BMW5シリーズ「M54」ユニット搭載モデル【試乗記】

BMW5シリーズ「M54」型ユニット搭載モデル 2000.11.22 試乗記 「ちょい乗り」試乗報告3シリーズに続いて、アッパーミドルサルーン「5シリーズ」にも、新開発オールアルミ直6「M54」型ユニットが搭載された。排気量は、2.5と3リッター。2000年10月30日に発表され、11月11日から販売開始された新ユニット搭載モデルは、525i、530iのセダンと、同ツーリングである。セダンは、トリムレベルによって、「ベーシック」「Hi-Line」「M-Sport」の3種類、ワゴンボディは、「ベーシック」と「Hi-Line」の2種類が用意される。

 
【スペック】
525i Hi-Line:全長×全幅×全高=4775×1800×1435mm/ホイールベース=2830mm/車重=1560kg/駆動方式=FR/2.5リッター直6DOHC24バルブ(192ps/6000rpm、25.0kgm/3500rpm)/車両本体価格=618.0万円(テスト車=643.0万円)
 

穏やかな非力感525i Hi-Line(5AT)……643.0万円

マイナーチェンジを受けた5シリーズ共通の特徴は、ヘッドライトを囲ってリング状に光るスモールライト。目元キリリとカッコいい。流行るかも。
525iは、「M52」型より22psアップした「M54」型ユニットを搭載。25.0kgm/3500rpmの最大トルクは変わらないものの、ピークパワー発生回転数を500rpm引き上げ、192ps/6000rpmの最高出力を発生する。
とはいえ、1560kgのボディには少々非力な感じが否めない。「少ない排気量で活発に走らせる」のがビーエムの真骨頂とはいえ、ちょっと……。
100km/hでは、2200rpm付近で、粛々と回るストレート6。スロットルペダルを踏み込んでも、存在を主張することがない。
525iは、おっとりとしたアッパーミドルサルーン。Hi-Line仕様なら、ナビゲーションシステムもハンズフリーテレフォンシステムも標準装備。モンタナレザーシートに座って、奥様と談笑しながらクルージング。可もなく不可もない乗り心地。


 
【スペック】
530i Hi-Line:全長×全幅×全高=4775×1800×1435mm/ホイールベース=2830mm/車重=1590kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブ(231ps/5900rpm、30.6kgm/3500rpm)/車両本体価格=697.0万円(テスト車=726.0万円)
 

適切530i Hi-Line(5AT)……726.0万円

旧2.8リッター比38psと2.1kgmアウトプットを増した3リッター直6ユニット。231ps/5900rpmの最高出力と、30.6kgm/3500rpmの最大トルクを発生する。
スロットルペダルの最初のひと踏みから、力強さは歴然。1590kgのウェイトが、525iより30kg重いとは、もちろん、感じず。車重と出力のバランスがよい。
「フライバイワイヤの改善」が、なるほどと納得できる、スロットルレスポンスのよさ。2.5リッターモデルより「よさ」が顕著なのは、500ccの余力ゆえか。
可変バルブタイミング機構が、シングルバノスからダブルバノスにグレードアップされ、しかし「フラットトルクの平板さ」とは無縁の熱血ユニット。4000rpm付近から、快音を発して嬉々として回る。ドライバー、喜ぶ。
乗り心地は、これまた可もなく不可もなく。高速道路の継ぎ目では、それなりに突き上げを許し、山道でのカーブの切り返しでは、「ユラリ」とロールが残る。
エンジンが突出した旦那グルマだ。


 
写真は525i ツーリング。荷室から伸びるのは「リトラクタブル・ロードフロアー」。ワゴンモデル専用のオプション装備である(6.0万円)。
【スペック】
525i ツーリング:全長×全幅×全高=4805×1800×1460mm/ホイールベース=2830mm/車重=1660kg/駆動方式=FR/2.5リッター直6DOHC24バルブ(192ps/6000rpm、25.0kgm/3500rpm)/車両本体価格=578.0万円(テスト車=674.0万円)
 

評価持ち越し525iツーリング……674.0万円530i Hi-Lineツーリング……767.0万円

528iツーリング(647.0から692.0万円)が廃され、上下に530iツーリング(661.0から722.0万円)と525iツーリング(578.0から639.0万円)にわかれた5シリーズのワゴンモデル。
エンジン排気量以外の両者の違いは、アロイホイールの意匠と、ヘッドライトが2.5はハロゲン、3リッターモデルがキセノンであること。また、リアサスが、520はコイルバネなのに対し、530はエアスプリングとなり、レベルコントロール機能が装備される。
ごく短時間、530i Hi-Lineツーリングに乗ったところ、たしかにフリーウェイ走行中、段差をこえた際など、突き上げが柔らかいような、ときにリアがグニャつくような感じを受けた。が、それは「エアサス仕様」という先入観ゆえかもわからない。空荷の状態では、コイルとエア、それだけ差がないとも言えますが……。
ロードノイズが、3ボックスモデルより室内に籠もりがちなのは確か。
詳細は、後日報告させてください。
なお、今回の試乗会では、ワゴンモデルにはサマータイヤが、セダンにはオールシーズンタイヤが装備されていた。ただし、セダンも輸入初期ロット以外は、サマータイヤに変更されるという。

(web CG アオキ/写真=阿部ちひろ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

5シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 5シリーズ セダン 2016.10.19 画像・写真 独BMWは2016年10月13日、7代目となる新型「BMW 5シリーズ セダン」を発表した。2リッターガソリンエンジン搭載車からプラグインハイブリッド車まで、多岐にわたるラインナップの一部を画像で紹介する。
  • 独BMW、7代目となる新型「5シリーズ」を発表 2016.10.19 自動車ニュース 独BMWが、7代目となる新型「5シリーズ」の概要を発表した。ボディーはアルミや高張力鋼板の多用により約100kgの軽量化を実現。ガソリンエンジンやディーゼルエンジン、プラグインハイブリッドと、豊富にそろえられたパワーユニットも特徴となっている。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――メルセデス・ベンツE200アバンギャルド スポーツ(前編) 2016.11.3 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、新型「メルセデス・ベンツEクラス」に試乗。メルセデス・ベンツの中核モデルにして、世界のプレミアムセダンの指標ともいえる大物を、谷口はどう評価する?
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る