「スバル・フォレスター」にローダウンされた「クロススポーツ」追加

2005.06.27 自動車ニュース

「スバル・フォレスター」にローダウンされた「クロススポーツ」追加

富士重工業は、SUV「スバル・フォレスター」に、新グレード「クロススポーツ」を設定。2005年6月24日に発売した。

「フォレスター クロススポーツ」は、専用フロントバンパー&グリルや専用17インチアルミホイール、ルーフスポイラー、UVカット機能付濃色ガラスなどを装備、スポーティさを強調したモデル。

グレードは主にエンジンの違いによる2種で、「2.0i」と「2.0T」。「2.0i」には140psを発生する2リッターSOHCボクサーエンジンが、「2.0T」には220psの2リッターDOHCボクサーエンジン+ターボが搭載される。トランスミッションは、ともに電子制御式4ATが組み合わされるが、「2.0T」では5MTを選択することができる。
足まわりには専用のローダウンサスペンションを採用し、最低地上高を30mm下げ低重心化を図るとともに、全高は1550mmに抑えられ、立体駐車場の利用にも配慮している。

ボディカラーは、専用のアクアブルー・メタリックを含む全6色を用意。価格は同エンジンを積む従来モデルより約10〜20万円高となる。

●フォレスター・クロススポーツ
「2.0i」:218.4万円
「2.0T」:252.0万円(5MT)/262.5万円(4AT)

(webCG 山下)

スバル:
http://www.subaru.co.jp/

「スバル・フォレスター」にローダウンされた「クロススポーツ」追加の画像

関連キーワード:
フォレスタースバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第494回:新型「スバル・フォレスター」がデビュー!
    ニューヨークショーで見た、率直な感想は?
    2018.4.7 エディターから一言 ニューヨーク国際自動車ショーで、いよいよ世界初公開された新型「スバル・フォレスター」。日米問わず根強いファンを持つスバルの最量販モデルは、果たしてどのような進化を遂げたのか? モーターショーの会場から“ファーストインプレッション”をお届けする。
  • 【ニューヨークショー2018】スバル、新型フォレスターを世界初公開 2018.3.29 自動車ニュース スバルは2018年3月28日(現地時間)、ニューヨーク国際自動車ショーで新型「フォレスター」を世界初公開した。アメリカ市場では2018年秋に発売され、以後、各国でデリバリーされる見通し。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • トヨタ86 GR(FR/6MT)【試乗記】 2018.4.5 試乗記 モータースポーツで培ったノウハウを生かし、足まわりやシャシーに特別なチューニングが施された「トヨタ86 GR」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、このモデルならではの“ピュアな味”に驚かされることになった。
ホームへ戻る