「スバルR2」に2種類の特別仕様車

2005.06.15 自動車ニュース

「スバルR2」に2種類の特別仕様車

富士重工業は、スバルの軽「R2」に、特別仕様車「ユーティリティパッケージ」と「カスタムタイプS」を設定、2005年6月14日に発売した。

「ユーティリティパッケージ」は、「i」「R」グレードをベースに、その名のとおり、ユーティリティを充実させた仕様。特別装備として、助手席マルチユーティリティシート(水平可倒機構)、撥水加工された専用シート表皮、スマートキーレスシステムらに加え、MD+CDプレーヤー&AM/FMチューナー、濃色ガラス、フォグランプなどを与えた。
価格は、102万9000円から132万7200円まで。


「R2カスタムタイプS」

一方の「カスタムタイプS」は、「R」と「S」を、専用フロントバンパー&グリル、専用色を用いたアルミホイールでお化粧。さらに本革巻きステアリングホイールや本革巻きシフトノブ、アルミパッド付きスポーツペダル、専用シート表皮でスタイリッシュにキメた。
124万9500円から153万1950円までとなる。

(webCG 有吉)

富士重工業「スバルR2」:
http://www.subaru.co.jp/r2/

関連キーワード:
R2スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)【試乗記】 2005.2.24 試乗記 スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)
    ……137万5500円/150万450円

    「スバルR1」は、現代の軽規格を大きく下回るサイズで登場した。360cc時代の軽自動車で運転を覚えたという自動車ジャーナリストの笹目二朗が、「小ささ」の意味を考える。


  • スバルR1S (FF/CVT)【試乗記】 2006.2.16 試乗記 スバルR1S (FF/CVT)
    ……153万3000円

    2+2の軽「スバルR1」にスーパーチャージャー搭載の新グレード「S」が追加された。64psのパワフルなスポーティ軽の走りとは。


  • スバルR2 S(CVT)【ブリーフテスト】 2004.2.2 試乗記 ……141.0万円
    総合評価……★★★

    (室内)寸法競争と決別し、デザイン重視でつくられた軽コミューター「スバルR2」。スーパーチャージドユニットを積む「S」グレードに乗った別冊CG編集室の道田宣和は、質感の高さに驚くものの……。


  • スバルR1S(FF/CVT)/スバルR2 Refi(FF/CVT)【試乗記】 2005.11.30 試乗記 スバルR1S(FF/CVT)/スバルR2 Refi(FF/CVT)
    ……153万3000円/112万3500円

    スバルの軽自動車「R1」「R2」がマイナーチェンジを受けた。兄弟車ではあるが、R2のフロントマスクが変わったことで、性格の違いが際立った。それだけでなく、改良の方向性には明確な差が表れている。


  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
ホームへ戻る