【スペック】G Lパッケージ:全長×全幅×全高=4630×1695×1770mm/ホイールベース=2855mm/車重=1510kg/駆動方式=FF/2.0リッター直4DOHC16バルブ(155ps/6000rpm、19.2kgm/4500rpm)/価格=217万3500円(テスト車=244万6500円/トップライトルーフ/フローリングフロア/ディスチャージヘッドライト=27万3000円)

ホンダ・ステップワゴンG Lパッケージ(4AT)/24Z(4AT)【試乗記】

ホンダ風味が効いている 2005.07.06 試乗記 ホンダ・ステップワゴンG Lパッケージ(4AT)/24Z(4AT)…………244万6500円/329万7000円「日産セレナ」と発売時期も“ガチンコ”の「ホンダ・ステップワゴン」。3代目の新型に乗った自動車ジャーナリストの笹目二朗はライバルと比較して、様々な面でホンダらしさを感じたという。
2.4リッターエンジン

2.4リッターエンジン


ホンダ・ステップワゴンG Lパッケージ(4AT)/24Z(4AT)【試乗記】の画像

“低さ”と“新しさ”

3代目「ホンダ・ステップワゴン」は、初代からしてホンダ製ミニバン軍団のなかでも力作の誉れが高い。今回同時にモデルチェンジした「日産セレナ」とはすこし趣を変え、ターゲットユーザーを同じ若いファミリー層としながらも、パパが一人で乗るときのホンダ流スポーツ風味を効かせている。

5ナンバーサイズ最大級ではあるが、旧型に比べやや低く短くなり、外寸は全長×全幅×全高=4630×1695×1770mmと、一見サイズダウンしたような印象もある。ちょっと突き出た短いノーズを持つワンボックス風のミニバンは、「オデッセイ」同様低く見せることに執着しており、低ステップによる乗降性の良さと、低重心による操縦安定性の向上を謳う。
やや低められたルーフには、オプションで日本的で障子を思わせる「トップライトルーフ」が備わり、室内に明るさと開放感を与える。同じくオプションながら、リビング感覚のフローリングフロアも新鮮でヤングミセスに受けそうだ。また外寸はそのままながら、2.4リッターエンジンも用意され、さらなる高性能仕様も選べる。2リッター/5ナンバー仕様だけのセレナに対する優位点といえるかもしれない。

自動車ジャーナリストの笹目二朗

自動車ジャーナリストの笹目二朗


ホンダ・ステップワゴンG Lパッケージ(4AT)/24Z(4AT)【試乗記】の画像

明るくて開放的

ドライバーズシートに座った感覚は、遠目に大きな文字で見る黒い帯のメーターが新鮮で見やすい。ダッシュ水平面の蓋つきの物入れも便利ですっきりしている。前方の眺めはセレナより数段感覚的に新しく、ここにステップワゴンの魅力が集約されている。インパネシフトのレバーもアヴァンシア以来、経験を経てサマになってきた。

中央および3列目のシートを含むシート類全体のアレンジや、変化させる操作性には苦心のあとが見える。大きな違いといえば、中央席の回転対座がステップワゴンに出来てセレナにはできないことか。室内をパッと見た雰囲気としては、ステップワゴンの方が明るく開放的だ。これも天井の明かり取りが効いている。シートそのものは平板で座面の後傾角が少なめのいわゆる“腰掛け型”となる。よって長距離では疲れそう。ボディサイズが違うとはいえ、「クライスラー・ボイジャー」などを見習う必要があるだろう。



【スペック】
24Z:全長×全幅×全高=4630×1695×1770mm/ホイールベース=2855mm/車重=1570kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4DOHC16バルブ(162ps/5700rpm、 22.2kgm/4000rpm)/価格=255万1500円(テスト車=329万7000円/トップライトルーフ/フローリングフロア/HDDインターナビシステム+プログレッシブコマンダー<リアカメラ付き>(8インチワイドディスプレイ、 TV/AM/FMチューナー付DVD/CDプレーヤー+6スピーカー)/2列目回転機構/VSA(ABS+TCS+横滑り抑制)/両側パワースライドドア=74万5500円)

キビキビ敏捷

セレナに較べてエンジンの表示馬力も大きく、ボディ重量も軽いステップワゴンは動力性能を確保しやすいとみえ、2リッターのトランスミッションは一般的なトルコン4段AT。2.4リッターモデルはCVTと組み合わされる。どちらのモデルがお勧めか? を率直に答えれば、排気量の大きなエンジンとトルクを効率的に使うCVTを搭載する2.4リッターモデルである。これはとりもなおさず、セレナに対するステップワゴンの強みでもある。

操縦安定性/乗り心地は高水準にある。ただし低重心を謳うステップワゴンであっても、古いホンダ車に特徴的だった爪先立ったロール感を未だすこし引きずっている印象を受けた。ロール角そのものはすくなく調教されているものの、ミニバンに求められる温和な安心感という点では、新型セレナに一日の長がある。
ステップワゴンのタイヤは205/65R15と太く、足まわり全体もやや硬い設定。とはいえ、目地段差などのハーシュネスはショックも音的にも、不快感のない巧妙な設定がなされており、同乗者が我慢を強いられるようなことはない。ミニバンにキビキビした敏捷な動きを求めるならステップワゴン、といえよう。

細かい部分や走りのキャラクターは違っても、セレナとステップワゴンの総合点はほぼ互角である。こちらはスタイリングなど見た目やインテリアの感覚が新しく、上記のキビキビ感などを考えると、ひとりで乗る機会が多い人にはステップワゴンか。

(文=笹目二朗/写真=高橋信宏/2005年6月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ステップワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ クールスピリット(FF/CVT)/ステップワゴンG(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.21 試乗記 縦にも横にも開く「わくわくゲート」と、新開発のダウンサイジングターボエンジンで注目を集める新型「ホンダ・ステップワゴン」。気になるその使い勝手と、走りの実力をチェックした。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る