悩ましい選択肢登場!? アストンマーティンのV8モデル発表

2005.07.04 自動車ニュース

悩ましい選択肢登場!? アストンマーティンのV8モデル発表

2005年6月30日、V型8気筒を搭載するもっとも身近なアストンマーティン「V8 ヴァンテージ」が日本で発表された。価格は1455万4000円。




2005年のジュネーブショーで発表された、アストンマーティンのV8モデルが日本にお目見えした。2シータークーペ、6段MT仕様のみで、価格も約1500万円と当然お高いが、「ポルシェ911ターボ」や「メルセデス・ベンツ」のAMGシリーズ、「BMW M5」、「アウディRS4」「ランボルギーニ・ガヤルド」に“手が出る”ユーザーには、魅力的な選択肢が登場したといえよう。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4382×1866×1255mm、ホイールベースは2600mmと、兄貴分「DB9」よりコンパクト。パワーユニットの4.3リッターV8は、385ps/7300rpmと41.8kgm/5000rpmを発生し、1570kgの車両を0-100km/hまで5秒フラット、最高速度は280km/hに達する。パフォーマンスのみならず、「市街地でもサーキットと同様の感動を提供する」、プレミアム性に溢れた演出(?)を備えるという。

(webCGオオサワ)

アトランティックカーズ:
http://www.astonmartin.co.jp/

アストンマーティン赤坂:
http://www.astonmartin-akasaka.com/

関連キーワード:
V8ヴァンテージアストンマーティン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.4.16 試乗記 スタイルも中身も一新! 攻めのデザインをまとって登場した、新型「アストンマーティン・ヴァンテージ」。アストンきってのリアルスポーツは、どれほどの走りを見せるのか? ポルトガル・アルガルベサーキットで、その実力を解き放った。
  • アストンマーティンDB11 V8(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.26 試乗記 アストンマーティンの主力モデル「DB11」に仲間入りした、V8エンジン搭載車に試乗。メルセデスAMGの手になるパワーユニットを与えられた新型は、この英国ブランドの将来性を感じさせるエネルギーに満ちあふれていた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ 2017.11.22 画像・写真 アストンマーティンが新型「ヴァンテージ」を発表。510psを発生する4リッターV8ターボエンジンにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は314km/hという動力性能を実現している。レーシングカーの「ヴァンテージGTE」ともども、その姿を写真で紹介する。
  • アストンマーティンDB11 AMR 2018.5.15 画像・写真 英アストンマーティンは、ハイチューンを施した5.2リッターV12ターボエンジンを搭載する、新たな高性能モデル「アストンマーティンDB11 AMR」を発表した。その姿を写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツE200カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.20 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」に試乗した。“先代よりも大きく広くなった”とはいえ、セダンと比べると実用性では大きく劣るのがオープントップモデルの宿命。過去に3台のオープンモデルを乗り継いできたリポーターは、どこに価値を見いだした?
ホームへ戻る