第214回:ステップワゴンお前もか!?新型「ホンダ・ステップワゴン」試乗

2005.06.14 エッセイ

第214回:ステップワゴンお前もか!?新型「ホンダ・ステップワゴン」試乗

■ちょっとどーなのよ?

早速、行ってきました。3代目「ホンダ・ステップワゴン」試乗会。
結構、興味あったんだよね。初代が個人的にはかなり衝撃的だったから。あんなにシャレた“道具っぽい”クルマは国産車じゃ珍しい。マジな話、フランス車っぽいなぁと思ったくらい。
記憶は薄いんだけどさ。たしか初代が出たとき、俺は唯一、カー・オブ・ザ・イヤーでコイツに10点入れたんじゃなかったかしら。ルノー・キャトルとかカングーと同様の“すがすがしい匂い”を感じたんですよ。

ところがどっこい3作目は全然違ってて、最近のホンダ路線、つまり似てはいないけどライフみたいにエアロテイストを取り入れた箱型フォルムに大変貌。
「ちょっとどーなのよ?」とばかり乗ってきました。


第214回:ステップワゴンお前もか!?新型「ホンダ・ステップワゴン」試乗の画像
オデッセイから搭載されたプログレッシブコマンダー。
オデッセイから搭載されたプログレッシブコマンダー。
セカンドシートは6:4分割の折りたたみ式「タンブルシート」が標準。オプションで、回転機構がつく。
セカンドシートは6:4分割の折りたたみ式「タンブルシート」が標準。オプションで、回転機構がつく。

■ステップワゴンじゃないみたい

結論から言いましょう。コレはコレでよく出来てます。ただ、昔のステップワゴンとはかなり違う、特にデザインに関してはね。いってみれば、市場の要求に沿いつつ、なおかつ最近のホンダの“低床の法則”にしたがったクルマでありましょうか。

ポイントはわかりやすくて、現行「オデッセイ」「フィット」あたりから光明を見出した“低床フラットフロア”が最大のキモ。つまり、今までより約6センチも床を下げることにより、カタチを低くスポーティにし、重心を下げて運動性能を上げ、乗り降りをしやすくするという、“3つのブレイクスルー”を狙ってるのだ。で、実際にそうなっています。乗り降りのし易さはかなりのもんだよね。全然「どっこいしょ」って乗る感じはなくなったし、オマケにオプション設定されるフローリングの床は、部屋っぽさもさることながら使い勝手もよさそう。ただ、逆に加減速で荷物が滑っちゃうことがあるかも、ね。

なにより驚いたのは走り。足まわりは意外と硬めに締まったもので、ロールのしなさ加減といい、全体のしっかり感といい、まるでステップワゴンじゃないみたいだ。同じく低床の現行オデッセイに乗った時も驚いたけど、見た目を裏切る安定性と大人っぽいステアリングフィールを持つ。ま、オデッセイほどの高級感はないけどね。エンジンは2リッター直4と2.4リッター直4の2種類があるんだけど、2リッターでも十分トルクが出てて扱いやすい。ただ、トランスミッションが2.4リッターの場合、スポーティなマニュアルモードを持つ7段シフト付きCVTと組み合わせられるから、より走りを楽しみたい人にはこっちだよね。

6分割サンシェードつきサンルーフ「トップライトルーフ」(オプション)。
6分割サンシェードつきサンルーフ「トップライトルーフ」(オプション)。
3列目シートは、左右に跳ね上げるタイプ。「フローリングフロア」はオプション。
3列目シートは、左右に跳ね上げるタイプ。「フローリングフロア」はオプション。

■ナンパになった

やっぱり気になるのはデザインとボディの作りだ。インテリアは外観よりは実質重視。直線基調でスッキリ見やすいのはもちろん、ダッシュボードのフタ付き物入れはステップワゴンらしく使いやすそう。運転席の視点の高さのわりに、ダッシュボードは低くなってるようでボディの見切りと視界はバッチリ。このあたりは「実際に乗るのは奥様」という市場の要求に沿ったカタチだ。そのうえ、“実”ばかりじゃなく樹脂の材質といい、色使いといい、高級にはなったよね。ただ、フローリングの床にしろユニークだけど、初代に通じる潔さみたいのはない。プチ豪華な感じ。

問題は外観よ。やっぱり見ればみるほど、“ナンパになったステップワゴン”という気がする。決してカッコ悪いわけじゃないし、一般的には「スポーティにカッコよくなった」だ。グイっと伸びた鼻もキライじゃない。でも昔の潔さはどうにもないんだよね。
実はこの感情、現行オデッセイが出たときにも味わった感情で、「昔の方がピュアだったなぁ」なーんて思ってしまいました。「ステップワゴンよ、お前もか!」、個人的な感想ではありますが。また、運転席に座ったとき、頭上に圧迫感はないんだけどAピラーが寝て、屋根が下がったわりにシート高を下げなかったこともあって、ムダな頭上空間が減った。合理的っちゃ合理的だが、寂しいといえば寂しい。とはいえ、床を下げたのに、視界確保のために視点を下げ過ぎなかったのは英断だと思う。


第214回:ステップワゴンお前もか!?新型「ホンダ・ステップワゴン」試乗

■“ガンコ”じゃだめなの?

ってなわけでつまりね。5ナンバーサイズとか、合理的なテイストとか、そういうのを残したまま、見事に現代的になっているのだ。映画『いちご白書』(古い!)じゃないけど、社会人になって、急に大人の常識を身に付けた純朴学生とでもいいますか。初代の飾り気のなさに共感した俺としてはちょっと思うトコロもあるけど、2代目ステップワゴンで片側スライドドアに固執し、お客を逃がした面もあるんでしょう。日本ってどうにも、名作を初代に出しても2代目ぐらいまでは持ちこたえるけど、3代目には繋がらないんだよね。
市場の要求だから仕方がないんでしょう。でもやっぱり残念っちゃ残念。今のもよくできてるんだけどさ。“ガンコなステップワゴン”じゃ、やっぱ売れないんですかね。

ちなみに今度の新作はスポーティなデザインと質の高い走りを獲得したこともあって、初代&2代目オデッセイのお客さんからの買い換えも予想されるとか。
クルマビジネスって面白いよね。

(文と写真=小沢コージ/2005年6月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』