ダイハツ、「ブーン」の従兄弟をマレーシアで販売

2005.05.30 自動車ニュース

ダイハツ、「ブーン」の従兄弟をマレーシアで販売

ダイハツとマレーシアとの自動車生産・販売の現地合弁会社プロドゥアは、マレーシアでの上位車種となる「マイヴィ(Myvi)」を発売。2005年5月25日、クアラルンプール市内でナジブ副首相や、ダイハツの山田社長などが出席のもと同車の発表会を行った。

「マイヴィ」は、日本国内で販売されている小型車「ブーン」をベースに、プロドゥアとダイハツが共同で開発。マレーシア市場の要望に合わせた変更が加えられたものだ。プロドゥアの乗用車ラインナップでの最上級車として位置付けられることになる。現地でのプライスレンジは、約114〜142万円という。

(webCG 山下)

ダイハツ工業:
http://www.daihatsu.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ブーン シルク“Gパッケージ SA II”/トヨタ・パッソX“Gパッケージ”【試乗記】 2016.5.11 試乗記 「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」が3代目にモデルチェンジ。2社による共同開発をやめ、ダイハツが企画、開発、生産を担う新体制のもとに誕生した新型の実力はいかに? その出来栄えを試すとともに、これからのトヨタとダイハツのあるべき関係を考えた。
  • トヨタ・パッソ モーダ“Gパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2016.6.9 試乗記 軽よりも少し大きな小型車「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」がフルモデルチェンジ。トヨタ版の上級モデルである「パッソ モーダ」を借り出して、“生活の足”としてのクルマのあり方を考えた。
  • 新型ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソが登場 2016.4.12 自動車ニュース 「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」がフルモデルチェンジ。3代目となる新型が登場した。今回の新型では、ダイハツが開発・生産のすべてを担当。軽自動車の開発で得た技術を投入し、デザインや燃費、パッケージングといった商品力を高めているという。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
ホームへ戻る