悩ましい選択肢登場!? アストンマーティンのV8モデル発表

2005.07.04 自動車ニュース

悩ましい選択肢登場!? アストンマーティンのV8モデル発表

2005年6月30日、V型8気筒を搭載するもっとも身近なアストンマーティン「V8 ヴァンテージ」が日本で発表された。価格は1455万4000円。




2005年のジュネーブショーで発表された、アストンマーティンのV8モデルが日本にお目見えした。2シータークーペ、6段MT仕様のみで、価格も約1500万円と当然お高いが、「ポルシェ911ターボ」や「メルセデス・ベンツ」のAMGシリーズ、「BMW M5」、「アウディRS4」「ランボルギーニ・ガヤルド」に“手が出る”ユーザーには、魅力的な選択肢が登場したといえよう。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4382×1866×1255mm、ホイールベースは2600mmと、兄貴分「DB9」よりコンパクト。パワーユニットの4.3リッターV8は、385ps/7300rpmと41.8kgm/5000rpmを発生し、1570kgの車両を0-100km/hまで5秒フラット、最高速度は280km/hに達する。パフォーマンスのみならず、「市街地でもサーキットと同様の感動を提供する」、プレミアム性に溢れた演出(?)を備えるという。

(webCGオオサワ)

アトランティックカーズ:
http://www.astonmartin.co.jp/

アストンマーティン赤坂:
http://www.astonmartin-akasaka.com/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V8ヴァンテージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • アストンマーティン、600psの新型「ヴァンキッシュS」を発表 2016.11.16 自動車ニュース 英アストンマーティンは2016年11月16日(現地時間)、新たなフラッグシップクーペとなる新型「ヴァンキッシュS」を発表した。従来モデルの「ヴァンキッシュ」からエンジン、シャシー、エアロダイナミクスが見直され、走行性能が強化されている。
  • アストンマーティンDB11(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.8.6 試乗記 2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された、アストンマーティンの新しい基幹モデル「DB11」。完全新設計のアルミプラットフォームに独自開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載した、新世代のグランドツアラーの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る