【スペック】全長×全幅×全高=4665×1870×1705mm/ホイールベース=2820mm/車重=2080kg/駆動方式=4WD/3リッター直6DOHC2バルブ(231ps/5900rpm、30.6kgm/3500rpm)/車両本体価格=645.0万円(テスト車=742.0万円/メタリックペイント+サンルーフ+車距離モニター+本革内装)

BMW X5 3.0i(5AT)【試乗記】

『オンのクルマ』 2001.05.03 試乗記 BMW X5 3.0i(5AT)……742.0万円 SUV(Sports Utility Vehicle)はスポーツをしにいくためのクルマだが、BMW X5は、スポーツするクルマだ、と言いたいのだろう。ビーエムは、X5をしてSAV(Sports Activity Vehicle)と呼ぶ。オフロードコースを含む、静岡県は伊豆で開催されたX5 3リッターモデルのプレス向け試乗会に、webCG記者が参加した。


3リッターストレート6には、5段ATが組み合わされる。シーケンシャルシフトが可能なステップトロニック付きだ。

オンもオフも

BMWとローバーグループの結婚は破綻して、ビーエム傘下のランドローバーは死して「HDC」を残した。いや、死んではいません。フォードのもとへ嫁いでいきました。

HDC(ヒル・ディセント・コントロール)とは、急な下り坂でスイッチを入れれば、ドライバーがブレーキを踏まずとも、クルマが自動的にABSを効かせて、速度を5から10km/hに保ってくれるシステムのことである。ランドローバー・ディスカバリー、同フリーランダー、そして親会社(当時)たるBMW初のSUV、X5に搭載された。

X5 V8モデルの試乗会をサーキットで開催して、SUVならぬSAV(Sports Activity Vehicle)ぶりをアピールしたバイエルンの自動車メーカーが、今度はやや遅れて導入された3リッター直6ユニット搭載のX5 3.0iを、オフロードコースを備えた静岡県は伊豆の「モビリティパーク」で披露した。
4輪独立懸架によるオンロードでの乗り心地のみならず、各輪のブレーキを個別に制御してデフロックの代わりとするADB-X(オートマチック・ディファレンシャル・ブレーキ)、その上位機能たるアンチスピンデバイスDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)、そしてHDCなどによる、未舗装路での走破性をも見てもらおうというわけだ。



文句無く広いX5のリアシート。リアゲートまわりは、レンジローバーを彷彿とさせる。テイルゲートは、200kgまでの重さに耐える。リアウィンドウだけ開けることも可能だ。

コワいものはない

試乗会当日は雨だった。ぬかるんでいる。コース脇で撮影していた難波カメラマンがX5助手席側のドアを開けて、「乗っちゃっていいですかねぇ」と聞く。X5のV8版4.4iより190.0万円安いとはいえ、車両本体価格645.0万円のクルマに、ドロだらけの靴で乗るのがしのびないと思ったのだろう。

X5の魅力は、たくましい外観とはうらはらに、いったん運転席に座ると、視点の高さ以外はビーエムのサルーンとまるで変わらないところである。「クロカン」より「乗用車」がはるかに勝っている。セダンと同意匠のインパネまわり、ふんだんに使った革とウッドパネルの、有無を言わさぬ贅沢さ。シュアなハンドリングとフラットな乗り心地といったドライブフィールも、ドロ臭さと無縁のものだ。

とはいえ、今日は“泥の日”である。「HDC」と書かれた看板の前で停まると、センターコンソール最下段、ATシフター奥のボタンを押して、「ままよ」と逆落としの坂に挑むと、アラ不思議。ドライバーはステアリングホイールを握っているだけなのに、ガッガッガッとABSが作動して、X5はなんなく下る。HDCは、スロットルペダルを踏むといったん解除され、48km/h以下になると再び作動する「スタンバイモード」に入るから、HDCがオンであることを表すLEDが点いているかぎり、この日のオフロード初心者、つまりwebCG記者にコワイものはないのであった。

2001年1月13日から予約注文を開始したBMW X5 3.0i。センターデフをもち、通常は、前:後=38:64に駆動力を配分するフルタイム4WDモデルである。

別れてシアワセ

X5 3.0iの3リッターストレート6は、吸排気両方のバルブタイミングを無段階にコントロールするダブルVANOSを備え、3ボックスモデルと同じ231ps/5900rpmの最高出力、30.6kgm/3500rpmの最大トルクを発生する。
モビリティパークを後にして、伊豆スカイラインを行くと、できのいい5段ATと合わせ、「X5は、やはり“オン”のクルマだなぁ」と思う。スニーカーより革靴、フリースよりスーツ、そしてバックパックよりアタッシェケースが似合う感じだ。

思い出すのは、先日乗ったフリーランダーである。シティオフローダー調のスタイリング、ローバー75ゆずりの「2.5リッターV6+5AT」というドライブトレイン、そしてフルインディペンデントの足まわりをもちながら、どこか前後リジッドの、“オフ”の味を残した小型SUV。

BMWとローバーグループは、いうなればシティ派とカントリー派が補完しあって、いい関係を築くはずだったが、まあ、別れた方がお互いシアワセだったようだ。フォードの旦那の胸に抱かれたランドローバーは、もはやビーエムの夢は見ないし、「HDC」で業績の下り急勾配をうまくコントロールしたバイエルンのやさ男に、田舎娘への未練はない。

(文=webCG青木禎之/写真=難波ケンジ/2001年5月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

X5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW X5とBMW X6の安全装備が充実 2016.3.11 自動車ニュース BMWジャパンは2016年3月10日、安全装備を追加した「BMW X5」および「BMW X6」の販売を開始した。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • BMW X5 xDrive40e(4WD/8AT)【レビュー】 2015.12.18 試乗記 魅力は環境性能だけにあらず? BMWの大型SUV「X5」に、プラグインハイブリッド車(PHEV)の「xDrive40e」が登場。2リッター直4ターボエンジンと、8段AT内に組み込まれたモーターが織り成す走りを、日本屈指のワインディングロードである箱根のターンパイクで試した。
  • BMW X5 xDrive35d xLine(4WD/8AT)【試乗記】 2014.3.11 試乗記 直6ディーゼルターボを搭載した「BMW X5」に試乗。モダンなパフォーマンスとクラシックなフィーリングを併せ持つ、その魅力に触れた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
ホームへ戻る