「スバルR1」に、SOHCユニット搭載のエントリーグレード

2005.07.13 自動車ニュース

「スバルR1」に、SOHCユニット搭載のエントリーグレード

富士重工業は、軽の3ドアモデル「スバルR1」に、エントリーグレードとなる「i」を追加設定、2005年7月12日に発売した。

2004年12月にデビューした2+2のパーソナル軽「R1」。当初は658cc直4 DOHCエンジン(54ps、6.4kgm)搭載「R」のみだったが、これに4気筒のSOHCユニット(46ps、5.9kgm)を載せた「i」が加わった。

Rより1インチ小さい14インチタイヤ&アルミホイール、専用グレー&ブラックのツートーンカラーシート/インストルメントパネルなどが特徴。トランスミッションは同じで、無段変速機「i-CVT」である。

価格はR比で12万6000円安い、113万4000円(2WD)と124万3200円(4WD)。R同様、オーディオレス仕様(マイナス2万6250円)も用意される。

(webCG 有吉)

富士重工業「スバルR1i」:
http://www.subaru.co.jp/r1/i/

関連キーワード:
R1スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)【試乗記】 2005.2.24 試乗記 スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)
    ……137万5500円/150万450円

    「スバルR1」は、現代の軽規格を大きく下回るサイズで登場した。360cc時代の軽自動車で運転を覚えたという自動車ジャーナリストの笹目二朗が、「小ささ」の意味を考える。


  • スバルR1S (FF/CVT)【試乗記】 2006.2.16 試乗記 スバルR1S (FF/CVT)
    ……153万3000円

    2+2の軽「スバルR1」にスーパーチャージャー搭載の新グレード「S」が追加された。64psのパワフルなスポーティ軽の走りとは。


  • スバルR2 S(CVT)【ブリーフテスト】 2004.2.2 試乗記 ……141.0万円
    総合評価……★★★

    (室内)寸法競争と決別し、デザイン重視でつくられた軽コミューター「スバルR2」。スーパーチャージドユニットを積む「S」グレードに乗った別冊CG編集室の道田宣和は、質感の高さに驚くものの……。


  • スバルR2(CVT)【試乗記(前編)】 2003.12.19 試乗記
  • スバルR2(CVT)【試乗記(後編)】 2003.12.20 試乗記