アウディの6代目「A6アバント」発売――「スポーティ・エレガント」な高級ワゴン

2005.06.20 自動車ニュース

アウディの6代目「A6アバント」発売――「スポーティ・エレガント」な高級ワゴン

アウディ・ジャパンは、アウディのアッパーミドルクラス「A6」のステーションワゴン版「A6アバント」をフルモデルチェンジし、2005年6月20日に発売した。

■「スポーティ・エレガント」

「プレミアムセグメントにおけるベンチマークとなる、スポーティでスタイリッシュなエステートワゴン」(プレスリリース)である「アウディA6アバント」。昨2004年9月に一新されたセダン「A6」に続いて、「スポーティ・エレガント」を謳う6代目へと進化、強豪ひしめく日本の高級車市場に登場した。

近年のフォーリングスではお馴染みとなった“大口”フロントマスク(アウディいうところの「台形シングルフレームグリル」)、流れるようなルーフラインがエクステリアの特徴。
ボディは先代比で全長130mm、全幅45mm、ホイールベースで80mmそれぞれ拡大した。全長×全幅×全高=4935×1855×1475mm、ホイールベース=2845mmというディメンションだ。ボディ剛性は先代から34%、ねじれ剛性は25%以上向上したという。

わが国でのラインナップは3車種。177psの2.4リッターV6+CVT「マルチトロニック」搭載のFFモデル「2.4」(586.0万円)、255psを発生する3.2リッター直噴「FSI」+6段ティプトロニックのクワトロ(4WD)仕様「3.2 FSIクワトロ」(726.0万円)、そして335psの4.2リッターV8+6段ティプトロのクワトロ「4.2クワトロ」(941.0万円)となる。

サスペンションは、前4リンク、後トラペゾイダルリンクを採用。電子制御で常にダンピングを制御する新開発エアサス「アダプティブ・エアサスペンション」は、最上級4.2クワトロに標準、3.2 FSIクワトロにオプション設定する。

110リッター分広くなったラゲッジスペースは通常565リッター、最大で1660リッター。使い勝手の向上を図るべく、「フィックスキット」なる装備が与えられたのがポイントだ。左右のレールと伸縮式ロッド、ストラップを組み合わせることで、荷物や用途にあわせ荷室を作り出すことができるという。

またユーザーインターフェイスである「MMI(マルチメディアインターフェイス)」を全車に標準装備した。

(webCG 有吉)

アウディ・ジャパン:
http://www.audi.co.jp/

 
アウディの6代目「A6アバント」発売――「スポーティ・エレガント」な高級ワゴンの画像

「MMI(マルチメディアインターフェイス)」は全車標準。シフトノブ下のダイヤル&ボタンで操作する。
 

	「MMI(マルチメディアインターフェイス)」は全車標準。シフトノブ下のダイヤル&ボタンで操作する。
	 

左右のレールと伸縮式ロッド、ストラップでスペースを都合よく仕切れる「フィックスキット」を採用、ワゴンとしての実用性も向上。
 

	左右のレールと伸縮式ロッド、ストラップでスペースを都合よく仕切れる「フィックスキット」を採用、ワゴンとしての実用性も向上。
	 


 
アウディの6代目「A6アバント」発売――「スポーティ・エレガント」な高級ワゴンの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A6の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • 新型「アウディA5」、3種のボディーで同時デビュー 2017.4.4 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年4月4日、フルモデルチェンジして2代目となった「アウディA5」シリーズと、その高性能モデル「S5」シリーズを発表。同日、受注を開始した。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
ホームへ戻る