ベース車より安い「クライスラーPTクルーザー・カブリオ」特別仕様車

2005.06.30 自動車ニュース

ベース車より安い「クライスラーPTクルーザー・カブリオ」特別仕様車

ダイムラー・クライスラー日本は、オープン「クライスラーPTクルーザー・カブリオ」に、特別仕様車「ツーリング」を設定、2005年7月2日に発売した。販売台数は100台限定。

「PTクルーザー・カブリオ・ツーリング」は、装備を変更し価格を抑えた特別仕様車。レザーのシートをファブリックにし、またボディ同色フロントグリルモールディング、アルミホイールを変えた。
これにより価格は32万9700円安い、300万9300円となった。

(webCG 有吉)

クライスラー「PTクルーザー・カブリオ」:
http://www.chrysler-japan.com/lineup/pt_cabrio.html

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • クライスラー・クロスファイア(5AT)【試乗記】 2004.1.29 試乗記 クライスラー・クロスファイア(5AT)
    ……490.0万円

    ダイムラーとクライスラーが合併した恩恵で(?)生まれた、「メルセデスベンツSLK」ベースのクライスラー車「クロスファイア」。自動車ジャーナリストの渡辺慎太郎は、“SLK風味”が濃いアメ車に乗って、あることに気が付いた。


  • クライスラー・クロスファイアロードスター(5AT)【試乗記】 2005.1.24 試乗記 クライスラー・クロスファイアロードスター(5AT)
    ……540万7500円

    クライスラーとメルセデスの合作オープン2シーター「クロスファイアロードスター」。「メルセデスベンツSLK」が新世代となる中、先代「SLK」のコンポーネンツを使ったこのクルマの走りはどうなのか? webCG本諏訪裕幸が乗った。


  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • 第45回:スターの幸福感 2017.6.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第45回は「スターの幸福感」。“巨乳”の「フェラーリ458イタリア」を手放し、“ステキなCカップ”「フェラーリ328GTS」を手に入れた筆者。新入りの赤いフェラーリがもたらしたヨロコビとは? 
ホームへ戻る