ルノー・クリオがフルモデルチェンジ、第3世代へ

2005.06.20 自動車ニュース

ルノー・クリオがフルモデルチェンジ、第3世代へ

仏ルノーは2005年6月16日、第3世代へと移行する「ルノー・クリオIII」(日本名ルーテシア)を、フランス本国で発表した。


ボディ形状は3ドアと5ドアの2種。

コンパクトカーのラインアップ一新を図る仏ルノーは、クリオをフルモデルチェンジ。第3世代となる「クリオIII」は、ドライビングプレジャーに力を入れたモデルであるとしている。エクステリアは、やわらかくソフトな曲線を描いたものに、インテリアは暖かみのあるデザインとなった。

全長は3990mmと、180mm拡大された。パワーユニットは、1.2から1.6リッターの3種のガソリンエンジンに加え、1.5リッターのディーゼルエンジンが用意される。また、ステアリングホイール裏のパドルで変速可能なセミATも、オプションで選択可能となる。

日本への導入時期など、詳細は明かされていない。

(webCG 山下)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(前編)【試乗記】 2016.10.10 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。試乗記の前編ではトゥインゴにスポットライトを当て、その実力を浮き彫りにする。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る