【Movie】ソルベルグ、インプレッサで晴海を激走!「スバル・モータースポーツ・ミーティング」開催

2005.07.06 自動車ニュース

【Movie】ソルベルグ、インプレッサで晴海を激走!「スバル・モータースポーツ・ミーティング」開催

「スバル・モータースポーツ・プレスミーティング」が、2005年7月1日、東京は晴海ふ頭で行われた。WRCのエースドライバー、ペター・ソルベルグをはじめチーム関係者が集結。ソルベルグとPCWRCポイントリーダー、新井敏弘両ドライバーによるデモ走行で会場は盛り上がりをみせた。

■ラリー・ジャパン2連覇を目指し

スバルのモータースポーツ活動の中核をなすのが世界ラリー選手権(WRC)のワークス参戦だ。
1993年、コリン・マクレーのドライブで「レガシィ」が初勝利を挙げて以来、スバルはWRC通算46勝、「インプレッサ」では45勝をマークしている。

2005年は、2003年チャンピオンのペター・ソルベルグを筆頭に、若手クリス・アトキンソン、元F1ドライバーのステファン・サラザンの3人を擁し、第3戦メキシコからは新ウェポン「インプレッサWRC2005」を投入し奮戦中だ。

第2戦スウェーデン、第3戦メキシコとソルベルグが連勝したものの、その後はライバルのシトロエン&セバスチャン・ロウブの後塵を拝し続けており、現在ソルベルグはロウブの23点ビハインド、ランキング2位。マニュファクチャラーズランキングでスバルは4位と、もう一歩といった状況だ(16戦中8戦終了時)。
会場では、シーズン後半の巻き返しと、9月30日に開幕する第13戦ラリー・ジャパンでの2連覇を目指すことが表明された。

またより量産車に近いマシン(グループN)で争われるプロダクションカー世界ラリー選手権(PCWRC)活動においては、インプレッサのエントリー台数が年々増加しており、今年は20人中11人がインプレッサを選んだことなどが報告された。

全8戦中4戦を終え、ランキングトップを走る新井敏弘は、「今年こそワールドチャンピオンを取りたい。ラリー・ジャパンはもちろん勝ちにいきます」と抱負を語った。

■スーパーGT、S耐にもインプレッサ

スバルのモータースポーツ活動はラリーだけではない。この6月にフェイスリフトほか一部改良がされたインプレッサをベースとしたマシンが、国内のスーパーGT、スーパー耐久に登場する。参戦チームと協調し開発を進めており、それぞれ7月中にサーキットデビューするという。

プレゼンテーションの後は、ソルベルグ、新井両ドライバーによる新型インプレッサ(グループN仕様車のプロトタイプ)のデモ走行。パイロンで仕切られた特設コースを2台が激走した。
最後にソルベルグお得意の「箱乗りでドーナツターン」が披露され、会は幕を閉じた。

(webCG 有吉)

「スバル・モータースポーツ」:
http://www.subaru-msm.com/

【Movie】ソルベルグ、インプレッサで晴海を激走!「スバル・モータースポーツ・ミーティング」開催の画像

ドアから身を出してドーナツターンするソルベルグ。この技、さすがワールドチャンピオン!?

ドアから身を出してドーナツターンするソルベルグ。この技、さすがワールドチャンピオン!?

足ではちゃんとステアリングを操作。

足ではちゃんとステアリングを操作。

いつも陽気なソルベルグ。「ノルウェーの田舎から出てきて、スバルで世界一になりました」と話し場を盛り上げる一方で、「2位にはなりたくない。常に1位を目指していくので、最後まで応援して欲しい」と力強くやる気をアピールした。

いつも陽気なソルベルグ。「ノルウェーの田舎から出てきて、スバルで世界一になりました」と話し場を盛り上げる一方で、「2位にはなりたくない。常に1位を目指していくので、最後まで応援して欲しい」と力強くやる気をアピールした。

ラリーのみならず、国内選手権にも新型インプレッサ・ベースのマシンが投入される。スーパーGTでは「クスコレーシングチーム」から、スーパー耐久では「プローバ・レーシングディビジョン」からエントリー。

ラリーのみならず、国内選手権にも新型インプレッサ・ベースのマシンが投入される。スーパーGTでは「クスコレーシングチーム」から、スーパー耐久では「プローバ・レーシングディビジョン」からエントリー。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。