【スペック】20RS:全長×全幅×全高=4690×1695×1840mm/ホイールベース=2860mm/車重=1610kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC 16バルブ(137ps/5200rpm、20.4kgm/4400rpm)/価格=212万1000円(テスト車=322万5800円)

日産セレナ20RS(FF)/20RX(FF)【試乗速報】

全部王道 2005.06.17 試乗記 日産セレナ20RS(FF)/20RX(FF)……322万5800円/312万7950円各社があの手この手で特色を出そうとするミニバン。フルモデルチェンジした「日産セレナ」は、箱型ミニバンとして正常進化しながら……。
インテリアは「20S」のもの。新しいセレナは、写真(最上)の「20RS/20RX」と、コンサヴァティブな「20S/20G」、2つの顔が用意される。

【20RS:テスト車のオプション】
キセノンヘッドランプ=6万3000円/プラズマクラスターイオンエアコン=4万4100円/らくらくパック+リモコンオートバックドア+バックドアオートクロージャー=30万4500円/わいわいパック=3万6750円/カーウイングスナビゲーション(DVD)+ツインモニターシステム+MD・CD一体AM/FMチューナーオーディオ+ETCビルトインユニット+バック&サイドブラインドモニター+ステアリングスイッチ=47万6700円/前席SRSカーテンエアバッグ=3万6750円/16インチアルミホイール=8万4000円/フロア&ラゲッジカーペット=5万9000円

イイ意味で裏切られた

5ナンバー枠をイッパイに使ったボクシーなスタイルを持つニュー・セレナは、商用貨車の乗用版たるミニバンの王道を行く正常進化を遂げた。外観から、リポーターはコーナリングでグラっとロールしたり、思い通りに曲がらなかったりの、いわゆるミニバンライクな乗り味を想像していたのだが、今度のセレナは、ちょっと違った。

試乗会当日はあいにくの大雨、屋根の下でインテリアを撮影すべく駐車場でUターンを試みて「アレ?」と思った。従来の箱形ミニバン、以前のセレナや先代「ホンダ・ステップワゴン」、または「トヨタ・ノア/ヴォクシー」とは明らかに違う安定感に、外観から想像されるイメージがイイ意味で裏切られたのである。
運転感覚(?)が普通。せいぜい“ちょっと背が高いハッチバック”並みに感じられたのだ。

新型セレナは、「ラフェスタ」と同様、「ルノー・メガーヌ」と同じCプラットフォームを採用。ボディサイズは全長×全幅×全高=4650(+60)×1695(+-0)×1840(+15)mm、ホイールベース=2860mm(+165)。大きく背が高く、つまり不安定になりがちなんだけど……。
エンジンはラフェスタ譲りの2リッター直4、トランスミッションはCVTのみとし、価格は210万円から266万7000円まで。FFのほかに、スタンバイ式の4WDも設定される。試乗したのは、フロントグリルで個性を出した「20RS」と「20RX」、FFの2台だった。



2列目を大人が座れる位置にセットしても、3列目の膝前には余裕がある。

写真をクリックするとシートが跳ね上がったさまが見られます。

気の利いた“EASY”ぶり

狐につままれたような感じはしたが、限られた試乗時間、とりあえずインテリアの撮影を進めた。新型のコンセプトは、「BIG!EASY!FUN!ボックス」。王道ミニバンとしての広い車内&荷室空間と、多彩で簡単なシートアレンジ、豊富なアメニティがウリなのはイイけれど、“多彩なシートアレンジ”を撮影するのは手間がかるので、アセる。

勢い込んで2列目、3列目をアレンジしてみると、こちらも想像以上にラクチンだった。セカンドシートは前後スライド、シートバックに加え、左側は左右に190mmスライド可能で3列目にアクセスしやすい。操作はちょっと煩雑なトコロもあるが、使っているうちに慣れてしまうレベル。センターコンソールはフロントシートからセカンドシートまでスライドできるし、2列目右側の座面を跳ね上げると下に小物入れ、荷室床下には9インチゴルフバッグが入る収納があるなど、機能性は高い。

オプションではあるが、「わいわいパック」に含まれる前席と3列目をつなぐインターフォン、その名も「インカーホン」も設定。後ろに座る子供に「海がみえるよー!」なんて、パパ、ママが呼びかけることができる、というワケだ。興奮して叫んでしまうパパには好感を持つが、大声で話し続けるのもツラかろう。この装備で、「パパ、普通に聞こえてるよ〜」なんて、話がはずむかもしれない。

