【スペック】G Lパッケージ:全長×全幅×全高=4630×1695×1770mm/ホイールベース=2855mm/車重=1510kg/駆動方式=FF/2.0リッター直4DOHC16バルブ(155ps/6000rpm、19.2kgm/4500rpm)/価格=217万3500円(テスト車=244万6500円/トップライトルーフ/フローリングフロア/ディスチャージヘッドライト=27万3000円)

ホンダ・ステップワゴンG Lパッケージ/24Z(4AT/CVT)【試乗速報】

「ハレ」はいらない「ケ」のクルマ 2005.06.10 試乗記 ホンダ・ステップワゴンG Lパッケージ/24Z(4AT/CVT)…………244万6500円/329万7000円 ホンダの「ステップワゴン」がフルモデルチェンジして3代目となった。時を同じくして日産の「セレナ」も発表され、5ナンバーサイズのミニバン戦線はにわかに熱気を帯びてきている。床と天井に特徴を持つこのモデルに『NAVI』編集委員鈴木真人が乗った。

手作りの「部屋」の中でデザインを構想

初代「ステップワゴン」が世に出た1990年代は、アウトドアでの利用がミニバンの大きな目的として想定されていた。大勢の家族や仲間と出かけて楽しもう、というコンセプトが自明のものだったのだ。特別なシチュエーションのための、「ハレ」のクルマだったわけである。時は流れてミニバン市場はすっかり成熟し、フツーのクルマとして認識されるようになった。今度のステップワゴンが目指すのは、快適で質の高い「ケ」のクルマである。

試乗会場には、手作り感あふれる木製のクルマの模型が展示されていた。木の床にソファを並べ、テーブルや棚を設えて観葉植物まで置いてあり、まさにくつろぎ空間としての「部屋」にしかみえない。デザインを構想するに際して、まずこの「クルマ=部屋」を作ってその中の空間を体験し、皮膚感覚から内外装のイメージを発展させていったという。床をフローリングふうにし、大きな天窓から柔らかな光を取り入れるという発想も、この中から生まれたのである。

部屋の中では、人はリラックスして緩やかな時を過ごす。特別なことを何もしなくても、満たされた気分でいられる。だから、新しいステップワゴンは、「広さ、使いやすさ、運転のしやすさ」を追求し、「リラクゼーションスペース」であろうとする。フローリングの床の上にソファがあり、トップライトが降りそそぐ。そんな、幸福な日常のイメージを体現しようとする。わざわざどこかへ出かけるのでなくて、家族の送り迎えや買い物に行く時にも快適なくつろぎをもたらすクルマ。

床と天井が肝心

ここ最近のホンダの路線を踏襲して、ステップワゴンも「低さ」を手に入れた。全高を75ミリ落として床を60ミリ落とし、見た目にもミニバン的な腰高フォルムではないことがわかる。先代まではむしろ高さを強調して内部の広さを感じさせようとしていたところからすると、正反対だ。乗り降りするときに、その低さを実感する。にもかかわらず、室内高は従来と同じ数値を稼ぎだしているのは立派だ。ちなみに、全長も45ミリ短くなっていながら室内長もまったく同じである。

テレビCMで強調されていた「フローリング」は、想像以上に気分のいいものだった。視線を落とすと木の床があるという状況は、どうしたってリビングルームにいるような錯覚を引き起こさせる。しかも、見上げると合わせガラスによって和らげられた日差しが満ちているのだ。5万2500円の「フローリングフロア」、9万4500円の「トップライトルーフ」は、ぜひとも選びたいオプションだと思った。

フローリングとはいっても、本当の木が使われているわけではない。燃えやすさが懸念されているのかと思ったがそうではなくて、傷がついたり水がしみ込んだりすることが障害となったのだそうだ。だから、樹脂に木目をプリントしたものに硬質なコーティングを施したものが使われている。力を注いだのは床を完全なフラットにすることだったそうで、たしかに真ん中が盛り上がっていたりしたら、とてもリビングルームにいる気分にはなれない。

2リッターエンジン

【スペック】
24Z:全長×全幅×全高=4630×1695×1770mm/ホイールベース=2855mm/車重=1570kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4DOHC16バルブ(162ps/5700rpm、22.2kgm/4000rpm)/価格=255万1500円(テスト車=329万7000円 /トップライトルーフ/フローリングフロア/HDDインターナビシステム+プログレッシブコマンダー<リアカメラ付き>(8インチワイドディスプレイ、TV/AM/FMチューナー付DVD/CDプレーヤー+6スピーカー)/2列目回転機構/VSA(ABS+TCS+横滑り抑制)/両側パワースライドドア=74万5500円)

内に反して外はチョイ悪

エンジンは、2リッターと2.4リッターが用意され、それぞれ4ATとCVTが組み合わされる。特に活発とはいえないが、決定的な不満も感じなかったので、せっかく5ナンバーサイズなのだから2リッターを選ぶのが賢明なのではないかと思った。ただ、乗車定員通りに8人乗ったときには、相当歯がゆい思いをすることにはなるだろう。

運転席では高揚感を持つことはないが、平べったいデジタルメーターが広がる上方にはパノラミクな視界があり、気分は悪くない。柔らかな乗り心地も美点のひとつだ。リビングルームがゴツゴツ揺れていたのでは興ざめだから、これは大事なところである。ただ、2リッターモデルに比べると2.4リッターは明らかに硬く、不快な突き上げを感じたのは気になった。タイヤのプロファイルに65と60という差があったので、それが原因なのかもしれない。

もうひとつ、「箱のイメージを消したかった」というエクステリアだが、サイドに斜めに入れられたキャラクターラインは少々唐突に見えた。フロントマスクは、ホンダの最近の傾向に従ってチョイ悪で怖そうな顔になっている。内部の幸福感とはちょっと齟齬をきたしているようにも思えた。しかし、注文を付けるとしても、その程度。「ケ」のクルマに賢しら顔であれこれ小理屈をこねることこそ、野暮というものである。

(文=NAVI鈴木真人/写真=高橋信宏/2005年6月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ステップワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
ホームへ戻る