【F1 2005】第10戦フランスGP、ルノーの地元でアロンソ5勝目!

2005.07.04 自動車ニュース

【F1 2005】第10戦フランスGP、ルノーの地元でアロンソ5勝目!

F1世界選手権第10戦フランスGP決勝が、2005年7月3日、フランスのマニクール・サーキット(4.411km)を70周して行われた。
ポールシッターのフェルナンド・アロンソが、ルノーのお膝元で独走を披露し、今シーズン5勝目を獲得。勝率を5割とし、チャンピオンシップ首位の座をより確固たるものとした。ルノーにとっては、1983年、アラン・プロストが勝利して以来の地元優勝となった。

2位は、タイトル争いでアロンソを追うキミ・ライコネン(マクラーレン・メルセデス)。エンジン交換による10グリッド降格というペナルティを受け、13番グリッドと後方からスタートしながら、見事ポディウムフィニッシュに成功した。

3位はミハエル・シューマッハー(フェラーリ)で、今年4度目の表彰台にのぼった。

4位にジェンソン・バトンが入り、ここまで唯一のノーポイントチームだったBARホンダにシーズン初得点をもたらした。
フロントローからズルズルと後退してしまったヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)が5位、ピットストップ中のエンストで順位を落としたジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)が6位、ラルフ・シューマッハー(トヨタ)7位、ジャック・ヴィルヌーヴ(ザウバー・ペトロナス)が8位で入賞した。

BARホンダの佐藤琢磨は、4番グリッドと上位からスタートしたものの、2度コースオフをきっするなどし、結果11位で完走した。

■スタートで決着

気温30度、路面温度51度と、前日までとは打って変わって暑い快晴のマニクールで行われた決勝レースは、スタート直後にほぼ決着がついてしまった。

2番グリッドのトゥルーリは2位を堅持。しかしレース早々オーヴァーステアが発生し、ペースがあがらない。3位ミハエル・シューマッハー、スタートで佐藤を抜いた4位ルーベンス・バリケロ、5位佐藤ら、後続のほとんどが数珠繋ぎとなり、アロンソの独走劇に加勢するかたちとなった。

このことはライコネンにも味方した。13番グリッドというハンデを2ピットストップで乗り切ろうとしたマクラーレンは、燃料を多めに積んだ重いマシンでスタート(それでも予選タイムで3位だったのだからポテンシャルは相当なもの)。トゥルーリにより集団のペースが抑えられたことで、ピットストップ後に2位へやすやすとステップアップできた。

同じく2ストップ作戦をとったチームメイトのファン・パブロ・モントーヤとともに、マクラーレン勢は中盤2、3位を走行していたが、モントーヤのマシンにはハイドロリック(油圧)に問題が起き、モントーヤは47周でリタイア。結果、予選3位のミハエル・シューマッハーに3戦連続の表彰台が転がり込んだ。

地元フランスでの勝利を喜んだのはルノーだけではない。前戦アメリカGPでの汚名を返上する1勝を手に入れたミシュランタイヤにとっても、待望の優勝だったはずだ。

19戦中10戦を終え5勝――アロンソは69点を獲得し、チャンピオンシップを折り返した。ランキング2位のライコネンには24点差、3位シューマッハーには29点ものギャップを築いた。
新しい社長兼CEOとしてサーキットにやってきたルノーのカルロス・ゴーンの目に、“フレンチ・ブルー”の活躍はどう映ったのか?

次戦は7月10日、イギリスGPだ。

(webCG 有吉)

【F1 2005】第10戦フランスGP、ルノーの地元でアロンソ5勝目!の画像

スタートシーン。ポールシッターのアロンソ(左)に、2番グリッドのヤルノ・トゥルーリ(右)が続いた。ペースのあがらないトゥルーリにより後続が数珠繋がりとなり、アロンソ独走を許した。(写真=フェラーリ)

スタートシーン。ポールシッターのアロンソ(左)に、2番グリッドのヤルノ・トゥルーリ(右)が続いた。ペースのあがらないトゥルーリにより後続が数珠繋がりとなり、アロンソ独走を許した。(写真=フェラーリ)

金曜日にエンジン交換せざるを得なかったキミ・ライコネンにとって、表彰台がもっとも現実的なターゲット。燃料を多く積載し13番グリッドからスタート。29周まで第1スティントを引っ張り、見事2位へのジャンプアップに成功した。10グリッド降格のペナルティさえなければ、レース展開はまったく違ったものになっていただろう。(写真=メルセデスベンツ)

金曜日にエンジン交換せざるを得なかったキミ・ライコネンにとって、表彰台がもっとも現実的なターゲット。燃料を多く積載し13番グリッドからスタート。29周まで第1スティントを引っ張り、見事2位へのジャンプアップに成功した。10グリッド降格のペナルティさえなければ、レース展開はまったく違ったものになっていただろう。(写真=メルセデスベンツ)

予選では好調、決勝では不調。ヤルノ・トゥルーリは、2番グリッドから好スタートをきったものの、早々にオーヴァーステアに悩まされペースがあがらず。「レースを通して後続を抑えるべく奮戦を続けたが、後続車が基本的に我々よりも速かったこともあり苦戦を強いられた」(本人談)。それでもトヨタは、ラルフ・シューマッハーとともにダブル得点に成功。コンストラクターズランキングでウィリアムズを抜き、4位となった。(写真=トヨタ自動車)

予選では好調、決勝では不調。ヤルノ・トゥルーリは、2番グリッドから好スタートをきったものの、早々にオーヴァーステアに悩まされペースがあがらず。「レースを通して後続を抑えるべく奮戦を続けたが、後続車が基本的に我々よりも速かったこともあり苦戦を強いられた」(本人談)。それでもトヨタは、ラルフ・シューマッハーとともにダブル得点に成功。コンストラクターズランキングでウィリアムズを抜き、4位となった。(写真=トヨタ自動車)

ライコネンが予選で降格したことで2列目からのスタートとなった佐藤琢磨。ルーベンス・バリケロに交わされ序盤は5位を走行。給油後、バリケロをコース上で追い抜くなどしたが、26周目、5位トゥルーリをパスしようとした際に失敗しコースアウト、10位までドロップ。その後前車が巻き上げた小石を避けるため再度コースをはみ出し、結果11位で完走した。「僕自身がポイントを取れなかったことはとても残念ですが、チームが5ポイントを獲得できてとても良かったです」(本人談)。

ライコネンが予選で降格したことで2列目からのスタートとなった佐藤琢磨。ルーベンス・バリケロに交わされ序盤は5位を走行。給油後、バリケロをコース上で追い抜くなどしたが、26周目、5位トゥルーリをパスしようとした際に失敗しコースアウト、10位までドロップ。その後前車が巻き上げた小石を避けるため再度コースをはみ出し、結果11位で完走した。「僕自身がポイントを取れなかったことはとても残念ですが、チームが5ポイントを獲得できてとても良かったです」(本人談)。

ルノーのトップとしてGP初お目見えとなったカルロス・ゴーン(中央)とルノードライバー。(写真=ルノー)

ルノーのトップとしてGP初お目見えとなったカルロス・ゴーン(中央)とルノードライバー。(写真=ルノー)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。