跳ね馬のオープンモデル「F430スパイダー」と「スーパーアメリカ」お披露目

2005.05.31 自動車ニュース
 

跳ね馬のオープンモデル「F430スパイダー」と「スーパーアメリカ」お披露目

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドは、2005年5月29日、富士スピードウェイでフェラーリとマセラティのオーナー向けイベント「FERRARI&MASERATI Day CORNES Festival 2005」を開催。F1マシンデモ走行などの催しに加えて、ニューモデル「F430スパイダー」や「スーパーアメリカ」などを日本初公開するとともに、価格を発表した。


フェラーリF430スパイダー。ほかに、マセラティ90周年を記念した「スパイダー」の特別仕様車も発表された。こちらは世界限定180台、日本では8台を発売予定で、価格は1522万5000円。
 

「F430スパイダー」は、V8フェラーリの最新モデルF430のオープン。トップはフルオートで、開閉には約20秒かかる。エレクトロニック・ディファレンシャル「E-Diff」や走行モードを選択できる「マネッティーノ」など、クーペと同様に最新技術が備わる。
日本仕様は、「パワーシート」「スクーデリア・エンブレム・シールド」「カラード・ブレーキキャリパー」を標準装備する。
価格は、6MTが2228万1000円、シーケンシャルトランスミッションF1仕様は2354万1000円。05年は60台の販売を予定しており、夏頃からデリバリーされる。


スーパーアメリカ
 

「スーパーアメリカ」は、2005年のロサンジェルスショーでお披露目された「575M マラネロ」をベースにしたクーペコンバーチブル。1956年の「410スーパーアメリカ」、1960年の「400スーパーアメリカ」という、歴代スペシャルティモデルの現代版である。
ニューモデルは、ルーフが裏返しになる特殊なオープンシステムが特徴で、開閉に要する時間はわずか10秒。素材は透明度を5段階で調節できるエレクトロクロミックガラスを、自動車では世界で初めて採用したという。



 

エンジンは、575Mマラネロの最高出力515psを25ps上まわる540psを発生。“世界最速のコンバーチブル・ベルリネッタ”を標榜し、最高速度は320km/hに達するという。生産台数はフェラーリのポリシーに従って、求められるより1台すくない559台。日本では20台が販売される。価格は、6MT仕様が3024万円、F1トランスミッション仕様は3139万5000円だ。

(webCGオオサワ)

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド
http://www.cornesmotor.com/

関連記事
  • フェラーリ・カリフォルニアT(FR/7AT)【試乗記】 2015.1.22 試乗記 フェラーリ久々のターボエンジン搭載車、「カリフォルニアT」に試乗。プライベートで「458イタリア」を駆る清水草一が、最新オープンモデルの仕上がりを報告する。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.9 試乗記 エンジンを自然吸気からターボに改めた新時代のV8フェラーリ、「488」シリーズに「スパイダー」モデルが加わった。空を味方につけたミドシップフェラーリの実力やいかに? 東京を抜け出し、一路箱根のワインディングロードを目指した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ・カリフォルニアT(前編) 2016.5.26 mobileCG SUPER GTやD1グランプリで活躍中のレーシングドライバー、谷口信輝が「フェラーリ・カリフォルニアT」に試乗。意外やフェラーリを操るのは今回が初めてという谷口。雨の箱根で560psの跳ね馬の手綱を引いた感想は?
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――マセラティ・レヴァンテ(後編) 2017.1.5 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceなどで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「マセラティ・レヴァンテ」がテーマ。マセラティ初のSUVはどんな人にお薦めか? 谷口視点で分析する。
ホームへ戻る