「マツダ・アテンザ」マイナーチェンジ

2005.06.24 自動車ニュース

「マツダ・アテンザ」マイナーチェンジ

マツダは、ミドルクラスのセダン/ハッチ/ワゴン「アテンザ」をマイナーチェンジし、2005年6月23日に発売した。

トランスミッションの多段化、グレード体系の見直し、内外装のリフレッシュなどが主な変更点だ。
新たに加わった「23EX」は、サンドベージュレザー仕上げのインテリアや、オートクルーズを標準装備するなどしたラクシュリーグレード。他にも「Sport」(5ドア)および「Sport Wagon」(ステーションワゴン)に「20C」が、「Sedan」(4ドア)に「20E」が設定された。

エクステリアはフロントグリル、前後バンパーなどの形状変更を受け、インテリアはセンターパネルのデザインを一新。トランスミッションは、いままで4WDのみにあった電子制御5段AT(アクティブマチック)を全車に付与するとともに、MTモデルは従来の5段から6段となった。
装備面では、テレスコピックステアリングを全車に標準、8ウェイパワーシートを装備(「23EX」「23Z」「20E」に標準)するなどし、快適性の向上を図った。
価格は193.2万円から264.6万円まで。

(webCG 山下)


マツダ:
http://www.mazda.co.jp/

 
「マツダ・アテンザ」マイナーチェンジの画像


 
「マツダ・アテンザ」マイナーチェンジの画像

「23EX」サンドベージュレザー仕上げの内装
 

	「23EX」サンドベージュレザー仕上げの内装
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アテンザセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2015.3.12 試乗記 デビューから2年を経て大幅な改良を受けた「マツダ・アテンザ」。新グレードの「XDプロアクティブ」に試乗し、その進化の度合いを確かめた。
  • マツダ・アテンザワゴン25S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2013.3.22 試乗記 マツダ・アテンザワゴン25S Lパッケージ(FF/6AT)
    ……308万4000円

    話題も人気も沸騰中の新型「マツダ・アテンザ」。今回は販売の主役であるディーゼルエンジン搭載車ではなく、あえて2.5リッターのガソリンエンジン車に試乗。あらためて、その真価を確かめた。
  • マツダ、軽自動車の「フレア」をモデルチェンジ 2017.2.23 自動車ニュース マツダは2017年2月23日、軽自動車の「フレア」を全面改良して発表した。発売は3月2日。“兄弟車”の「スズキ・ワゴンR」と足並みをそろえ、定番スタイルの「HYBRID XG」と、スタイリッシュな「HYBRID XS」の2機種を設定した。
ホームへ戻る