「スバル・レガシィ」、一部改良&世界累計300万台突破記念の特別仕様車

2005.05.25 自動車ニュース
 

「スバル・レガシィ」、一部改良&世界累計300万台突破記念の特別仕様車

富士重工業は、「スバル・レガシィ」シリーズを一部改良するとともに、世界累計生産300万台突破を記念した特別仕様車4車種を設定、2005年5月24日に発売した。

 

今回の一部改良により、「レガシィ・ツーリングワゴン」「レガシィB4」の「3.0R spec.B」にAT車、「2.0i」およびツーリングワゴン「2.0i Casual edition」にMT車が追加された。 

またB4には新色「バイオレットグレー・メタリック」が、「アウトバック」には「アーバングレー・メタリック(モノトーン)」が加わった。
そのほかにも、高機能HDD(ハードディスクドライブ)ナビゲーションシステムのメーカー装着オプション設定など、装備を充実。サスペンションも、操縦安定性と乗り心地の向上を図るため、新たに仕様変更されたという。

一方、特別仕様車「レガシィB4 2.0i B-SPORT」「レガシィB4 2.0R B-SPORT」「アウトバック2.5i S-style」は、それぞれのベースモデルに、運転席8ウェイパワーシートやMOMO製本革巻きステアリングホイール、アルミパッド付スポーツペダルなどを特別装備した内容だ。
価格は、それぞれベース車より5.0万円高となり、「B4 2.0i B-SPORT」が218.4万円、「B4 2.0R B-SPORT」は246.75万円、「アウトバック2.5i S-style」が273.0万円である。

 

さらに、レガシィツーリングワゴンに設定された特別仕様車「GT-II」は、フロントベンチレーテッドディスクブレーキを17インチから16インチにダウンサイズするなど、仕様装備の見直しを図ることで、より幅広いユーザに対応することを目指したモデルだ。
価格は、ベース車より36万7500円安い、288万7500円。

(webCG 山下)

 

スバル:
http://www.subaru.co.jp/

関連キーワード:
レガシィB4レガシィツーリングワゴン スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • ボルボS60ポールスター/V40 D4 R-DESIGNチューンド・バイ・ポールスター【試乗記】 2018.1.13 試乗記 電動モデル専門ブランドへの転身を表明したポールスターにとって、最後の“純内燃機関コンプリートカー”となる「S60ポールスター」に試乗。ポールスター製パーツを装備した「V40 D4 R-DESIGN」のチューンドカーと併せ、その古き良き(?)走りをリポートする。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
ホームへ戻る