さよなら「NSX」!! 2005年末で生産終了、後継車開発中

2005.07.12 自動車ニュース

さよなら「NSX」!! 2005年末で生産終了、後継車開発中

本田技研工業は、同社のスポーツカーである「NSX」の生産を、2005年12月末をもって終了することと、その後継車を開発中であることを、2005年7月12日に発表した。

バブル経済が末期に差しかかった1989年2月(平成元年)のシカゴオートショーで、新しいスポーツカーのプロトタイプ「NS-X」が発表された。同年10月の東京モーターショーで日本のスポーツカーファンの前に登場、そして翌1990年9月、ミドシップ2シーター「NSX」が市場にあらわれた。

アルミを多用した軽量モノコックボディに、280psを発生する3リッターV6 VTECユニットを横置きミドシップ。量産メーカーであるホンダが出した本格的スポーツカーとして国内外から注目を集め、以後約15年という長い間に世界で累計1万8000台以上が販売された。

なお気になる後継モデルに関して、ホンダは「最新技術を採用した新たなスポーツカーとして、現在開発を進めている」とコメントしている。

(webCG 有吉)

本田技研工業「NSX」:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/nsx/

さよなら「NSX」!! 2005年末で生産終了、後継車開発中の画像

バブルの勢いに乗ってホンダが生み出した入魂の作、そのデビュー当時の写真。発売直後の熱狂振りを、自動車雑誌『CG』で同車の長期テストを担当した笹目二朗テスター(当時)は、「とにかく凄い注目度だ。走っていても隣に並んだ車から視線を浴びるし、横を抜けていくバイクは振り返ったり減速して並走したりする。また駐めるたびに人だかりができる始末で、よく手に入りましたね、エンジンは何ccですか、など質問攻めにあう」(CG 1991年1月号)と記している。

バブルの勢いに乗ってホンダが生み出した入魂の作、そのデビュー当時の写真。発売直後の熱狂振りを、自動車雑誌『CG』で同車の長期テストを担当した笹目二朗テスター(当時)は、「とにかく凄い注目度だ。走っていても隣に並んだ車から視線を浴びるし、横を抜けていくバイクは振り返ったり減速して並走したりする。また駐めるたびに人だかりができる始末で、よく手に入りましたね、エンジンは何ccですか、など質問攻めにあう」(CG 1991年1月号)と記している。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【トミカNo.43】ホンダNSX 2017.8.10 トミカ大写真展 11年のときを経て復活を遂げた「ホンダNSX」。パワープラントには3.5リッターV6ターボエンジンと3基の駆動用モーターからなる「スポーツハイブリッドSH-AWD」が採用されており、左右前輪を個別に制御することで、卓越した運動性能を実現している。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 【トミカプレミアムNo.21】ホンダNSXタイプR 2017.8.9 トミカ大写真展 高出力のV6エンジンをミドシップレイアウトで搭載する高性能スポーツカーとして、1990年に登場した「ホンダNSX」。アルミモノコックボディーがもたらす高い運動性能と、過去に例のないドライバー中心の車両設計は、世界中のスーパーカーに影響をもたらした。
  • 第53回:カーマニア、堕落の選択 2017.8.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第53回は「カーマニア、堕落の選択」。5年後に還暦を迎える筆者が、次なる“牛丼車”として狙いを定めたのは、「BMW 320d」。その、安全性能は十分か否か? 「3シリーズ」の自動ブレーキとACCの進化の変遷に迫る。
  • アストンマーティンの新型スポーツカー、欧州でスパイショット公開 2017.8.3 自動車ニュース 欧州で、アストンマーティンのスポーツカー「ヴァンテージ」の後継モデルとされる新型車のスパイショットが公開された。「ヴァンテージ」の後継モデルは2017年の暮れに発表される予定で、AMG製のエンジンが搭載される可能性がある。
ホームへ戻る