【F1 2005】第8戦カナダGP決勝結果

2005.06.13 自動車ニュース

【F1 2005】第8戦カナダGP、ライコネン3勝目で雪辱を晴らす

F1世界選手権第8戦カナダGP決勝が、2005年6月12日、カナダはモントリオールのジル・ヴィルヌーヴ・サーキット(4.361km)を70周して行われた。
前戦ヨーロッパGPの最終ラップで勝利を逃したキミ・ライコネン(マクラーレン・メルセデス)が今シーズン3勝目を手に入れ雪辱を果たした。

2位はミハエル・シューマッハー(フェラーリ)で今年8戦して2度目(!)の表彰台、3位にはルーベンス・バリケロ(フェラーリ)が入り、不振スクーデリアは今季最良の結果に終わった。

4位フェリッペ・マッサ(ザウバー・ペトロナス)は今季自身ベストリザルト、5位にマーク・ウェバー(ウィリアムズBMW)、6位ラルフ・シューマッハー(トヨタ)ときて、7位デイヴィッド・クルタード、8位クリスチャン・クリエンとレッドブル・レーシングが2度目のダブル入賞を果たした。

自身2回目のポールポジションからスタートしたジェンソン・バトン(BARホンダ)は、タイトな最終コーナーの餌食となりリタイア。チームメイトの佐藤琢磨も、ギアボックス交換〜再出走を経て戦列を去った。

■トップ相次いで脱落

気温32度、蒸し暑いレースは荒れ模様。スタートでトップを奪ったルノー勢が先行するも、開幕戦ウィナー、カナダを得意とするジャンカルロ・フィジケラには油圧系トラブルが襲い、1位をチームメイトに明け渡した。
一方ポイントリーダーのフェルナンド・アロンソは、後ろから追い上げるマクラーレンのペースに心を乱されたか、ドライビングミスで壁にマシンをヒットさせ、今年初めてのリタイアをきっした。

これで今年初Vが見えてきたファン・パブロ・モントーヤのマクラーレンは、バトンのクラッシュで導入されたセーフティカー中にピット出口の赤信号を無視し失格。かわってトップに立ったライコネンに、勝利の女神が微笑んだ。

8戦を終え、チャンピオンシップをリードするアロンソと、ランキング2位のライコネンとの差は22点に縮まった。
北米2連戦の次はアメリカ。決勝は6月19日に開催される。

(webCG 有吉)


前戦ヨーロッパGPの最終ラップで勝利を逃したライコネン。今回は逆にライバルがトップからいなくなった。(写真=メルセデスベンツ)


ブレーキにキツイのがここカナダの特徴。トヨタのヤルノ・トゥルーリは、残り8周でブレーキトラブルが発生しリタイア。チームメイトのラルフ・シューマッハー(写真)が6位でポイントを獲得できた。(写真=トヨタ自動車)


復帰2戦目、ジェンソン・バトンのポールポジションでチームもわいたBAR勢にとっては不運なウィークエンド。バトンは名物最終ターンでクラッシュしリタイア、佐藤琢磨(写真)は、後続に追突され、ギアボックスが壊れ、レース中ではめずらしいギアボックス交換を経てコース復帰。最後はブレーキがおかしくなりレースを諦めた。(写真=本田技研工業)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。