BMW7シリーズ、マイナーチェンジモデルが日本上陸

2005.05.26 自動車ニュース

BMW7シリーズ、マイナーチェンジモデルが日本上陸

先に本国でマイナーチェンジを受けた、BMWのフラッグシップサルーン「7シリーズ」が日本で発表された。2005年5月28日より販売を開始する。

【関連記事】
独BMW、旗艦「7シリーズ」をマイナーチェンジ、ややアク抜け!?
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000016297.html




既報の通り、エクステリア/インテリアの大きな変更に加えて、エンジンの見直しや、足まわりの改良などがマイナーチェンジの眼目。
今回日本に導入されたのはいずれもガソリンエンジンで、V8が4リッターの「740i」、4.8リッターの「750i」と、ロングホイールベース版「750Li」。加えて6リッターV12を搭載する「760Li」の4グレードである。

日本仕様のサスペンションは標準仕様のほかに、「アダプティブドライブパッケージ」と「ダイナミックスポーツパッケージ」、2種のサスペンションパッケージが用意される。
「アダプティブ」(740iにオプション、その他標準装備)は、前後スタビライザーを電子制御して操縦安定性の向上に寄与する「ダイナミックドライブ」と、無段階でかつ連続的にダンピング特性をコントロールする「EDC-C(エレクトロニックダンパーコントロール)」を装備。「ダイナミックスポーツパッケージ」(740i、750iのみに設定)は運動性能を重視した専用のスポーツサスペンションが装着されるのに加え、インテリア/エクステリアもスポーティな仕様となる。




現行7シリーズから採用された「iDrive」は、コントローラーの形状を新しくしたことに加え、全車標準装備となったHDDナビゲーションシステムが操作可能になった。装備面ではほかに、ルームミラー内蔵式のETC車載器が、すべてのグレードに備わる。
ハンドル位置はいずれのグレードも左右両方を用意。価格は以下のとおりとなる。

●BMW 7シリーズ
740i(6AT):895.0万円
750i(6AT):1090.0万円
750Li(6AT):1180.0万円
760Li(6AT):1690.0万円

(webCG 本諏訪)

BMW7シリーズを写真で見る!


「BMWジャパン」:
http://www.bmw.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

7シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 610psの「BMW M760Li xDrive」予約受注開始 2016.10.13 自動車ニュース BMWジャパンは2016年10月13日、BMWのフラッグシップセダン「7シリーズ」に新たな最上級モデル「M760Li xDrive」を追加し、同年10月から予約を受け付けると発表した。デリバリーの開始時期は2017年になる見込み。
  • 日本で1台限りの特別な「BMW 7シリーズ」発売 2016.10.21 自動車ニュース BMWジャパンは2016年10月21日、BMWのフラッグシップモデル「7シリーズ」に特別仕様車「Rose Quartz(ローズクオーツ)」を設定し、西日本地域限定1台を販売すると発表した。価格は2019万円。
  • 独BMW、7代目となる新型「5シリーズ」を発表 2016.10.19 自動車ニュース 独BMWが、7代目となる新型「5シリーズ」の概要を発表した。ボディーはアルミや高張力鋼板の多用により約100kgの軽量化を実現。ガソリンエンジンやディーゼルエンジン、プラグインハイブリッドと、豊富にそろえられたパワーユニットも特徴となっている。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
ホームへ戻る