「日産マーチ」のクーペ・カブリオレ「マイクラC+C」お披露目

2005.06.17 自動車ニュース

「日産マーチ」のクーペ・カブリオレ「マイクラC+C」お披露目

日産自動車は、英国産のコンパクトカー「マイクラ」(日本名「マーチ」)のオープン版「マイクラC+C」を、2005年6月15日に披露した。その名のとおり、昨今流行のクーペ・カブリオレで、秋には生産を開始、年末には欧州にて販売される予定という。年産2万台の見込み。

「マイクラC+C」は、2002年パリサロンに登場したコンセプトモデルの市販版(詳しくはこちら)。2+2のシートレイアウトを持つボディに、「プジョー206CC」ばりの電動格納式ハードトップを載せたクーペ・カブリオレである。

ハードトップの開発、製造は、ドイツのカルマン社が担当。ハッチバック「マイクラ」もつくられる英国サンダーランドの英国日産自動車製造会社(NMUK)工場に、同社のハードトップモジュールを組み立てる場所が新設される。

車両が動いていてもワンタッチで開閉できる「オート・オープン・ルーフ」を採用。かかる所要時間は22秒で、手動部分はない。閉めた状態でも開放感が味わえるというグラスルーフ「Cビュー」も用意される。
ラゲッジスペースは、ルーフ格納時で221リッター、最大426リッターと広いのがジマンだ。

ボディはハッチ比で110mm低く、90mm長い。エンジンは、88psの1.4リッターと、新しい1.6リッター(110ps)を揃える。

(webCG 有吉)

日産自動車「マーチ」:
http://www2.nissan.co.jp/MARCH/

「日産マーチ」のクーペ・カブリオレ「マイクラC+C」お披露目の画像



「日産マーチ」のクーペ・カブリオレ「マイクラC+C」お披露目の画像



「日産マーチ」のクーペ・カブリオレ「マイクラC+C」お披露目の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マーチの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産マーチNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2014.2.18 試乗記 「ジューク」と「フェアレディZ」に続き、NISMOの名を持つ「マーチ」が登場。モータースポーツで培われたノウハウが注がれたスーパーマーチの走りはいかに? 1.5リッター自然吸気エンジンに5MTを組み合わせた上級モデル「NISMO S」に試乗した。
  • 日産マ−チ12G(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2010.9.1 試乗記 ……150万450円
    総合評価……★★★★

    日産を代表する小さな大物「マーチ」。700kmを超える走行テストを行ったミスター・テスターは、そんなマーチに、どんな評価を下すのか?
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る