フェスティバル」ここは“オヤジ向けディズニーランド”だ!
1982年から「グループC」で猛威をふるった「ポルシェ956」! ちなみに、959も、花形ドライバーはジャッキー・イクス。
第221回:初見参!「グッドウッド・フェスティバル」ここは“オヤジ向けディズニーランド”だ!
もちろんフォーミュラカーも。フェラーリといえば、F1(?)
第221回:初見参!「グッドウッド・フェスティバル」ここは“オヤジ向けディズニーランド”だ!

■誰でも知ってるマシンが“ゴロゴロ”

まず凄いのはマシンのラインナップね。ふるーくて難解なマシンもあるけど、大抵はその世代なら誰でも知ってるようなメジャーなマシンばかり。俺の世代だったらセナが乗ってた“マクラーレン・ホンダ”とか“ウィリアムズ・ルノー”とかね。そのテがゴロゴロ。

しかもそれがほぼ全ジャンルを通じて。耐久マシンだったらマルティーニカラーのポルシェ956とかシルクカット・ジャガー、ラリー車だったらランチア・ストラトスとかレプソルカラーのインテグラーレ。そのほかパリダカに出てたポルシェ959やらWGPに出てたホンダNSRなんてのもありましたよ。
昔読んだ漫画の『赤いペガサス』(村上もとか/小学館)とかタミヤのプラモの箱を思い出しちゃうよね。自然にさ。

ニコ・ロズベルグ、ケケ・ロズベルグ(82年のワールドチャンピオン)の息子さんである。
第221回:初見参!「グッドウッド・フェスティバル」ここは“オヤジ向けディズニーランド”だ!

第221回:初見参!「グッドウッド・フェスティバル」ここは“オヤジ向けディズニーランド”だ!
もちろん佐藤琢磨も!
第221回:初見参!「グッドウッド・フェスティバル」ここは“オヤジ向けディズニーランド”だ!

■人もスゴイ

でさ。実はここからが本番で、さらに“人”が凄いのよ。俺は撮影してて知らず知らずにF1パドックに紛れ込んてたんだけど、気づいたら目の前にWGPシリーズ500ccクラスで5連覇のミック・ドゥーハンがいて、しかもワイン・ガードナーと立ち話中。で、振り返ったらフレディ・スペンサーよ!
すっかりシワもよってオナカもポコンと出た天才“ファスト”フレディ様がご丁寧にもロスマンズカラーのツナギ着て、ヘロっとNSRの横に佇んでらっしゃる。
いや、マジ、上がりましたね。いったいここはどこ〜ワタシはダレ〜って感じで。思わずツーショット写真を撮らせていただきました。

さらにお次も。そのままボーッとしてたら、なぜだか最新F1ターイム! 我らが佐藤琢磨様に続き、なんとフェルナンド・アロンソ様までご登場とあいなったのだ。ははーっ、へへーっ!まるで『オーシャンズ12』の撮影現場に紛れ込んじゃったようでしたよ。人気が出るのもわかるわ。


第221回:初見参!「グッドウッド・フェスティバル」ここは“オヤジ向けディズニーランド”だ!
そして、フェルナンド・アロンソが通り過ぎる……。スゴイところです。
第221回:初見参!「グッドウッド・フェスティバル」ここは“オヤジ向けディズニーランド”だ!

第221回:初見参!「グッドウッド・フェスティバル」ここは“オヤジ向けディズニーランド”だ!

■濃密な味わい

だからさ。逆に言うとさ。つくづく今のモータースポーツってつらいよね。例えば鈴鹿F1。白子駅から30〜40分歩いてサーキットに行っても、入れるのは人でギューギュー詰めのスタンド。見れるのはせいぜいコーナーひとつで、そのうえ、真剣勝負だからお気に入りのヒーローが必ず走る保証もない。
ところがこのグッドウッド。まだそんな人入ってないし、ガードレールがないからマシンが近くで見える。藁のクッションの向こうはすぐコースなのよ。
コースが全長2km弱の一方通行のヒルクライムってとこもいいよね。敷地が小さく、移動が短めですむうえ、ドライバー同士がムダに競争しないから、基本的に安全が保てる。

でさ。結局、レースを生で見に行っても、大抵“音”と“雰囲気”しか味わえないように、実はモータースポーツイベントって、それだけで十分なのよね。誤解を恐れずに言えば、駆け引きやバトルはなくていい。それはTVで見ればいい。つまりグッドウッドって、非常に効率的なモータースポーツイベントなのよ。まさに美味しいとこ取りで、カニの身を、殻を向かずにラクに食べるような感じ。
まあ貴族の遊びから始まったものだからね。“味の密度”が違うっていうか。

そうですねぇ。日本で無理やり同質のイベントを企画するとすれば、貴乃花から輪島から大鵬まで、歴代横綱を国技館に集めて、みんなでデカいヒノキの銭湯に入る!? そういう感じでしょうか。ちょっと違うかな(笑)

(文と写真=小沢コージ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』