ラリージャパン、今年も9月に北海道で開催!

2005.06.10 自動車ニュース

ラリージャパン、今年も9月に北海道で開催!

2004年、WRCの国内初開催となった「ラリージャパン」が、今年も9月30日にシリーズ第13戦として北海道十勝に上陸する。2005年6月9日、イベントの概要を説明する記者発表会が、ラリー・ジャパン2005運営委員会の主催で行われた。


「去年頂いた賞に恥じないラリーにしたい」と実行委員会の大西康文委員長。

■よりエキサイティングに

昨年初開催となった「ラリージャパン」は、のべ21万人もの観客が日本全国あるいは世界各地から足を運んだという。観客のマナーもよく、イベントは大成功に終わった。なにより、今年も関係団体はもちろん、市町村らの協力を得て、“第2回”の開催が決定したということが成功の証だろう。

2005年は、4大ワークス(プジョー、シトロエン、フォード、スバル)に加えて三菱とシュコダが名乗りをあげ、6ワークスの参戦が決定。より市販車に近い車両で競うPC(プロダクションカー)WRC第7戦も併催され、総勢約90台のエントリーが見込まれる。


「ラリージャパン2004」の覇者、ペター・ソルベルグからのメッセージも寄せられた。

コースにも見所が加わる。昨年好評であった、北海道らしい牧場を駆け抜けるステージを残し、新たに市街地の近くにもステージが設定されたのだ。ほかに、水しぶきがあがるポイントを新設するなど、よりエキサイティングなレースを楽しめるようになるという。ホスピタリティも高められ、観客席は約2倍の数が用意されるというから、昨年の教訓を生かしたよりよい運営も期待できる。

「ラリー・ジャパン」は、9月29日のセレモニアルスタートを皮切りに、9月30日から10月3日まで十勝を中心に戦われる。チケットの発売開始は7月中旬の予定だ。
詳細については公式サイトを参照のこと。

(webCG 山下)

ラリージャパン:
http://www.rallyjapan.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。