「スバル・レガシィ」、一部改良&世界累計300万台突破記念の特別仕様車

2005.05.25 自動車ニュース
 

「スバル・レガシィ」、一部改良&世界累計300万台突破記念の特別仕様車

富士重工業は、「スバル・レガシィ」シリーズを一部改良するとともに、世界累計生産300万台突破を記念した特別仕様車4車種を設定、2005年5月24日に発売した。

 

今回の一部改良により、「レガシィ・ツーリングワゴン」「レガシィB4」の「3.0R spec.B」にAT車、「2.0i」およびツーリングワゴン「2.0i Casual edition」にMT車が追加された。 

またB4には新色「バイオレットグレー・メタリック」が、「アウトバック」には「アーバングレー・メタリック(モノトーン)」が加わった。
そのほかにも、高機能HDD(ハードディスクドライブ)ナビゲーションシステムのメーカー装着オプション設定など、装備を充実。サスペンションも、操縦安定性と乗り心地の向上を図るため、新たに仕様変更されたという。

一方、特別仕様車「レガシィB4 2.0i B-SPORT」「レガシィB4 2.0R B-SPORT」「アウトバック2.5i S-style」は、それぞれのベースモデルに、運転席8ウェイパワーシートやMOMO製本革巻きステアリングホイール、アルミパッド付スポーツペダルなどを特別装備した内容だ。
価格は、それぞれベース車より5.0万円高となり、「B4 2.0i B-SPORT」が218.4万円、「B4 2.0R B-SPORT」は246.75万円、「アウトバック2.5i S-style」が273.0万円である。

 

さらに、レガシィツーリングワゴンに設定された特別仕様車「GT-II」は、フロントベンチレーテッドディスクブレーキを17インチから16インチにダウンサイズするなど、仕様装備の見直しを図ることで、より幅広いユーザに対応することを目指したモデルだ。
価格は、ベース車より36万7500円安い、288万7500円。

(webCG 山下)

 

スバル:
http://www.subaru.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
ホームへ戻る