【スペック】20RX:全長×全幅×全高=4690×1695×1840mm/ホイールベース=2860mm/車重=1610kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC 16バルブ(137ps/5200rpm、20.4kgm/4400rpm)/価格=224万7000円(テスト車=312万7950円)

日産セレナ20RX(CVT)/20S(CVT)【試乗記】

裏切られることはない 2005.07.07 試乗記 日産セレナ20RX(CVT)/20S(CVT)……312万7950円/335万9700円「ホンダ・ステップワゴン」と同時期に発売され、ライバル視される「日産セレナ」。3代目新型に乗った、自動車ジャーナリストの笹目二朗が比較インプレッション。
【20RX:テスト車のオプション】
キセノンヘッドランプ=6万3000円/ETCビルトインユニット=2万6250円/らくらくパック+インテリジェントキー+エンジンイモビライザー+リモコンオートスライドドア=21万円/わいわいパック=3万1500円/カーウイングスナビゲーション(DVD)+ツインモニターシステム+MD・CD一体AM/FMチューナーオーディオ+バック&サイドブラインドモニター+ステアリングスイッチ=47万6700円/前席SRSカーテンエアバッグ=3万6750円/オゾンセーフフルオートデュアルエアコン+プラズマクラスターイオンエアコン=3万6750円)



乗るとなかなか味がある

新しい「日産セレナ」は、ニュー「ホンダ・ステップワゴン」と発表時期が近いこともあり、最近のミニバンのなかでも注目株だ。新型セレナのウリは、ミニバンに対する要求をわかりやすく満たす“5ナンバー枠内では最大サイズ”。ターゲット・ユーザーを同様に若いファミリー層とするステップワゴンと比較すると、そのアプローチは一見同じでありながら微妙に違う。そこにそれぞれのメーカー色が出ていて興味深い。ステップワゴンは“低さ”やクルマには珍しい装備などを特徴とするが、セレナはあくまでも実用性や使い勝手を主体に仕上げている。

5ナンバーサイズ最大の容量を持つ外寸は、小型車枠いっぱいの全長×全幅×全高=4690×1695×1840mm。ステップワゴンに較べて70mmも上回る背の高さは、室内の天井を高く確保する意図を明確に表しており、ステップワゴンのように低く見せることには執着していない。一方、低めに設定されたステップによる乗降性のよさや、低重心による操縦安定性の向上など、ミニバンのネガを改善するアプローチは同じ狙いだ。トップライトルーフやフローリングフロアのような、新しい試みこそないが経験を踏まえた使いやすさが追求されている。

外観はラジエターグリルやバンパーなどのデザインが異なる2種類の“顔”が用意される。エンジンは2リッター直4のみ、トランスミッションはCVTで、ここは「ラフェスタ」と同じ。サスペンションも特に凝ったものではないが、いずれもチューニングはよく練られたもので、最近の日産車にありがちな促成栽培感はなく、乗るとなかなか味がある。



自動車ジャーナリストの笹目二朗

写真をクリックすると、シートアレンジが見られます。

もう一声

高いルーフと低いフロアで室内はひときわ広い容積を実現した。ドライバーシートに座った印象はダッシュボードの造形や、広いフロント&サイドガラスのおかげもあって比較的すっきりしているが、メーター類そのものは旧態依然として古風。デジタル数字や液晶表示のほうがイイとは言わないが、円盤に針でも見せ方に工夫が欲しい。インパネシフトのレバーを短くし、操作力を補うためモーターでアシストする方式も、使い勝手には一考を促したいトコロだ。
サイドウィンドウを途中から下げて下方視界を改善したことや、そこを利用して「フィアット・ムルティプラ」並みに高く設定したドアグリップなど、乗り込みなどの使い勝手はいい。

室内をパッと見た雰囲気としては、オプション設定のルーフの明かり採りやフローリング風インテリアなどを備えるステップワゴンのほうが明るく開放的。セレナは立ち上がって縦にウォークスルーするときなどに、高い天井のありがたみを感じるが、インテリアの雰囲気には多少、暗い印象が付きまとう。

