「スズキ・エスクード」、世界へGO!

2005.07.12 自動車ニュース

「スズキ・エスクード」、世界へGO!

スズキは、ライトクロカン「エスクード」の輸出を開始したと、2005年7月11日に発表した。

1988年5月の初代デビュー以来、「VITARA(ビターラ)」「GRAND VITARA(グランド・ビターラ)」あるいは「SIDEKICK(サイドキック)」という名前で、欧州・北米を含む各国で販売されてきた「エスクード」。2005年5月に日本で発売された3代目が、今回から採用された統一名「GRAND VITARA(グランド・ビターラ)」 として海を渡る。

中南米や大洋州などを皮切りに欧州、北米、アジア、中近東と世界各地域でリリース。北米向けには2.7リッターV6、欧州仕様には1.9リッターディーゼルと2リッターガソリンを中心に、今秋以降販売をスタートさせる予定という。年間輸出計画台数は11万台を見込む。

(webCG 有吉)

スズキ「エスクード」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/escudo/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エスクードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】NEW 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • BMW、「120i」と「220iクーペ」に新世代エンジンを搭載 2016.11.30 自動車ニュース BMWジャパンは2016年11月30日、「BMW 120i」と「BMW 220iクーペ」に新エンジンを搭載し、販売を開始した。今回、搭載された2リッター直4ガソリンターボエンジンは、最高出力184ps/5000rpm、最大トルク27.5kgm/1350-4600rpmを発生する。
ホームへ戻る