さよなら「NSX」!! 2005年末で生産終了、後継車開発中

2005.07.12 自動車ニュース

さよなら「NSX」!! 2005年末で生産終了、後継車開発中

本田技研工業は、同社のスポーツカーである「NSX」の生産を、2005年12月末をもって終了することと、その後継車を開発中であることを、2005年7月12日に発表した。

バブル経済が末期に差しかかった1989年2月(平成元年)のシカゴオートショーで、新しいスポーツカーのプロトタイプ「NS-X」が発表された。同年10月の東京モーターショーで日本のスポーツカーファンの前に登場、そして翌1990年9月、ミドシップ2シーター「NSX」が市場にあらわれた。

アルミを多用した軽量モノコックボディに、280psを発生する3リッターV6 VTECユニットを横置きミドシップ。量産メーカーであるホンダが出した本格的スポーツカーとして国内外から注目を集め、以後約15年という長い間に世界で累計1万8000台以上が販売された。

なお気になる後継モデルに関して、ホンダは「最新技術を採用した新たなスポーツカーとして、現在開発を進めている」とコメントしている。

(webCG 有吉)

本田技研工業「NSX」:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/nsx/

さよなら「NSX」!! 2005年末で生産終了、後継車開発中の画像

バブルの勢いに乗ってホンダが生み出した入魂の作、そのデビュー当時の写真。発売直後の熱狂振りを、自動車雑誌『CG』で同車の長期テストを担当した笹目二朗テスター(当時)は、「とにかく凄い注目度だ。走っていても隣に並んだ車から視線を浴びるし、横を抜けていくバイクは振り返ったり減速して並走したりする。また駐めるたびに人だかりができる始末で、よく手に入りましたね、エンジンは何ccですか、など質問攻めにあう」(CG 1991年1月号)と記している。

バブルの勢いに乗ってホンダが生み出した入魂の作、そのデビュー当時の写真。発売直後の熱狂振りを、自動車雑誌『CG』で同車の長期テストを担当した笹目二朗テスター(当時)は、「とにかく凄い注目度だ。走っていても隣に並んだ車から視線を浴びるし、横を抜けていくバイクは振り返ったり減速して並走したりする。また駐めるたびに人だかりができる始末で、よく手に入りましたね、エンジンは何ccですか、など質問攻めにあう」(CG 1991年1月号)と記している。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【レビュー】 2016.10.8 試乗記 11年ぶりに復活したホンダのスーパースポーツ「NSX」。独自のハイブリッドシステムを搭載した同車の実力はどれほどのものなのか? ドイツ勢のライバルである「アウディR8」や「ポルシェ911ターボS」との比較を交え、それを検証した。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 3基のモーターと3.5リッターツインターボエンジンからなる、独自のハイブリッドシステムを搭載した新型「ホンダNSX」。開発テーマである「New Sport eXperience=新たな走りの喜び」とはどんなものなのか。その出来栄えを、オープンロードで確かめた。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.6.14 試乗記 可変空力システムの導入、フォージドコンポジットによる軽量化、そして5.2リッターV10ユニットの強化――。ランボルギーニ・ウラカンの新たな高性能モデル「ペルフォルマンテ」の実力を、イタリアのイモラ・サーキットで解き放った。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――ホンダNSX(前編) 2016.11.17 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceなどで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は新型「ホンダNSX」に試乗する。3モーターハイブリッドシステムを搭載する2代目を、谷口はどう評価する?
ホームへ戻る