中央および3列目シートは、全長が長いだけステップワゴンより足元に余裕がある。メーカーによる荷物の詰め込み具合は、マウンテンバイク4台を縦に積めるセレナに対しステップワゴンは2台で多少の違いがあるのは、外観から想像する通り、といっていいだろう。
シートそのものはステップワゴン同様、座面の後傾角が足りず平板なベンチっぽいもの。女性でも3列目をアレンジ(左右跳ね上げ)できるように、スプリングで軽く持ち上げられるようにするといった努力とともに、長距離でも疲れにくいシートが欲しい。



【スペック】
20S:全長×全幅×全高=4650×1695×1840mm/ホイールベース=2860mm/車重=1610kg/駆動方式=FF/2リッター直 4DOHC16バルブ(137ps/5200rpm、20.4kgm/4400rpm)/価格=210万円(テスト車=335万9700円/キセノンヘッドランプ=6万3000円/ETCビルトインユニット=2万6250円/バックビューモニター+サイドブラインドモニター+ステアリングスイッチ+カーウイングスナビゲーション(DVD方式)&ツインモニターシステム+MD・CD一体AM/FM電子チューナーラジオ=47万6700円/らくらくパック+リモコンオートバックドア+バックドアオートクロージャー+インテリジェントキー+エンジンイモビライザー=30万4500円/わいわいパック+インストクールトレイ=3万6750円/オゾンセーフフルオートデュアルエアコン+プラズマクラスターイオンエアコン=3万6750円/ツインサンルーフ=12万6000円/15インチアルミロードホイール=6万3000円/運転席・助手席SRSカーテンエアバッグシステム=3万6750円)

落ち着いた乗り心地

エンジン、足まわりなどはエンジンの表示馬力も大きくボディ重量も軽いステップワゴンに優位性がありそうだが、実際の差はそれほどでもない。静粛性やなめらかさでも、セレナの「MR20型」エンジンは好感度が高い。CVTも以前のブルーバード系などに比べて格段に静粛性とレスポンスを向上させている。

操縦安定性や乗り心地は安楽にして高水準。ミニバンに求められる、つまりゆったり安心して移動できる“安心感”という点ではセレナに一日の長がある。セレナはロール角そのものは大きいが、クルマが傾くその感触が自然で、意思のままハンドルを操作できるし、その入力に対して期待した通りの安定した挙動を見せるのだ。見た目の迫力とグリップをタイヤに求めるユーザーもあろうが、標準装着の195/65R15インチで十分な性能を発揮。微速でもフラットで、路面からの当たりが柔らかい乗り心地は、細身のタイヤのほうに分があった。
ステップワゴンと比較して選ぶユーザーも多いと思われるが、落ち着いた乗り味を求めるならセレナ。いわゆる“ミニバン”を想像して、裏切られることはないと思う。

(文=笹目二朗/写真=荒川正幸/2005年7月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

セレナの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • 日産セレナ ハイウェイスターG(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.10.26 試乗記 日産の人気ミニバン「セレナ」がフルモデルチェンジ。最上級グレード「ハイウェイスターG」に試乗して見えてきた、最新型の実力とは? 走りの質に燃費、各席の乗り心地など、項目ごとに詳しくリポートする。
  • 日産セレナG(FF/CVT)【試乗記】 2016.9.16 試乗記 日産のミドルクラスミニバン「セレナ」が5代目にフルモデルチェンジ。「デュアルバックドア」や「ハンズフリーオートスライドドア」、話題の運転支援システム「プロパイロット」など、新機軸が満載の新型の実力を試した。
  • 日産セレナ(後編) 2016.8.24 画像・写真 新型「日産セレナ」には、標準車と「ハイウェイスター」の2つのデザインが用意されるほか、オーテックジャパンのカスタムカー「ライダー」も販売される。標準モデルの上級グレード「セレナG」と、「セレナ ライダー」の特別仕様車を写真で紹介する。
  • 「ホンダ・オデッセイ ハイブリッド」が価格.comプロダクトアワードの金賞を受賞NEW 2016.12.1 自動車ニュース 商品の購買支援サイトを運営するカカクコムは2016年12月1日、ユーザーが満足度の高い製品を選ぶ「価格.comプロダクトアワード2016」で、自動車部門の金賞に「ホンダ・オデッセイ ハイブリッド」が選出されたと発表した。
ホームへ戻る