【スペック】全長×全幅×全高=4735×1760×1460mm/ホイールベース=2780mm/車重=1490kg/駆動方式=FR/2.5リッター直6DOHC24バルブ(200ps/6000rpm、25.5kgm/3800rpm)/車両本体価格=306.0万円

トヨタ・マークII グランデG(5AT) vs マツダ・ミレーニア 25Mスポーツパッケージ(4AT) VS BMW325iセダン(5AT)【ライバル車はコレ】

ストレート6のFR車を選ぶ 2000.12.19 試乗記 トヨタ・マークIIの「ライバル車はコレ」
 

トヨタ・マークII グランデG(5AT=306.0万円)

■捨てるカタチ
9代目のマークIIは、「直列6気筒エンジンを積むFR4ドア」という基本アウトラインを踏襲しながら、かつてのモデルチェンジではなかった規模の「パッケージング変更」を行った。つまり、全高の大幅アップに加え、ホイールベースを延長しつつ前後のオーバーハングを削り取ることで室内空間を拡大。一方、全長は短縮した。
ところが、こうした「合理的なパッケージング」には、長細い直列6気筒ユニットは不向き、というのが世界の常識。正直いってボクには、今度のマークII、「ストレート6を捨てようとしているカタチ」に見えてしまうのだが……。
バリエーションは相変わらず豊富で、強力なターボ付きエンジンを搭載したモデルも「生き残った」。
マークIIのライバルと言えばローレル……と、短絡的に結論付けられたのは、今は昔。現在、日本車のなかから「6気筒で2.5リッター級の心臓を積んだ、ちょっとルックスコンシャスな4ドアモデル」を探すと、意外にも選択肢は少ない。

【スペック】
全長×全幅×全高=4870×1770×1395mm/ホイールベース=2745mm/車重=1480kg/駆動方式=FF/2.5リッターV6DOHC24バルブ(147ps/6500rpm、22.8kgm/4800rpm)/車両本体価格=275.5万円
 

【ライバルその1】マツダ・ミレーニア 25Mスポーツパッケージ(4AT=275.5万円)

■寄る年波
そんな中から今回選んだのは、2000年7月18日にビッグマイナーチェンジを受けたマツダ・ミレーニア。かつては「ユーノス800」と称されたこのクルマ、デビューは1993年。バブル景気崩壊の影響をもろに被り、セールスは低迷を続けた。いま目にしてもなかなか新鮮に映るのは、そんな皮肉な経緯も一因か。
一方、インテリアクオリティの高さは、開発がバブル期まっただ中だったことを象徴する。ただし、ナビゲーション用モニターの位置が低すぎたり、ボディが剛性感に欠けたりといった点に、やはり「寄る年波」を感じざるを得ない。オートマチックトランスミッションも、世界トップクラスの出来栄えのマークIIの5段タイプに比べると、ミレーニア用は4段で、シフトショックもやや大きく、劣勢は免れない……。

【スペック】
全長×全幅×全高=4470×1740×1415mm/ホイールベース=2725mm/車重=1460kg/駆動方式=FR/2.5リッター直6DOHC24バルブ(192ps/6000rpm、25.0kgm/3500rpm)/車両本体価格=473.0万円
 

【ライバルその2】BMW325iセダン (5AT=473.0万円)

■いかにもスポーツセダン
「ストレート6搭載のFRモデル」とくれば、条件反射的にBMWの名前を思い浮かべる。寸法的にマークIIに近いのは5シリーズだが、価格面など、ライバルとして理解しやすいのはやはり3シリーズではないだろうか? だからといって、購入に際して、実際に両車間で迷うというのはちょっと考えにくいが……。
「直6ユニットは死守する!」と宣言するBMWの場合、スタイリング面でも、そうした心臓を強くイメージさせる。ロングノーズ/バックワードキャビンは、今や世界の潮流から外れているといえるが、「だからこそ特徴をアピールできる」というのが、このメーカーの考え方なのだ。
新しい「M54」型エンジンを搭載した325iの走りは、いかにも「スポーツセダン」。軽快さがウリだ。絶対的な加速力でも、マークIIといい勝負だろう。
直6ユニットの、いかにも「完全バランス!」を感じさせるどこまでもスムーズなエンジンフィール、しなやかでフラットな乗り味などに、「BMWならでは」のテイストを感じる人は多いに違いない。

(文=河村康彦/2000年12月)

関連記事
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(後編) 2017.3.30 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「BMW 540i」に試乗する。新しい直列6気筒エンジンを搭載する「5シリーズ」の真打ちは、どんなドライバーにお薦めか。谷口視点で分析する!
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編) 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • BMW 5シリーズ セダン 2016.10.19 画像・写真 独BMWは2016年10月13日、7代目となる新型「BMW 5シリーズ セダン」を発表した。2リッターガソリンエンジン搭載車からプラグインハイブリッド車まで、多岐にわたるラインナップの一部を画像で紹介する。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • BMW 523i(FR/8AT)【試乗記】 2012.3.19 試乗記 BMW 523i(FR/8AT)
    ……708万7000円

    仕様変更により、エンジンが2.5リッター直6から2リッター直4ターボに載せ換えられた「523i」。セダンモデルでその走りと燃費性能を試した。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
ホームへ戻る