【スペック】B4 2.0GT:全長×全幅×全高=4635×1730×1425mm/ホイールベース=2670mm/車重=1450kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4DOHC16バルブ(260ps/6000rpm、35.0kgm/2400rpm)/価格=286万6500円(テスト車=343万3500円/マッキントッシュサウンドシステム/クリアビューパック/ビルトインHDDナビゲーションシステム/濃色ガラス=56万7000円)

レガシィ・ツーリングワゴン3.0R spec.B/B4 2.0GT/アウトバック2.5i【試乗記】

完成形でも成長する 2005.06.22 試乗記 レガシィ・ツーリングワゴン3.0R spec.B(5AT)/B4 2.0GT(5AT)/アウトバック2.5i(5AT)……395万3250円 /343万3500円 /330万2250円 「スバル・レガシィ」シリーズがマイナーチェンジを受けた。変更点は、サスペンションやATの改良が中心で、実質的なもの。「ツーリングワゴン」「B4」「アウトバック」の3台にNAVI編集委員鈴木真人が乗った。
B4 2.0GTの内装

レガシィ・ツーリングワゴン3.0R spec.B/B4 2.0GT/アウトバック2.5i【短評】


レガシィ・ツーリングワゴン3.0R spec.B/B4 2.0GT/アウトバック2.5i【短評】

レガシィの成熟

のっけからこんなことを言ってはいけないのだが、短い試乗では今回のマイナーチェンジでの改良点をそれほど感じることはできなかった。これは、決して悪い意味ではない。今さらのように「いいクルマだなあ」と思ったのだ。なにしろ、2003年に4代目となった時点で「水平対向エンジン+4WD」というオリジナルな機構を貫いてきた「レガシィ」は、ある意味完成形となっているのだ。つまり、もとがいい。もちろん様々な小改良は施されているものの、改めてレガシィの成熟を噛みしめることとなった。

スバルらしく、派手さやけれんみのないチェンジなのだ。ボディ色の追加や、ナビゲーションシステムの新たな設定などの細かな変更もあるが、主な改良点はサスペンションの設定の変更と、3リッターAT車の変速タイミング制御の改良で、地味だが実質的なものである。また、ツーリングワゴン、B4の「3.0R spec.B」に5AT車を、「2.0i」に5MT車を新たに設定した。

【スペック】
ツーリングワゴン3.0R spec.B:全長×全幅×全高=4680×1730×1475mm/ホイールベース=2670mm/車重=1530kg/駆動方式=4WD/3リッター水平対向6DOHC24バルブ(250ps/6600rpm、31.0kgm/4200rpm)/価格=330万7500円(テスト車=395万3250円/VDC/クルーズコントロール/マッキントッシュサウンドシステム/クリアビューパック/サイド&カーテンエアバッグ/ビルトインHDDナビゲーションシステム/濃色ガラス=64万45750円)

レガシィ・ツーリングワゴン3.0R spec.B/B4 2.0GT/アウトバック2.5i【短評】


レガシィ・ツーリングワゴン3.0R spec.B/B4 2.0GT/アウトバック2.5i【短評】

星の数よりコーナリング

はじめに乗ったのは、6気筒モデルの「ツーリングワゴン3.0R spec.B」。キーをひねって久しぶりに「エレクトロルミネセントメーター」が順次点灯する様を眺める。ドライバーを喜ばせる演出だ。インストゥルメントパネルの造形や質感は、デビューから2年を経ても堂々としたもので、4代目となってこのあたりのクォリティが大幅に向上したのだったことを思い出す。「洗練」という言葉を躊躇なく使えるようになったのだ。

もちろん、アイドリングで排気干渉による「ドコドコ音」が聞こえてくることはない。「等長等爆エグゾーストシステム」の採用によって「ボクサーサウンド」が消えたことを惜しむ声が、当初は特にレガシィファンの間から漏れたものだった。しかし、しばらくたつとそういった意見は少なくなって、素直に静かでスムーズなフィールが歓迎されるようになったのだそうだ。

