第216回:祝!!フランス車“復活の日”?プジョー407セダン&ワゴン試乗

2005.06.14 エッセイ

第216回:祝!!フランス車“復活の日”?プジョー407セダン&ワゴン試乗

■フランス車、キてます

「シトロエンC4」に乗ったときあたりから、薄々感じてたんだよね。フランス車の走りが復活してきてるんじゃないかしら? と。

実はシトロエンのみならず、最近はプジョーにしても、ルノーにしても、デザインは個性化が進んでてフランスらしく大変良い(難解な部分は減ってるが)。一方、走りはそのわりにピンとこなかった。

特にプジョー307。デザインにしても顔やリアのテールランプこそは最近の“プジョー猫”路線だけど、ピラーにしろ骨太だし、全体のフォルムは確実にゴルフっぽい。
なかでも足まわりよ。フランス車らしいフラット感はあるにせよ、ハッキリと締め上げられてて、まさに「フランス版ゴルフ」。
206にしても「CC」を筆頭にスポーティ系はやや硬すぎで、一番いいのは一番安くて非力な206スタイル。常々「なんで全部スタイルみたいな足にならないのかなぁ」とか思ってたわけよ。


第216回:祝!!フランス車“復活の日”?プジョー407セダン&ワゴン試乗

■復活のフランス車

そしたら407セダンに乗って驚き。昔の良さが復活してきてるのだ。
最初に感じる、路面への当たりは結構ゴツゴツしてるんだけど、主要なウネリはふところ深く吸収。サスペンションがよく動いてる。

それでいて感心するのは、ステアリングの効きがいいこと。思ったようにノーズが左右を向き、それも敏感すぎず、適度にしっかり効く。
この硬さと柔らかさのバランス! まさにフランス車、という気がしました。個人的にはもっと柔らかくてもいいですけど。

■マメになったぞフランス人!

それから実用性ね。モーターショーで最初に407を見た時に感じたのは、「これって昔のホンダ・プレリュードみたいなクルマじゃない?」という懸念。そう、デザインのためには室内スペースはもちろん、走りも犠牲にするという“デザイン至上主義”!

たしかにデザイン優先の部分もあります。ノーズなんて不自然なくらいに低いし、後部座席も座面は決して高くなく、姿勢を上向きにすることで屋根の低さを補ってる。
でもね。前後シートとも決して窮屈さではないし、ポジションも自然、トランク容量も十分。なにより走りが前述のように非常にナイスなのだ。往年のプレリュードのような、不自然なゴーカートフィーリングはない。カッコつけつつも、しっかり実用性は確保してある。さすがはフランス人!
さらにいうとナビモニターが付けられる、日本専用のインパネデザインを採用しているのにも驚かされた。いつからこんなにマメになったんだフランス人!

ちなみにエンジンは2.2リッター直4と3リッターV6があり、3リッターの方がパワフルで滑らかだが、2.2リッターの方が全体的に好印象。十分なトルクがあり、ステアリングの効きがさらによかった。

という具合にオススメなんです。プジョー407&シトロエンC4! ではアデュ〜。

(文と写真=小沢コージ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』