新型「日産セレナ」発表、ターゲットは“アクティブ・ファーザー”

2005.05.31 自動車ニュース

新型「日産セレナ」発表、ターゲットは“アクティブ・ファーザー”

日産自動車は、5ナンバー・3列シートのミニバン「セレナ」をフルモデルチェンジし、2005年5月31日に発表、同日発売した。


2つの顔が用意される新型「セレナ」。TOP写真は、上質で落ち着きがあるという「20G」「20S」のフェイス。下の写真は、プレゼンテーターをつとめた日産自動車の志賀 俊之COOと、個性的な「20RS」。

■BIG!EASY!FUN!

古くは1960年代末期の「サニー・キャブ/チェリー・キャブ」にまで遡ることのできる日産の中型ミニバン、「セレナ」のネーミングとしては3代目となる最新型が登場した。


両側スライドドアを踏襲。「リモコンオートスライドドア」は上級「20G」で標準、その他でオプション設定。

5ナンバーサイズのボディに3列シートといえば、前週に生まれ変わったばかりの「ホンダ・ステップワゴン」がまず頭に浮かぶが(ステップワゴンの詳報はこちら)、先代までのセレナのセリングポイント、両側スライドドアがニュー・ステップワゴンで採用された今、新しいセレナには次なるウリが望まれている。

新型の商品コンセプトは「BIG!EASY!FUN!ボックス」(ちなみにステップワゴンは「ファンダフル・ムーバー」がキャッチフレーズ)。BIGな車内・荷室空間、EASYな乗降・シート操作、FUNなシートアレンジ・アメニティを、ターゲットとする「アクティブ・ファーザーとその家族」に訴求する。


「アクティブ&ルーミー」がテーマのインテリア。パワートレインは、2リッター直4にエクストロニックCVTの組み合わせのみ。

パワートレインは、2リッター直4+無段変速機(CVT)のみとシンプルな構成。FFに加え4WDも用意する。
価格は210.0万円から266.7万円まで。月の販売目標台数を6000台に設定する。


ラゲッジスペース下には、9インチゴルフバッグをしまえる収納スペースが設けられる。

■「シュプールライン」がポイント

ワンボックス然としたカタチのエクステリアでは、フロントドア部分に段差をつけた「シュプールライン」と呼ぶサイドウィンドウの造形がポイント。都会的で個性的と謳う「20RX」「20RS」と、上質で落ち着きあるという「20G」「20S」、主にグリル部分が異なる2つの顔つきがある。

ボディサイズ(FF)は、全長×全幅×全高=4650(+60)×1695(+-0)×1840(+15)mm、ホイールベース=2860mm(+165)と拡大(カッコ内は先代比)。“BIG”な車内をつくるべく、特にホイールベースを大幅に伸ばした。


3列目シートは、後部にある赤いヒモを引っ張るとシートバックが倒れ、その後全体を跳ね上げられるワンタッチ。

その車内の広さは、室内長2825mm、同幅1470mm、高さ1355mm。地面からフロアまでの高さは452mm(2列目のステップ部分までは395mm)とした。
ちなみにステップワゴンは、ボディは4630×1695×1770mm/2855mm、車内は長さ2800mm、高さ1350mm、地面〜フロア間は390mm。ホンダのピープルムーバーの特徴である“低床・低重心”が目立つ。




ラゲッジスペース長は3列目をしまって1720mm、左右跳ね上げ式3列目を跳ね上げた場合の幅は810mm。荷室下にも440×1250×235mmの収納スペースがあり、9インチゴルフバッグが収納可能という。

開口幅775mmの両側スライドドアを開けると、跳ね上げ“EASY”な3列目、その名も「イージーアップシート」とご対面。スプリングを用いることで女性でも簡単に操作できるのがポイントで、4段階(シートバックを倒す/シートを持ち上げる/足を畳む/グリップで支える)で荷室を拡大できる。


ラゲッジスペース下には、9インチゴルフバッグをしまえる収納スペースが設けられる。

最後の“FUN”は、各種シートアレンジや収納スペース、エンターテイメントシステムなどのギミックが担う。なかでも1列目と3列目にマイクとスピーカーを設け、会話をスムーズに行えるという「インカーホン(車内会話補助装置)」はジマンの装備とか。


前後トルク配分を、路面や車速に応じて後輪へ最適なトルクを自動伝達する「オートトルクコントロール」に任せる4WDシステムを採用。
サスペンションは、前マクファーソンストラット、後トーションビーム(FF)/マルチリンク(4WD)とした。

エンジンは、「ラフェスタ」と同じ2リッター直4「MR20DE」ユニット。FFと4WDでアウトプットが微妙に異なり、パワーは2WD=137ps/5200rpm、4WD=129ps/5200rpm、トルクは20.4kgm/4400rpm、19.1kgm/4000rpmとなる。
トランスミッションはお馴染み「エクストロニックCVT」を組み合わせる。

なお、オーテックジャパンが手がける「ライダー」シリーズと、福祉車両「ライフケアビークル」も、フルモデルチェンジにあわせて一新された。

(webCG 有吉)


手前が“上質で落ち着きのある顔つき”の「20S」、奥は“都会的で個性的な顔つき”の「20RS」。幅広い層に訴求するため、2種類のデザインを用意したという。

日産自動車「セレナ」:
http://www.nissan.co.jp/SERENA/

関連キーワード:
セレナ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産セレナe-POWERハイウェイスターV(FF)【試乗記】 2018.2.28 試乗記 日産の電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した、その名も「セレナe-POWER」が新登場。クローズドコースでの試乗を通じて、先にデビューした「ノートe-POWER」との違いや、ファミリーカーに採用した意義について考えた。
  • 日産セレナNISMO(FF/CVT)【試乗記】 2018.2.23 試乗記 「日産セレナ」に、見た目と走りをスポーティーに仕立てた「セレナNISMO」が登場。日産のモータースポーツ部門の名を冠したミニバンは、ドライバーのスポーツドライビング欲求を満たすのみにあらず! 同乗する家族も幸せにする、トータル性能の高い一台に仕上がっていた。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.12.14 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、待望のハイブリッドモデルが登場。販売面でライバル車の後塵(こうじん)を拝してきた近況を打破する、起爆剤となれるのか。その出来栄えを確かめた。
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • 一時代を築いたビッグネームが帰ってくる!
    「トヨタRAV4」の“来し方行く末”
    2018.4.18 デイリーコラム 2018年のニューヨークショーで初披露された5代目「トヨタRAV4」。クロスオーバーSUVブームを起こした初代から、ついに日本未発売となった現行型までの、栄枯盛衰の歴史を探るとともに、新型の持つ魅力について考えた。
ホームへ戻る