「日産マーチ」のクーペ・カブリオレ「マイクラC+C」お披露目

2005.06.17 自動車ニュース

「日産マーチ」のクーペ・カブリオレ「マイクラC+C」お披露目

日産自動車は、英国産のコンパクトカー「マイクラ」(日本名「マーチ」)のオープン版「マイクラC+C」を、2005年6月15日に披露した。その名のとおり、昨今流行のクーペ・カブリオレで、秋には生産を開始、年末には欧州にて販売される予定という。年産2万台の見込み。

「マイクラC+C」は、2002年パリサロンに登場したコンセプトモデルの市販版(詳しくはこちら)。2+2のシートレイアウトを持つボディに、「プジョー206CC」ばりの電動格納式ハードトップを載せたクーペ・カブリオレである。

ハードトップの開発、製造は、ドイツのカルマン社が担当。ハッチバック「マイクラ」もつくられる英国サンダーランドの英国日産自動車製造会社(NMUK)工場に、同社のハードトップモジュールを組み立てる場所が新設される。

車両が動いていてもワンタッチで開閉できる「オート・オープン・ルーフ」を採用。かかる所要時間は22秒で、手動部分はない。閉めた状態でも開放感が味わえるというグラスルーフ「Cビュー」も用意される。
ラゲッジスペースは、ルーフ格納時で221リッター、最大426リッターと広いのがジマンだ。

ボディはハッチ比で110mm低く、90mm長い。エンジンは、88psの1.4リッターと、新しい1.6リッター(110ps)を揃える。

(webCG 有吉)

日産自動車「マーチ」:
http://www2.nissan.co.jp/MARCH/

「日産マーチ」のクーペ・カブリオレ「マイクラC+C」お披露目の画像



「日産マーチ」のクーペ・カブリオレ「マイクラC+C」お披露目の画像



「日産マーチ」のクーペ・カブリオレ「マイクラC+C」お披露目の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.9.15 試乗記 オーテックジャパンの創立30周年を記念した、30台の限定モデル「マーチ ボレロA30」に試乗。オーテックの匠(たくみ)が手がけた“手作りの自動車”の出来栄えやいかに? 専用チューニングの足まわりとエンジンが織り成す走りをリポートする。
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.11.15 試乗記 オーテックジャパンが、自社の創立30周年を記念してリリースした、30台限定のスペシャルモデル「日産マーチ ボレロA30」。オーテックが、持てるリソースのすべてを注いで作り上げた“特別なマーチ”の走りをリポートする。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 日産マーチNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2014.2.18 試乗記 「ジューク」と「フェアレディZ」に続き、NISMOの名を持つ「マーチ」が登場。モータースポーツで培われたノウハウが注がれたスーパーマーチの走りはいかに? 1.5リッター自然吸気エンジンに5MTを組み合わせた上級モデル「NISMO S」に試乗した。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
ホームへ戻る