「マツダ・アテンザ」マイナーチェンジ

2005.06.24 自動車ニュース

「マツダ・アテンザ」マイナーチェンジ

マツダは、ミドルクラスのセダン/ハッチ/ワゴン「アテンザ」をマイナーチェンジし、2005年6月23日に発売した。

トランスミッションの多段化、グレード体系の見直し、内外装のリフレッシュなどが主な変更点だ。
新たに加わった「23EX」は、サンドベージュレザー仕上げのインテリアや、オートクルーズを標準装備するなどしたラクシュリーグレード。他にも「Sport」(5ドア)および「Sport Wagon」(ステーションワゴン)に「20C」が、「Sedan」(4ドア)に「20E」が設定された。

エクステリアはフロントグリル、前後バンパーなどの形状変更を受け、インテリアはセンターパネルのデザインを一新。トランスミッションは、いままで4WDのみにあった電子制御5段AT(アクティブマチック)を全車に付与するとともに、MTモデルは従来の5段から6段となった。
装備面では、テレスコピックステアリングを全車に標準、8ウェイパワーシートを装備(「23EX」「23Z」「20E」に標準)するなどし、快適性の向上を図った。
価格は193.2万円から264.6万円まで。

(webCG 山下)


マツダ:
http://www.mazda.co.jp/

 
「マツダ・アテンザ」マイナーチェンジの画像


 
「マツダ・アテンザ」マイナーチェンジの画像

「23EX」サンドベージュレザー仕上げの内装
 

	「23EX」サンドベージュレザー仕上げの内装
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アテンザセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る