「マツダスピード・アテンザ」(ようやく)先行予約開始!

2005.06.24 自動車ニュース

「マツダスピード・アテンザ」(ようやく)先行予約開始!

マツダは、「アテンザ」の高性能バージョン「マツダスピード・アテンザ」の先行予約受付を、2005年6月23日から開始した。発売は8月下旬の予定という。

昨2004年のパリサロンでお披露目された「Mazda6 MPS」、日本名「マツダスピード・アテンザ」。世界各国で販売されるマツダのトップモデルは、春頃といわれていたリリース時期を少し遅らせ、夏から日本で販売される。


ブラック&ホワイトのツートーンレザー仕様は、先行予約期間中にオーダーできるオプション

心臓となるのは、272ps、38.7kgmのアウトプットを誇る新開発2.3リッター直噴ガソリンターボ「MZR 2.3 DISI TURBO」。これに6段MTを組み合わせ、電子制御アクティブトルクコントロールカップリング4WDシステムを介し四輪を駆動する。

環境性能もアピールポイントのひとつ。平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)認定、平成22年度燃費基準+5%クリアで、購入時に自動車取得税の軽減措置を受けることができる。

予約期間は6月23日から8月21日まで。特典として「マツダスピード・アテンザ」オリジナル本革製車検証入れがプレゼントされ、また期間限定のブラック&ホワイトのツートーンレザー仕様がオプションで選べる。
気になる価格は、302.4万円だ。

(webCG 有吉)


マツダ「マツダスピード・アテンザ」:
http://www.atenza.mazda.co.jp/mazdaspeed/reserve.html

関連キーワード:
アテンザセダンマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)/アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.1.16 試乗記 「マツダ・アテンザ」が「CX-5」とともに大規模なマイナーチェンジを受けて完成度を一段と高めた。2.2リッターディーゼルエンジンを搭載するセダンとワゴンのステアリングを握り、デビューから2年を経たフラッグシップモデルの“進化論”を検証した。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • 第54回:光り輝く激安BMW 2017.8.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第54回は「光り輝く激安BMW」。次なる“牛丼車”として「BMW 320d」を選んだ筆者。だが、唯一気がかりなことが……。中古車買うならココを見ろ! 46台クルマを買ってきたカーマニアの勘がさえる。
ホームへ戻る