ダイハツ、「ブーン」の従兄弟をマレーシアで販売

2005.05.30 自動車ニュース

ダイハツ、「ブーン」の従兄弟をマレーシアで販売

ダイハツとマレーシアとの自動車生産・販売の現地合弁会社プロドゥアは、マレーシアでの上位車種となる「マイヴィ(Myvi)」を発売。2005年5月25日、クアラルンプール市内でナジブ副首相や、ダイハツの山田社長などが出席のもと同車の発表会を行った。

「マイヴィ」は、日本国内で販売されている小型車「ブーン」をベースに、プロドゥアとダイハツが共同で開発。マレーシア市場の要望に合わせた変更が加えられたものだ。プロドゥアの乗用車ラインナップでの最上級車として位置付けられることになる。現地でのプライスレンジは、約114〜142万円という。

(webCG 山下)

ダイハツ工業:
http://www.daihatsu.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ブーン シルク“Gパッケージ SA II”/トヨタ・パッソX“Gパッケージ”【試乗記】 2016.5.11 試乗記 「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」が3代目にモデルチェンジ。2社による共同開発をやめ、ダイハツが企画、開発、生産を担う新体制のもとに誕生した新型の実力はいかに? その出来栄えを試すとともに、これからのトヨタとダイハツのあるべき関係を考えた。
  • ダイハツ・ブーンX“SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.5.30 試乗記 軽自動車で培われたノウハウをどのように生かしているのか? トヨタとの共同開発をやめ、ダイハツ一社が企画から生産までを担って誕生した3代目「ダイハツ・ブーン」。ベーシックな「X“SA II”」グレードを借り出し、その実力を確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
  • フィアット500スーパーポップ コッチネッラ 2017.5.24 画像・写真 FCAジャパンは2017年5月24日、「フィアット500」の限定車「Super Pop Coccinella(スーパーポップ コッチネッラ)」を発表した。200台の限定で、同年6月3日に発売される。車両価格は185万2200円。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
ホームへ戻る