ホンダ、新しい「シビック」に搭載する1.8リッター「i-VTEC」を発表

2005.07.06 自動車ニュース

ホンダ、新しい「シビック」に搭載する1.8リッター「i-VTEC」を発表

本田技研工業は、今秋発売予定の新型「シビック」に搭載する新しい1.8リッター「i-VTEC」エンジンを、2005年7月5日に発表した。

「1.8L i-VTEC」は、低負荷時の吸気にともなう損失(ポンピングロス)を、より精度の高いバルブコントロールで最大16%低減させるなどし、燃費を向上させたエンジンである。
現行「シビック」の1.7リッターエンジンから約6%低燃費化(エンジン単体)。特にクルーズ時には、1.5リッターエンジン並みの低燃費を実現したと謳われる。

さらに、吸気効率を高める可変管長インテークマニホルド、ピストンを冷却しノッキングを抑制するピストンオイルジェットなどの採用により、常用回転域でのトルクを確保したとされ、アウトプットは140ps、17.7kgmだという。

排出ガスのクリーン化も図り、平成17年排出ガス基準75%低減レベルを達成したという(ホンダ社内測定値)。

(webCG 有吉)

ホンダ、新しい「シビック」に搭載する1.8リッター「i-VTEC」を発表の画像

関連キーワード:
シビックホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「ヴェゼル」の情報を先行公開 2018.1.25 自動車ニュース 本田技研工業は2018年1月25日、同年2月中旬にマイナーモデルチェンジを予定しているコンパクトSUV「ヴェゼル」に関する情報を、ホームページで先行公開した。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.12.13 試乗記 320psのパワーと400Nmのトルクを誇る新型「ホンダ・シビック タイプR」。その速さはもはや“FFのスーパーカー”と呼ぶべきものだ。ニュルブルクリンクの北コースを7分43秒80で駆け抜けたその次は、一体どこに向かおうとしているのだろうか?
ホームへ戻る