「日産ムラーノ」、9月までの限定モデル発売

2005.06.02 自動車ニュース

「日産ムラーノ」、9月までの限定モデル発売

日産自動車は、クロスオーバーSUV「ムラーノ」に、販売期間を限定したモデル「アルテ・カベルネ」を設定、2005年6月1日に発売した。

「ムラーノ・アルテ・カベルネ」は、最上級モデル「350XV FOUR」(3.5リッターV6+4WD)をベースに、北米モデル専用の「カベルネ色」(ワインレッド)の本革シートや、電動ガラスサンルーフ、ルーフレールなどを与えたもの。つまりは2005年初頭に設定された「ムラーノ・カベルネ」と同じ内容である。ボディはトワイライトグレーで塗られる。

生産計画台数は100台、2005年9月末日までの期間限定販売となるが、台数に達した時点で注文を終了するという。価格は、ベース車の44.1万円高、420.0万円。

(webCG 有吉)

日産自動車「ムラーノ」:
http://www2.nissan.co.jp/MURANO/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ムラーノの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)【試乗記】 2013.3.20 試乗記 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)
    ……319万7250円

    日産のモータースポーツ事業を担う「NISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)」が、パワーユニットから内外装に至るまで、くまなく手を加えた「ジュークNISMO」。よりヤンチャに、より痛快に仕上げられたその走りを確かめた。
ホームへ戻る