【スペック】全長×全幅×全高=4775×1800×1435mm/ホイールベース=2830mm/車重=1590kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブ(231ps/5900rpm、30.6kgm/3500rpm)/車両本体価格=697.0万円(テスト車=721.0万円)

BMW530i Hi-Line(5AT)【ブリーフテスト】

BMW530i Hi-Line (5AT) 2001.01.27 試乗記 ……721.0万円総合評価……★★★★(価格はテスト時/掲載時の車両本体価格は643.0万円)

3リッターがふさわしい

5シリーズは、従来のM52型からマイナーチェンジによってM54型という新しい直列6気筒エンジンを搭載した。狙いは、より一層のパフォーマンスと環境調和性の向上。新エンジンには2493ccと2979ccがあり、それぞれ525iと530iに搭載される。結論から先に言うと、約500ccの差は大きく感じられた。約80万円の価格差以上のパフォーマンスをもたらす。2.5リッターユニットは、滑らかでBMWらしい、いい6気筒だが、車両重量1560kgには、絶対的な力が不足してる。5シリーズには、3リッターがふさわしい、と思った。ノーマルか豪華版Hi-Lineかは、お好みで。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
1995年にデビュー、翌年から日本に導入された、BMWのミドルレンジを担う高級スポーティモデル。2000年11月にマイナーチェンジを受け、2.5リッター/3リッター直6と4.4リッターV8を載せたセダンと、2.5リッター/3リッターのワゴン「ツーリング」がラインナップされた。装備充実仕様の「Hi-Line」を全車に、エアロパーツなどを奢った「M-Sport」をセダンに設定する。
(グレード概要)
530i Hi-Lineは、先のマイナーチェンジで導入された、新型のオールアルミ製3リッター「M54」型ユニットを搭載。従来の528iにかわるモデルとなる。ノーマル仕様より装備が奢られたHi-Lineは、モンタナレザーシート、DVDナビゲーションシステム、ハンズフリーテレフォンシステム、クルーズコントロールなどを標準装備する。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
世界中の自動車メーカーに影響を与えたBMW流のインテリアデザイン。機能的に吟味されており、非の打ちどころがない。完成されたスタイルといっていい。だが、機能的に完璧なだけでは物足りなくなるのが、自動車が「純粋機械」ではなく、「商品」であり、「欲望の対象」である証左だ。機能的な完璧さを維持しつつ、そろそろ新しい試みを見てみたい。
(前席)……★★★★
大振りなシートは、体を包み込んでくれる。ホールド性も文句ない。電動調節やメモリー装置も使いやすい。高級なクルマだけのことはある。
(後席)……★★★
基本的には前席同様に優れたシートだが、試乗車にオプションで装着されたチャイルドシートは評価が分かれるところだ。座面を引き出して着座位置を上げることで、一般的なチャイルドシートを使わずとも、子供を安全に座らせる。そのことは秀逸なアイデアだが、しかしBMWもカタログで断っているとおり、チャイルドシートとして使わない時に大人が座ると、板の上に座っているようで、かけ心地が損なわれる。劣化分は決定的ではなく、我慢できる範囲ではある。ユーザーにとって理想的なのは、後席の片側だけをチャイルドシートにすることだが、今のところ、後席左右2人分が必須で、4.0万円のオプション装備。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★★
パワー、トルク、レスポンス、いずれもBMWの伝統通り、素晴らしい。BMWのエンジンは、物理的な特性が優れていることとあわせて、ドライバーに「いいクルマ」「いいエンジン」を操っていることを実感させる「演出」がウマい。クルマ好きの泣きどころを、よくわかっている。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
エンジン同様、530iの乗り心地とハンドリングはスポーティだ。ハンドルをすこし切っただけで、クルマはスッと姿勢を変えるし、路面状況の変化がステアリングから伝わってくる。それも、巧みな「演出」といえるかもしれない。ただ、下りのワインディングロードでは、さすがに重量を感じさせる。機敏に走るというわけにはいかない。それでも、つい威勢よく走ってみたくなってしまうのも、ビーエムならではだ。

(写真=阿部ちひろ)

【テストデータ】

報告者:金子浩久
テスト日:2000年11月21日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2000年型
テスト車の走行距離:1139km
タイヤ:(前)225/55R16 95H M+S/(後)同じ(いずれもContinental ContiTouringContact)
オプション装備:メタリックペイント(7.0万円)/電動サンルーフ(13.0万円)/後席チャイルドシート(4.0万円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(5):高速道路(5)
テスト距離:-
使用燃料:-
参考燃費:-

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

5シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • メルセデス・ベンツE220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ(本革仕様)(FR/9AT)【試乗記】 2017.2.20 試乗記 高い実用性を誇るのはもちろん、「Eクラス セダン」と同様の安全性と快適性を実現したとうたわれる「Eクラス ステーションワゴン」。「E220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ」に試乗し、その実力を試した。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
ホームへ戻る