「スバル・フォレスター」にローダウンされた「クロススポーツ」追加

2005.06.27 自動車ニュース

「スバル・フォレスター」にローダウンされた「クロススポーツ」追加

富士重工業は、SUV「スバル・フォレスター」に、新グレード「クロススポーツ」を設定。2005年6月24日に発売した。

「フォレスター クロススポーツ」は、専用フロントバンパー&グリルや専用17インチアルミホイール、ルーフスポイラー、UVカット機能付濃色ガラスなどを装備、スポーティさを強調したモデル。

グレードは主にエンジンの違いによる2種で、「2.0i」と「2.0T」。「2.0i」には140psを発生する2リッターSOHCボクサーエンジンが、「2.0T」には220psの2リッターDOHCボクサーエンジン+ターボが搭載される。トランスミッションは、ともに電子制御式4ATが組み合わされるが、「2.0T」では5MTを選択することができる。
足まわりには専用のローダウンサスペンションを採用し、最低地上高を30mm下げ低重心化を図るとともに、全高は1550mmに抑えられ、立体駐車場の利用にも配慮している。

ボディカラーは、専用のアクアブルー・メタリックを含む全6色を用意。価格は同エンジンを積む従来モデルより約10〜20万円高となる。

●フォレスター・クロススポーツ
「2.0i」:218.4万円
「2.0T」:252.0万円(5MT)/262.5万円(4AT)

(webCG 山下)

スバル:
http://www.subaru.co.jp/

「スバル・フォレスター」にローダウンされた「クロススポーツ」追加の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォレスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.8 試乗記 スバルの多人数乗用モデルである「エクシーガ」が、SUVテイストの仕立てと「クロスオーバー7」の車名を得て“再”登場。ラインナップ戦略に見るその狙いと、実際のプロダクトの仕上がりをチェックする。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • スバルの7シーター「クロスオーバー7」にレジャーで役立つ特別仕様車 2017.3.13 自動車ニュース スバルが「クロスオーバー7」の外装色を変更。同時に特別仕様車「X-BREAK」を設定した。ダッシュボードの装飾パネルやサイドクラッディングなどでデコレートされた内外装が特徴で、はっ水シートやリバーシブルカーゴフロアボードなどが装備される。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る