悩ましい選択肢登場!? アストンマーティンのV8モデル発表

2005.07.04 自動車ニュース

悩ましい選択肢登場!? アストンマーティンのV8モデル発表

2005年6月30日、V型8気筒を搭載するもっとも身近なアストンマーティン「V8 ヴァンテージ」が日本で発表された。価格は1455万4000円。




2005年のジュネーブショーで発表された、アストンマーティンのV8モデルが日本にお目見えした。2シータークーペ、6段MT仕様のみで、価格も約1500万円と当然お高いが、「ポルシェ911ターボ」や「メルセデス・ベンツ」のAMGシリーズ、「BMW M5」、「アウディRS4」「ランボルギーニ・ガヤルド」に“手が出る”ユーザーには、魅力的な選択肢が登場したといえよう。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4382×1866×1255mm、ホイールベースは2600mmと、兄貴分「DB9」よりコンパクト。パワーユニットの4.3リッターV8は、385ps/7300rpmと41.8kgm/5000rpmを発生し、1570kgの車両を0-100km/hまで5秒フラット、最高速度は280km/hに達する。パフォーマンスのみならず、「市街地でもサーキットと同様の感動を提供する」、プレミアム性に溢れた演出(?)を備えるという。

(webCGオオサワ)

アトランティックカーズ:
http://www.astonmartin.co.jp/

アストンマーティン赤坂:
http://www.astonmartin-akasaka.com/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V8ヴァンテージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • 第8回:夢の世界をちょこっと拝見!
    輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~
    2017.3.22 JAIA輸入車試乗会2017 ベントレーの「フライングスパー」に「ベンテイガ」、アストンマーティンの最新モデル「DB11」、「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動バージョン……。お値段2000万円オーバーの高級車の中から、webCG編集部員が注目モデルの走りをリポートする。
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • アストンマーティンDB11(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.8.6 試乗記 2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された、アストンマーティンの新しい基幹モデル「DB11」。完全新設計のアルミプラットフォームに独自開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載した、新世代のグランドツアラーの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る