サードシートはシートバックを前に倒し、全体を左右に跳ね上げるタイプ。タイヘン重いのが普通だが、セレナは簡単でこれまたラクチンだ。操作はシート下の赤いヒモを引っ張るだけ、跳ね上げをサポートするスプリングが仕込まれており、「よっこらしょ!」と力むことなく、ベルトを天井付近のグリップに引っかけて固定する際も片手で支えることができた。開発スタッフが「女性でもアレンジできると思います」とムネを張る、その言葉どおりの“EASY”ぶり。気が利いている。



【スペック】
20RX:全長×全幅×全高=4690×1695×1840mm/ホイールベース=2860mm/車重=1610kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC 16バルブ(137ps/5200rpm、20.4kgm/4400rpm)/価格=224万7000円(テスト車=312万7950円/キセノンヘッドランプ=6万3000円/ETCビルトインユニット=2万6250円/らくらくパック+インテリジェントキー+エンジンイモビライザー+リモコンオートスライドドア=21万円/わいわいパック=3万1500円/カーウイングスナビゲーション(DVD)+ツインモニターシステム+MD・CD一体AM/FMチューナーオーディオ+バック&サイドブラインドモニター+ステアリングスイッチ=47万6700円/前席SRSカーテンエアバッグ=3万6750円/オゾンセーフフルオートデュアルエアコン+プラズマクラスターイオンエアコン=3万6750円)

王道を突き進む

手間のかかる撮影を終わらせて試乗すると、第一印象の“普通感”が強まった。新しいセレナのデザインの特徴である、フロントドアがリアへ滑らかに盛り上がる「シュプールライン」は“BIG”の象徴、さらに“EASY”にも貢献している。デザイン的にそれほど目を惹くわけでも、面白くもないけれど、前席が広く明るいだけでなく、見切りがよくて運転しやすいのだ。着座位置は先代の823mmから750mmへと低められたことも、運転感覚に寄与していると思ったが、それでもセダンやハッチバックよりは高い。にもかかわらず、ロール感や安定感は、背の高いボクシーなミニバンに乗っていることを意識させなかった。おしりの下が柔らかい感じ……といったら言い過ぎだが、乗り心地も悪くない。

一方、後席に移れば、2、3列目の着座位置を高く設定した「シアターレイアウト」のおかげで広くて明るいミニバンらしさが満喫できる。まぁ、乗り心地もリアへいくほどよくはなくなるのだけれど、それもミニバンらしい、かな。

大きなボディに加え、グラスエリアをとったせいか車重が1.6トン超とやや重く、2リッターエンジンにパワフルな印象はないけれど、そこはCVT歴(?)の長い日産。上り坂はさすがにがんばり気味になるが、平坦路ならアクセルペダルを踏み込まなくてもよく走る。動力性能うんぬんより、エンジン回転数をあげなくても走れるため、静粛性が高いことや燃費のよさがメリットだろう。

箱系ボディに必要十分なエンジン、アレンジ豊富な3列シートなどなど、王道を突き進むセレナは普通のミニバン。ではあるが、運転するとミニバンらしくないトコロが、従来のボクシーなミニバンと、ちょっと違う。ミニバンとしてのみならず、クルマとしても王道の進化を遂げたと思う。

(文=webCGオオサワ/写真=荒川正幸/2005年6月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

セレナの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • 日産セレナ ハイウェイスターG(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.10.26 試乗記 日産の人気ミニバン「セレナ」がフルモデルチェンジ。最上級グレード「ハイウェイスターG」に試乗して見えてきた、最新型の実力とは? 走りの質に燃費、各席の乗り心地など、項目ごとに詳しくリポートする。
  • 日産セレナG(FF/CVT)【試乗記】 2016.9.16 試乗記 日産のミドルクラスミニバン「セレナ」が5代目にフルモデルチェンジ。「デュアルバックドア」や「ハンズフリーオートスライドドア」、話題の運転支援システム「プロパイロット」など、新機軸が満載の新型の実力を試した。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • 日産セレナ(後編) 2016.8.24 画像・写真 新型「日産セレナ」には、標準車と「ハイウェイスター」の2つのデザインが用意されるほか、オーテックジャパンのカスタムカー「ライダー」も販売される。標準モデルの上級グレード「セレナG」と、「セレナ ライダー」の特別仕様車を写真で紹介する。
ホームへ戻る