“新顔”になったアウディの旗艦「A8」、装備も充実

2005.06.09 自動車ニュース

“新顔”になったアウディの旗艦「A8」、装備も充実

アウディジャパンは、フラッグシップの4.2リッターV8モデル「A8 4.2クワトロ」「A8 L 4.2クワトロ」をマイナーチェンジ。6リッターW12気筒モデルとおなじ「シングルフレームグリル」のフロントマスクを与えたほか、装備を充実させ、2005年6月7日に発売した。

旗艦「A8」のV8モデルに、シリーズの頂点に立つ6リッターW12気筒モデル「A8 6.0クワトロ」とおなじフロントマスク「シングルフレームグリル」が与えられた。大きく開いたフロントグリルが特徴のそれは、「A3スポーツバック」やニュー「A4」シリーズから採用された、アウディの新しいデザインアイコンである。

新しい4.2クワトロは、ステアリングホイールの動きに合わせてヘッドライトが左右に作動する「アダプティブヘッドライト」や、従来オプションの「インテリアパッケージ」を標準搭載し、装備面の充実化も図った。

(webCGオオサワ)

アウディジャパン:
http://www.audi.co.jp/

“新顔”になったアウディの旗艦「A8」、装備も充実の画像

関連キーワード:
A8アウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る