「マツダベリーサ」、レザー内装や新色を追加

2005.06.08 自動車ニュース

「マツダベリーサ」、レザー内装や新色を追加

マツダは、高い質感をウリにするコンパクトカー「ベリーサ」を一部改良。グレード体系を変更してレザー内装や、新しいボディカラーを追加したほか環境性能を高め、2005年6月7日に発売した。


【写真上】Cグレード
【写真下】Lグレードのレザー内装

新しいベリーサは、ゴージャスな「L」と、装備を充実させた「C」の2グレード構成となった。パワートレインは1.5リッター直4+4段ATのみ、駆動方式はFFに加え、後輪をモーターで駆動するe-4WDが設定される。
Lグレードは、従来メーカーオプションだった「レザーパッケージ」を標準装備する豪華版で、ハーフレザーシートやウッド調&レザーステアリングホイールなどを備える。価格は、FFが159万6000円、e-4WDが179万250円。
Cグレードは、運転席大型アームレストを標準装備して、従来の標準グレード同じ価格に設定したお買い得バージョンだ。こちらは、FFが153万3000円、e-4WDは172万7250円。


Lグレード

内外装色が変更されたこともニュースである。ボディカラーに薄いブルー「アイシーブルーメタリック」と、濃いめの赤「ベロシティレッドマイカ」を追加。Cグレードのインテリアカラーにはベージュが追加され、オリーブとあわせて2色から選べるようになった。

ほかに、10・15モード燃費はFFが18.2km/リッター、e-4WDは17.2km/リッターに向上し、全車「平成22年度燃費基準+5%」を達成。これまでどおりの「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」とあわせ、グリーン税制の適用がうけられる。

(webCGオオサワ)

マツダ:
http://www.mazda.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ベリーサ(4AT)【試乗記】 2004.7.22 試乗記 マツダ・ベリーサ(4AT)
    ……222万750円

    「車格という従来の概念を打ち破る新しいクルマ」としてリリースされた「マツダ・ベリーサ」。上質なコンパクトを標榜するそれは、どうなのか? 自動車ジャーナリストの笹目二朗が、第一印象を報告する。


  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.11.15 試乗記 オーテックジャパンが、自社の創立30周年を記念してリリースした、30台限定のスペシャルモデル「日産マーチ ボレロA30」。オーテックが、持てるリソースのすべてを注いで作り上げた“特別なマーチ”の走りをリポートする。
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.9.15 試乗記 オーテックジャパンの創立30周年を記念した、30台の限定モデル「マーチ ボレロA30」に試乗。オーテックの匠(たくみ)が手がけた“手作りの自動車”の出来栄えやいかに? 専用チューニングの足まわりとエンジンが織り成す走りをリポートする。
ホームへ戻る