【スペック】1.5A-S:全長×全幅×全高=3925×1695×1530mm/ホイールベース=2370mm/車重=1040kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC 16バルブ(109ps/6000rpm、14.4kgm/4200rpm)/価格=161万7000円(テスト車=204万6450円/VSC+TRC+盗難防止システム=7万8750円/前席カーテンシールドエアバッグ=6万3000円/G-BOOK対応カードボイスナビゲーション付きワイドマルチAVステーションII=28万7700円)

トヨタ・イスト1.5A-S(FF/4AT)/1.3F“Lエディション”(FF/4AT)【試乗記】

身軽に走れるコンパクト 2005.06.23 試乗記 トヨタ・イスト1.5A-S(FF/4AT)/1.3F“Lエディション”(FF/4AT)……204万6450円万円/148万7850円万円ユニークな外観をもつトヨタのコンパクトハッチ「イスト」。マイナーチェンジして外観を“ちょっと変えた”新型に、自動車ジャーナリストの笹目二朗が乗った。
1.5A-Sのインパネ

1.5A-Sのインパネ
1.5A-Sの内装

1.5A-Sの内装

アルミパーツで軽量ボディ

イストがマイナーチェンジされ“ほんの少し”変わった。ランプ類、グリル、バンパーなどのデザインを微妙に変更し、基本形はそのまま。1.3リッターモデルに「A」(4WDは1.5リッター)、1.5リッターには「A-S」という、スポーティネスを強調したグレードが新しく追加された。

イストは数あるトヨタ車のなかでもユニークな存在だ。4ドアハッチバックではあるが、すこし背が高めの車体に大径タイヤを装着することなどからSUVっぽくも見えるし、欧州製ハッチバックとも違う不思議な雰囲気をもっている。
構造面では、サスペンションアームといったパーツにアルミを多用したボディにより、1.3リッターモデルで1020kg(ナビ付きは10kgプラス)しかない軽さは魅力である。パワーユニットは従来と同じ、1.3リッター直4と1.5リッター直4の2種類、トランスミッションは4段ATのみとなる。

【スペック】
1.3F“Lエディション”:全長×全幅×全高=3925×1695×1530mm/ホイールベース=2370mm/車重=1020kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4DOHC 16バルブ(87ps/6000rpm、12.3kgm/4400rpm)/価格=138万6000円(テスト車=148万7850円/ワイドマルチAVステーションII=10万1850円)

【スペック】1.3F“Lエディション”:全長×全幅×全高=3925×1695×1530mm/ホイールベース=2370mm/車重=1020kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4DOHC 16バルブ(87ps/6000rpm、12.3kgm/4400rpm)/価格=138万6000円(テスト車=148万7850円/ワイドマルチAVステーションII=10万1850円)
1.3F“Lエディション”のエンジン

1.3F“Lエディション”のエンジン


トヨタ・イスト1.5A-S(FF/4AT)/1.3F“Lエディション”(FF/4AT)【試乗記】の画像

お勧めは1.3リッター

結論からいうと、クルマの性格からしてギンギン走る用途に向くとも思えず、持ち前の軽さを生かして身軽に走りまわれるから1.3リッターモデルがお勧めだ。十分に速く、そのうえ価格が1割以上安い、燃費も当然イイ、といいことずくめである。
1.5リッターモデルはFFと4WDでチューンが異なり、パワー/トルクは、それぞれ109ps/14.4kgm と105ps/14.1kgm。1.3リッターはFFのみで87ps/12.3kgmとなる。重量差はエンジン違いで10kgしかないが、4WDは80kgも重くなってしまうから、1.5リッターのみの設定となったのだろう。

1.5、1.3リッターのいずれにも試乗したが、数字ほど車重とパワー差を体感するほどではない。ボア/ストロークをみると排気量差はストロークによるもので、1.5の75×84.7mmに対し、1.3リッターは75×73.5mmとショートストローク型だ。コンロッドが長い分ピストンの首振りは少なく、スムーズで音も静かになる。そうした意味でも1.3はお勧めである。ATのギア比は1.3のほうが若干ワイドで、ファイナルを低くし、動力性能と燃費を両立してある。

最近のトヨタ車はサイドブレーキに足踏み式を採用している例が多い。それ自体は力の点でしっかり作動させられてよいが、リリース方式に同じペダルを2度踏んで解除するタイプが採用されている。これは緊急時に反復作動させるのに適さず、不安で馴染めない構造となっているが、幸いかなこのイストは昔ながらの使いなれたレバー式。トヨタ車のなかから小型車を選ぶ場合、これだけの理由でイストを指名する人も多いという。

(文=笹目二朗/写真=荒川正幸/2005年6月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを発表 2017.3.7 自動車ニュース レクサスがジュネーブショーで新型「LS」のハイブリッドモデル「LS500h」を発表。パワープラントには3.5リッターV6エンジンと、2基のモーターに有段変速機構を組み合わせた「マルチステージハイブリッドシステム」を採用している。
ホームへ戻る