プジョーがルマン復帰、ディーゼルで勝利を目指す!

2005.06.16 自動車ニュース

プジョーがルマン復帰、ディーゼルで勝利を目指す!

1990年代初頭にルマンを席巻したプジョーが耐久レースにカムバック! 2007年のルマン24時間には、ディーゼルパワーのプジョーが出場するという。2005年6月14日に仏プジョーが発表した。

2005年をもって世界ラリー選手権(WRC)のワークス活動に終止符を打つプジョー。次なる目標をディーゼルマシンによるルマン制覇に設定し動き出す。

排気微粒子除去装置(DPF)を備えたHDiディーゼルユニット搭載マシンは、2006年前半の試作や実験などを経て、同年末にはテスト走行を行う予定、2007年の実戦投入を狙う。この年のルマン24時間に加え、耐久シリーズ「ルマン・エンデュランス・シリーズ」にも参戦するという。

ディーゼル市場のヨーロッパにおいて、ディーゼル技術の向上とその技術力の高さを知らしめるために、ルマンを頂点とする耐久シリーズが選ばれた、ということだろう。
プジョーは2003年にHDiディーゼル+DPFマシンによるレース「RCカップ」をローンチしており、モータースポーツにおいてディーゼルを積極的に活用しようとしている。

プジョーは、グループC時代後期に「905」で一時代を築いた。1992年にはルマン優勝とスポーツカー世界選手権(SWC)タイトル獲得、1993年にはルマンで1-2-3フィニッシュを達成している。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。