スズキ、インドで「スイフト」の生産・販売を開始

2005.05.27 自動車ニュース

スズキ、インドで「スイフト」の生産・販売を開始

スズキは、世界戦略車「スイフト」のインドでの生産を開始したと、2005年5月26日に発表した。

日本、ハンガリー、中国、インドの4カ国で生産されるグローバルカー「スズキ・スイフト」。インドでの生産、販売は、マルチ・ウドヨグ社が受けもつ。同社は2004年度には約54万台(輸出含む)を生産・販売、今年4月には生産累計500万台を突破した。

インドでは1リッター前後の小型車が需要の大半を占めるというが、スズキはやや大きめな1.3リッター・スイフトで新ジャンルを開拓したいという。

(webCG 有吉)

スズキ:
http://www.suzuki.co.jp/

スズキ、インドで「スイフト」の生産・販売を開始の画像

関連キーワード:
スイフトスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • スズキが新型「スイフトスポーツ」を発表 2017.9.13 自動車ニュース スズキが4代目「スイフトスポーツ」を発表。“Ultimate Driving Excitement”をテーマに開発された新型は、軽量・高剛性プラットフォームの採用により70kgの軽量化を果たすとともに、パワフルな1.4リッター直噴ターボを搭載。走りと燃費を同時に高めている。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.11 試乗記 マツダのコンパクトSUV「CX-3」に追加された、ガソリンエンジン搭載モデルに試乗。マツダらしい実直さや、スポーティーな走り、そして手ごろな価格設定と、さまざまな魅力を併せ持つこのクルマに欠けているものとは?
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
ホームへ戻る