新型「マツダ・ロードスター」予約受付スタート!220万円から

2005.06.15 自動車ニュース

新型「マツダ・ロードスター」予約受付スタート!220万円から

マツダは、オープン2シーター「ロードスター」の最新型と、記念プレミアモデルの予約受付を、2005年6月15日から同社のウェブサイトで始めた。

1989年のデビュー以降、世界中にオープン2シーターのライトウェイトスポーツカー・ブームを巻き起こした「ロードスター」。初代、2代目あわせて各国市場で70万台以上が販売された注目の最新モデルが、7年以上を経て3代目に生まれ変わり、日本では8月下旬にリリースされる。




「RX-8」のプラットフォームをベースとしたボディには、2リッター直4を搭載。トランスミッションは5MTか6MT、あるいはアクティブマチック仕様の6ATを組み合わせる。

価格(予定)は、220.0万円から260.0万円まで。公式ウェブサイトに加え、マツダ系とマツダアンフィニ系販売店でも予約できる。

記念モデル「ロードスター3rd Generation Limited」は、既報の「Mazda MX-5 3rd Generation Limited」(「MX-5」はロードスターの海外名)のこと。専用色「ベロシティレッドマイカ」でボディを彩り、クローム調&アルミ調の専用パーツで内外装をお化粧したものだ。
世界限定3500台のうち、わが国には500台が割り当てられる。6MT仕様のみで、275.0万円のプライスタグを付ける。

(webCG 有吉)

マツダ「ロードスター」:
http://www.roadster.mazda.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る