走り出すと、やはり重心の低さをはっきりと感じる。そこにこそ限りボクサーエンジンを採用し続ける意義があるわけだが、その代わりに排ガスの面ではどうしても不利になる。触媒の温度を上げるのは、取り回し上どうしても困難なのだ。星の数を犠牲にして得られたコーナリングでの気持ちよさを堪能する。記憶の中では、以前はもう少し乗り心地が硬かったのだが、これがサスペンションの仕様変更の恩恵なのだろうか。ATの変速の滑らかさも、好印象である。

B4 2.0GTのエンジン

レガシィ・ツーリングワゴン3.0R spec.B/B4 2.0GT/アウトバック2.5i【短評】
【スペック】
アウトバック2.5i:全長×全幅×全高=4730×1770×1545mm/ホイールベース=2670mm/車重=1420kg/駆動方式=4WD/2.5リッター水平対向4SOHC16バルブ(165ps/5600rpm、23.0kgm/4400rpm)/価格=267万7500円(テスト車=330万2250/マッキントッシュサウンドシステム/クリアビューパック/ビルトインHDDナビゲーションシステム/濃色ガラス/アイボリーレザーセレクション=62万4750円)

レガシィ・ツーリングワゴン3.0R spec.B/B4 2.0GT/アウトバック2.5i【短評】


レガシィ・ツーリングワゴン3.0R spec.B/B4 2.0GT/アウトバック2.5i【短評】

愛嬌の「アウトバック」

次に乗ったのは、「B4」の「2.0GT」で、2リッターDOHCエンジンを搭載するモデルだ。発進して一瞬もたついた後に、エンジン回転がすうっと上昇して唐突にスピードがついてくる感覚を懐かしく味わった。試乗会に来る前に寄ったガソリンスタンドで、レガシィファンの従業員に声をかけたのを思い出した。試乗会に行くんだけど何か伝えたいことある? と聞いたら、即座に「低速トルクなんとかして」と返ってきたのだ。今回はエンジンにはほとんど変更はないそうで、残念ながら彼の願いが叶うのは次の機会になる。

「アウトバック」は、2.5リッターエンジンの「2.5i」に乗った。SUV的な性格を持たせた「クロスオーバービークル」たるこのモデルは、半年ほど遅れて投入されたのだが、そのときにワゴン/セダンよりもむしろ好感を持ったものだ。あまりにも理詰めなクルマよりも、愛嬌を感じさせるほうがホッとするのである。その印象は今回も同様で、ちょっとした荒れ地にも迷いなく入っていけて荷室も広いアウトバックは、「一般的なユーザー」にはいちばん魅力的なのだと思う。

そんなわけで、派手で明瞭な改良点を報告することはできない。前回のマイナーチェンジでも、一見してわかる引きの強い変更は行われなかったわけで、相変わらずスバルは大向こうをうならせるよりも実質を重視しているようだ。
販売戦略的にはもう少し欲を出してもいいような気もするが、レガシィはこういう姿勢を支持するユーザーによって支えられてきたのだ。全世界での累計生産が300万台を突破したそうで、作り手も乗り手もクルマ好きという関係が発展してきたことを素直に寿ぎたい。

(文=鈴木真人/写真=岡田茂/2005年6月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • スバル、新型「インプレッサG4/スポーツ」を発表 2016.10.13 自動車ニュース スバルが5代目となる新型「インプレッサ」を発表した。同車はスバル次世代製品群の第1弾に位置づけられているモデルで、新世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」により、高い安全性能と動的・静的質感を実現しているという。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」にコネクティビティーを強化した特別仕様車 2016.11.29 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月29日、ハッチバックの「ゴルフ」と、ステーションワゴンの「ゴルフヴァリアント」に特別仕様車「ゴルフ コネクト」「ゴルフ ヴァリアント コネクト」を設定し、販売を開始した。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
ホームへ戻る