「マツダ・アテンザ」マイナーチェンジ

2005.06.24 自動車ニュース

「マツダ・アテンザ」マイナーチェンジ

マツダは、ミドルクラスのセダン/ハッチ/ワゴン「アテンザ」をマイナーチェンジし、2005年6月23日に発売した。

トランスミッションの多段化、グレード体系の見直し、内外装のリフレッシュなどが主な変更点だ。
新たに加わった「23EX」は、サンドベージュレザー仕上げのインテリアや、オートクルーズを標準装備するなどしたラクシュリーグレード。他にも「Sport」(5ドア)および「Sport Wagon」(ステーションワゴン)に「20C」が、「Sedan」(4ドア)に「20E」が設定された。

エクステリアはフロントグリル、前後バンパーなどの形状変更を受け、インテリアはセンターパネルのデザインを一新。トランスミッションは、いままで4WDのみにあった電子制御5段AT(アクティブマチック)を全車に付与するとともに、MTモデルは従来の5段から6段となった。
装備面では、テレスコピックステアリングを全車に標準、8ウェイパワーシートを装備(「23EX」「23Z」「20E」に標準)するなどし、快適性の向上を図った。
価格は193.2万円から264.6万円まで。

(webCG 山下)


マツダ:
http://www.mazda.co.jp/

 
「マツダ・アテンザ」マイナーチェンジの画像


 
「マツダ・アテンザ」マイナーチェンジの画像

「23EX」サンドベージュレザー仕上げの内装
 

	「23EX」サンドベージュレザー仕上げの内装
	 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
  • マツダ・アテンザセダンXD(FF/6MT)【試乗記】 2013.3.26 試乗記 マツダ・アテンザセダンXD(FF/6MT)
    ……326万2250円

    すでに高い人気を博している新型「マツダ・アテンザ」。今回は多彩なラインナップの中でも、ツウをうならせるマニアックなディーゼル×6段MT仕様に試乗。最新鋭のディーゼルエンジンを「手こぎ」で堪能した。
ホームへ戻る