【スペック】全長×全幅×全高=4735×1760×1460mm/ホイールベース=2780mm/車重=1490kg/駆動方式=FR/2.5リッター直6DOHC24バルブ(200ps/6000rpm、25.5kgm/3800rpm)/車両本体価格=306.0万円

トヨタ・マークII グランデG(5AT) vs マツダ・ミレーニア 25Mスポーツパッケージ(4AT) VS BMW325iセダン(5AT)【ライバル車はコレ】

ストレート6のFR車を選ぶ 2000.12.19 試乗記 トヨタ・マークIIの「ライバル車はコレ」
 

トヨタ・マークII グランデG(5AT=306.0万円)

■捨てるカタチ
9代目のマークIIは、「直列6気筒エンジンを積むFR4ドア」という基本アウトラインを踏襲しながら、かつてのモデルチェンジではなかった規模の「パッケージング変更」を行った。つまり、全高の大幅アップに加え、ホイールベースを延長しつつ前後のオーバーハングを削り取ることで室内空間を拡大。一方、全長は短縮した。
ところが、こうした「合理的なパッケージング」には、長細い直列6気筒ユニットは不向き、というのが世界の常識。正直いってボクには、今度のマークII、「ストレート6を捨てようとしているカタチ」に見えてしまうのだが……。
バリエーションは相変わらず豊富で、強力なターボ付きエンジンを搭載したモデルも「生き残った」。
マークIIのライバルと言えばローレル……と、短絡的に結論付けられたのは、今は昔。現在、日本車のなかから「6気筒で2.5リッター級の心臓を積んだ、ちょっとルックスコンシャスな4ドアモデル」を探すと、意外にも選択肢は少ない。

【スペック】
全長×全幅×全高=4870×1770×1395mm/ホイールベース=2745mm/車重=1480kg/駆動方式=FF/2.5リッターV6DOHC24バルブ(147ps/6500rpm、22.8kgm/4800rpm)/車両本体価格=275.5万円
 

【ライバルその1】マツダ・ミレーニア 25Mスポーツパッケージ(4AT=275.5万円)

■寄る年波
そんな中から今回選んだのは、2000年7月18日にビッグマイナーチェンジを受けたマツダ・ミレーニア。かつては「ユーノス800」と称されたこのクルマ、デビューは1993年。バブル景気崩壊の影響をもろに被り、セールスは低迷を続けた。いま目にしてもなかなか新鮮に映るのは、そんな皮肉な経緯も一因か。
一方、インテリアクオリティの高さは、開発がバブル期まっただ中だったことを象徴する。ただし、ナビゲーション用モニターの位置が低すぎたり、ボディが剛性感に欠けたりといった点に、やはり「寄る年波」を感じざるを得ない。オートマチックトランスミッションも、世界トップクラスの出来栄えのマークIIの5段タイプに比べると、ミレーニア用は4段で、シフトショックもやや大きく、劣勢は免れない……。

【スペック】
全長×全幅×全高=4470×1740×1415mm/ホイールベース=2725mm/車重=1460kg/駆動方式=FR/2.5リッター直6DOHC24バルブ(192ps/6000rpm、25.0kgm/3500rpm)/車両本体価格=473.0万円
 

【ライバルその2】BMW325iセダン (5AT=473.0万円)

■いかにもスポーツセダン
「ストレート6搭載のFRモデル」とくれば、条件反射的にBMWの名前を思い浮かべる。寸法的にマークIIに近いのは5シリーズだが、価格面など、ライバルとして理解しやすいのはやはり3シリーズではないだろうか? だからといって、購入に際して、実際に両車間で迷うというのはちょっと考えにくいが……。
「直6ユニットは死守する!」と宣言するBMWの場合、スタイリング面でも、そうした心臓を強くイメージさせる。ロングノーズ/バックワードキャビンは、今や世界の潮流から外れているといえるが、「だからこそ特徴をアピールできる」というのが、このメーカーの考え方なのだ。
新しい「M54」型エンジンを搭載した325iの走りは、いかにも「スポーツセダン」。軽快さがウリだ。絶対的な加速力でも、マークIIといい勝負だろう。
直6ユニットの、いかにも「完全バランス!」を感じさせるどこまでもスムーズなエンジンフィール、しなやかでフラットな乗り味などに、「BMWならでは」のテイストを感じる人は多いに違いない。

(文=河村康彦/2000年12月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • メルセデス・ベンツE220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ(本革仕様)(FR/9AT)【試乗記】 2017.2.20 試乗記 高い実用性を誇るのはもちろん、「Eクラス セダン」と同様の安全性と快適性を実現したとうたわれる「Eクラス ステーションワゴン」。「E220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ」に試乗し、その実力を試した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編) 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
ホームへ戻る